シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

ハリウッド版スーパー戦隊の大作感がハンパない!本気すぎる予告編

ハリウッド版スーパー戦隊の大作感がハンパない!本気すぎる予告編
ビジュアルからも本気度が伝わってくる!(『パワーレンジャーズ(原題) / Power Rangers』Twitterスクリーンショット)

 日本のスーパー戦隊シリーズをアメリカ向けにローカライズしたテレビシリーズの劇場版『パワー・レンジャーズ(原題) / Power Rangers』から、壮大なアクション大作になる予感が漂う、海外版予告編が公式TwitterやYouTubeで公開された。

 「恐竜戦隊ジュウレンジャー」をベースに制作されたシリーズ1作目をリブートする本作。地球の危機に立ち向かうことになる5人の若者たちを、デイカー・モントゴメリー(レッドレンジャー)、ナオミ・スコット(ピンクレンジャー)、RJ・サイラー(ブルーレンジャー)、ベッキー・G(イエローレンジャー)、ルーディ・リン(ブラックレンジャー)ら若手キャストが演じるほか、レンジャーたちに変身する力を与えるゾードン役のブライアン・クランストンや、銀河の魔女リタ・レパルサ役のエリザベス・バンクスなど、一流スターの出演も話題を呼んでいる。

 公開された予告編は、さまざまな問題を抱えながら、はみだし者として高校生活を送る主人公たちが、変身アイテムとおぼしきアイテムを手にするまでを映し出したもので、テレビと同様に学園ドラマがベースになるようだ。

 変身したレンジャーの姿こそ登場しないものの、重厚な映像のトーンや豪華なVFX、アクロバティックなアクションなど、マーベル映画と比べても遜色のない大作感がただよっており、日本でも大スクリーンで観られる日が来ることを願わずにいられない仕上がりになっている。全米公開は来年3月24日。(編集部・入倉功一)


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2016年
  3. 10月
  4. 11日
  5. ハリウッド版スーパー戦隊の大作感がハンパない!本気すぎる予告編