シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

想定外のベッドシーン…黒沢清監督を仰天させた主演男優&女優の提案(1/2)

想定外のベッドシーン…黒沢清監督を仰天させた主演男優&女優の提案
役者の熱意によって実現した想定外のベッドシーン - (C) FILM-IN-EVOLUTION - LES PRODUCTIONS BALTHAZAR - FRAKAS PRODUCTIONS - LFDLPA Japan Film Partners - ARTE France Cinema

 フランス・パリで初のオール海外ロケを行い、いつになくロマンス要素の多い新作『ダゲレオタイプの女』を撮り上げた黒沢清監督が、もともと予定になかったセックスシーンが主演男優&女優の提案によって実現したことを明かした。

 「昔から海外で映画を撮ってみたいという夢がありました。しかし、いざフランスで何か撮れと言われると、現地に住んでいるわけでもない僕が生々しい現実やそこにある社会的な問題を描くのは無理がある」。そう考えた監督が行き着いた結論は、「現代のパリを舞台にしながらも、社会性に囚われない、映画ならではの世界を描くこと」。フランス側から「それこそあなたに望んでいることだ」との返答を得て勇気づけられた監督は、久々のオリジナル脚本に基づく本作の撮影に臨んだ。

黒沢清監督
ラブシーンを撮るのは気恥ずかしいと照れる黒沢清監督

 題名にある“ダゲレオタイプ”とは、19世紀に開発された世界最古の写真撮影法のこと。パリ郊外の屋敷を舞台に、偏執的なカメラマンである父親ステファン(オリヴィエ・グルメ)によって肖像写真のモデルになることを強いられている純真な娘マリー(コンスタンス・ルソー)と、彼女に心を奪われたアシスタントの青年ジャン(タハール・ラヒム)の運命が描かれる。そこにステファンの亡き妻の幽霊の存在が絡む本作は、黒沢監督“らしい”ミステリアスな恐怖映画だ。

 その一方で、監督“らしからぬ”エッセンスにも目を奪われる。ジャンとマリーの激しくも哀しいラブストーリーについて「これまで夫婦のメロドラマは何度かやってきましたが、若い男女の燃え上がるような恋を描くのは気恥ずかしくて苦手でした。しかし犯罪絡みで恋に落ちた男女が、アウトローになって社会から転がり落ちていくというヌーヴェルバーグやアメリカン・ニューシネマの映画は大好きなんです。今回はフランス・ロケということで抑制のタガが外れたのか、それを思い切って描いてみました」と語る。

 当然ながら、フランスと日本では恋愛表現の文化、慣習がかなり異なる。男女がハグをする、キスをするといった親密な描写については、フランス人的に不自然ではないかどうか主演のラヒム、ルソーに確認しながら撮っていった。すると愛の狂おしさが頂点に達するクライマックスの撮影にあたり、監督を動揺させる事態が起こる。俳優たちが「ここまで来たらセックスシーンを撮るべきでは?」と、脚本にない濡れ場を提案してきたのだ!

 監督としては濡れ場なしでも映画は十分成立するという考えだったが、「もし要らなければ、後でカットしてもかまわない」という俳優たちの熱意を受け入れた。こうして予定外のセックスシーンの撮影を実施した監督は、「日本では脚本にない濡れ場を撮るなんて、俳優の事務所からNGが出るだろうしありえない。これもまた文化の違いですね。そうして実際に撮ってみたら、これがなかなかよかった。現代のゴシックホラーでもあるこの映画は、言わば愛と死の物語ですから、それにふさわしいショットが撮れました」と振り返る。


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2016年
  3. 10月
  4. 10日
  5. 想定外のベッドシーン…黒沢清監督を仰天させた主演男優&女優の提案