シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

Hey! Say! JUMP知念、ウッチャンと顔が似ていてよかった…親子と呼ばれたことも

Hey! Say! JUMP知念、ウッチャンと顔が似ていてよかった…親子と呼ばれたことも
知念侑李とは親子と呼ばれたこともある内村光良

 ウッチャンナンチャンの内村光良とHey! Say! JUMPの知念侑李が22日、都内で行われた映画『金メダル男』の初日舞台あいさつに出席した。原作・脚本・監督・主演を兼任した内村は、二人一役で若き日の主人公を演じた知念について「わたしは小さな巨人と呼んでいるんです。小さいけれど、とにかくスクリーン映えするんだなって。今後は俳優としても頑張ってもらいたい」とエールを送った。

 本作は、2011年上演の一人芝居「東京オリンピック生まれの男」をベースに映画化したコメディードラマ。幼い頃からさまざまな大会に参加しては金メダルを獲得してきた男が、元アイドルの女性との出会いを機に騒動を巻き起こす。

 主人公には内村自身の姿が投影されている。その若き日の主人公を演じた知念について内村は「当初はわたしの若い頃を演じられる役者を探しあぐねていた。特にジャニーズは頭になかった」とコメントし、「でも、(知念の名前が挙がった時に)灯台下暗しだなって。そういえば親子と言われたこともあったなと」としみじみ。

 内村に期待をかけられての出演となった知念は「最初はプレッシャーでした。重かったところがありました」と打ち明けたが、「(内村に)顔とか雰囲気が似ていてよかった」とも。「そのおかげで主演をやることができました。今日、主演としてここに立っているのが信じられない」と笑顔を見せた。

 イベント終盤には知念が「監督のおかげですぐに現場でなじむことができて、とてものびのびと撮影することができました。7年半一緒にバラエティーをやっている中で初めて内村さんの『疲れた』という言葉を聞きました。本当に尊敬しております」と内村への思いをつづった手紙も読み上げる一幕も。「内村さんの頑張りが一番金メダル」と熱く語っていた。

 舞台あいさつには内村、知念のほか、出演者の木村多江、ムロツヨシ、土屋太鳳、宮崎美子、平泉成も登壇した。(取材・文:名鹿祥史)

映画『金メダル男』は公開中


【関連情報】
関連作品

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2016年
  3. 10月
  4. 22日
  5. Hey! Say! JUMP知念、ウッチャンと顔が似ていてよかった…親子と呼ばれたことも