シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

石崎ひゅーい、蒼井優は「ちょっと怖い」互いに暴露トーク

石崎ひゅーい、蒼井優は「ちょっと怖い」互いに暴露トーク
加瀬をはさみながらも、笑顔でぶっちゃけトークをする石崎(左)と蒼井(右)

 女優の蒼井優が10日、都内で行われた映画『アズミ・ハルコは行方不明』プレミア試写会に、熱愛相手と一部で報じられたシンガー・ソングライターの石崎ひゅーいと共に登壇。石崎は、蒼井に対して「ちょっと怖い」と思っていたことなどを明かした。 

 熱愛報道を意識してか、石崎は視線を送るものの、蒼井は石崎を見ないようにしているようだったが、2人は互いの印象や撮影時の様子などを楽しげに語り合う。蒼井演じる主人公の恋人役で共演し、劇中ではベッドシーンも披露している石崎は、「(松居大悟)監督から『映画に出てくれない? 相手は蒼井優だよ』と言われたときに、頭がイカれちゃってると思いました」とオファーを受けた当時を述懐。

 また、「(台本の)読み合わせが人生で一番緊張した」と明かすと、「(相手が)蒼井優だし、ちょっと怖い。怖いというか先入観が勝手にありますから……」としどろもどろになりつつ、気合を入れて臨んだことを打ち明けた。

 ところが、「怖いなぁと思って優ちゃんを見たら、歯におにぎりの海苔が挟まっていた」そうで、「そこで緊張が解けて、そこからはあっという間に終わりました」と安堵の表情を見せて笑いを誘う石崎。その話しを笑いながら聞いていた蒼井は、「そんなことぶっこまれるなんて思ってみなかった」と嘆きながらも、「1回目の本読みでは、ほぼ(石崎の)声が聞き取れなかったので、石崎さんが来るぞ! こっちもスタミナが必要! と思っておにぎりを食べちゃいました」と説明した。

 さらに蒼井は一番驚いたこととして、「あああああ」というセリフにまるわるエピソードも紹介。本来これは「あーーー」と伸ばす絶叫で、役者であればすぐにわかることなのだが、役者業が初めての石崎はそれを知らず、「あ、あ、あ」と一文字ずつ区切って読んだという。その現場を見た蒼井は、「壊れたのかなぁと思って目が点になった」とぶっちゃけ、会場を沸かせた。この日は、高畑充希、太賀、葉山奨之、加瀬亮、松居監督も来場した。

 本作は、山内マリコの小説を映画化した異色ガールズムービー。突如、街中に拡散される女の顔のグラフィティ・アート。無差別に男たちをボコる女子高生集団。2つのいたずらが交差するきっかけとなるOL安曇春子の失踪。それぞれの行く末を笑いと毒、スリルと愛を織り交ぜて描く青春物語となっている。(取材/錦怜那)

映画『アズミ・ハルコは行方不明』は12月3日より全国公開


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2016年
  3. 11月
  4. 10日
  5. 石崎ひゅーい、蒼井優は「ちょっと怖い」互いに暴露トーク