シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

佐藤健主演で「亜人」実写化!“不死身”の主人公・圭は研修医に

佐藤健主演で「亜人」実写化!“不死身”の主人公・圭は研修医に
佐藤健が“不死身”に!

 “決して死なない”新人類が存在する世界を描く人気コミック「亜人」(作・桜井画門)が佐藤健主演で実写映画化され、2017年に公開されることが明らかになった。メガホンを取るのは、『踊る大捜査線』シリーズなどの本広克行監督。佐藤演じる主人公の亜人・永井圭は原作では高校生だが、本作では佐藤の実年齢にあわせて研修医という設定になる。

 亜人とは、人間と姿かたちは同じでありながら、“殺されても死なず”、絶命と共に再生を始める特殊な能力を持つ新人類。主人公の圭は、冷徹で合理的な考え方の持ち主で、危機を前に他人を犠牲にすることもいとわない、シニカルな青年だ。その圭が亜人として、大規模な戦闘の渦に巻き込まれていく姿が描かれる。『るろうに剣心』のチームが結集して挑んだ、激しい“不死身”アクションも見どころになりそうだ。

原作の主人公・永井圭 - (C) 桜井画門/講談社

 佐藤と初タッグを組む本広監督は、「佐藤さんはずっとご一緒したいと思っていた役者の一人で、クールで達観したように見えて、実は熱いものを芯に秘めている感じが、本作の主人公にぴったりだと制作陣と満場一致で決定しました。『るろうに剣心』で魅せた身のこなしも、アクションが肝の今作で現場を引っ張ってくれる存在になるのではと期待しています」とコメントを寄せている。

 2017年東京、研修医・永井圭(ながい・けい)は、ある日、トラックと衝突し、死亡。しかし直後に肉体が回復し、生き返ってしまう。亜人であることが発覚した圭は、懸賞金目当ての人間や警察に追われ、亜人研究施設に監禁され、非人道的なモルモットにされる。そんな圭に、亜人テロリスト・佐藤が助けの手を差し伸べるが、国家転覆を図り、大量虐殺を繰り返す佐藤に加担できない圭。次第に、佐藤の怒りの矛先は圭に向かっていく。戦いたくない最弱の亜人VS最強最悪の亜人。佐藤を止めるため、圭は走り出す……。(編集部・小山美咲)


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2016年
  3. 11月
  4. 4日
  5. 佐藤健主演で「亜人」実写化!“不死身”の主人公・圭は研修医に