シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

東出昌大はヒロイン?冗談連発でTIFFわかす【第29回東京国際映画祭】

東出昌大はヒロイン?冗談連発でTIFFわかす
笑いをかっさらった東出昌大

 俳優の東出昌大が2日、都内で開催中の第29回東京国際映画祭でクロージング作品として上映される映画『聖の青春』舞台あいさつに登壇し、「ヒロイン・羽生善治役の東出昌大です」と自己紹介するなど冗談を飛ばして会場を沸かせた。

 天才・羽生善治(東出)と「東の羽生、西の村山」と並び称されながら、難病により29歳で亡くなった棋士・村山聖(松山ケンイチ)。本作は、自らの命を削って将棋を指し、病と闘いながら全力で駆け抜けた「怪童」の壮絶な一生を師弟愛、家族、ライバルたちとの友情を通して描く感動の実話だ。

 終始、冗談で観客を笑わせる東出だが、本作が同映画祭のクロージング作品ということについては「日本を代表する国際的な映画祭で、将棋という伝統的な日本のものを扱った作品が選ばれたことは大変光栄ですし、胸を張ってここに立っています」と真面目にコメント。オファーを受けた当初は「将棋が映画になるって大丈夫か?」と困惑したというが、スタッフ・キャストが誠心誠意を込めて作り上げた同作には、「人としての生き方や男同士の戦い、青春という世界共通のものが映っている」と語る。今では「将棋のルールをご存知ない世界の人たちが観ても、絶対に伝わるものがある」と確信していることを明かして、満足そうな表情を見せた。

 さらに、役作りにおける熱い思いも吐露。「村山さんも羽生さんも人生を将棋にかけていた。だからこそ(対局で)手を抜くことはしない。黒(負け)が付くってことは人生の否定でもあるし、死にも等しい。自分の人生がぺしゃんこになる瞬間」と考えた東出は、「村山聖の人生が苦しいのはわかっているけど、ぺしゃんこにしてやるんだという鬼のような思いで挑みました」と打ち明けた。

画像テキスト
豪華なメンバーが集結した

 この日は、主演の松山、森義隆監督のほか、リオデジャネイロオリンピックのレスリング女子の銀メダリスト・吉田沙保里選手、同大会の女子重量挙げ銅メダリスト・三宅宏実選手、カヌーの銅メダリスト・羽根田卓也選手も来場した。(取材/錦怜那)

第29回東京国際映画祭は11月3日までTOHOシネマズ 六本木ヒルズほか都内各所で開催中
映画『聖の青春』は11月19日より全国公開


【関連情報】
関連作品

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2016年
  3. 11月
  4. 2日
  5. 東出昌大はヒロイン?冗談連発でTIFFわかす