シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

藤原竜也&松山ケンイチ『デスノート』新作出演を断られかけた!?

藤原竜也&松山ケンイチ『デスノート』新作出演を断られかけた!?
再タッグしてほしい!藤原竜也&松山ケンイチ

 俳優の藤原竜也と松山ケンイチが24日、映画『デスノート Light up the NEW world』の公開を記念して都内で行われた、映画『DEATH NOTE デスノート 前編』『DEATH NOTE デスノート the Last name』イッキ見上映イベントに登場し、新作出演にまつわる知られざる裏話を明かした。

 本作は、漫画「デスノート」(原作・大場つぐみ、作画・小畑健)を基にした実写映画『DEATH NOTE デスノート』2部作の続編。名前を書かれたら死ぬという“デスノート”をめぐる、キラこと神夜月(藤原)と世界的名探偵・L(松山)の死闘から10年。死神界から6冊のデスノートがもたらされ再び狂い始めた世界で繰り広げられる、捜査官・三島(東出昌大)、Lの後継者・竜崎(池松壮亮)、キラの信奉者・紫苑(菅田将暉)による壮絶な戦いを描く。

 松山は「実はプロデューサーから電話で『新作やるけど出ない?』と言われたけど、映画『聖の青春』の村山聖役のために太らなければいけなかったので、『僕太っているけどいいですか?』と聞いたら、『一考する』と言って電話を切られました」とぶっちゃける。すると藤原も「僕も連絡あった」と告白すると、「松ケンと久々にお芝居ができると思って話を聞いていたら、東出くん、池松くん、菅田くんの名前があって、そんなにたくさん出られるのかなぁと思って、『考えようかな』と言った瞬間に電話を切られました」と自虐的に語り、笑いを誘った。とはいえ、最終的に本作に出演している2人。どのような形で2人の姿を見られるのか、松山は「結果は来週土曜(公開日)に確認してください」と呼びかけ、期待をあおった。

 前2部作の頃を振り返る松山は、「新人の僕が百戦錬磨の竜也さんと対峙できるのかと悩んだし、プレッシャーもありました」と切り出すと、「宝石のような、狂気じみた演技はいまでも忘れられないし、あれを超える演技を見たことがない。10年経った今でも竜也さんを超えたいと思うし、目標にしている」と熱い思いを吐露。一方の藤原は「ナチュラルで品がある俳優」と松山を称えていた。

 また、当時、新井英樹の漫画「ザ・ワールド・イズ・マイン」の実写化で共演したいと話していたそうで、松山は「とんでもない漫画ですけど、相棒が共闘して世界に立ち向かっていくようなことを今でもやりたい。(『デスノート』の時と)同じ立ち位置に立って、プレッシャーを感じながらやりたい」と藤原との本格的な再タッグを待ち望んでいる様子を見せた。(取材/錦怜那)

映画『デスノート Light up the NEW world』は10月29日より丸の内ピカデリー、新宿ピカデリーほか全国公開


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2016年
  3. 10月
  4. 24日
  5. 藤原竜也&松山ケンイチ『デスノート』新作出演を断られかけた!?