シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

小栗旬、まさかの公開処刑にショック!野村周平の人気に…

小栗旬、まさかの公開処刑にショック!野村周平の人気に…
何はともあれ全員イケメン

 俳優の小栗旬が12日、都内で行われた映画『ミュージアム』初日舞台あいさつに登場、主演作の晴れ舞台ながら、まさかの公開処刑により傷つく一幕があった。会場には、妻夫木聡、尾野真千子、野村周平、大友啓史監督も訪れた。

 この日は、猟奇殺人鬼・カエル男が数々の“死刑”を執行するという本作内容にちなみ、小栗が選んだ客席番号の観客に“うれしい刑”を執行するサプライズを実施。しかし、ここで思わぬ事態により、小栗が公開処刑される羽目に……。

 「キャストと握手できる刑」に処された女性が壇上に上がり、誰のファンか尋ねられたところ、「小栗……あっ、野村周平さん!」と告白。その瞬間、会場は爆笑に包まれ、小栗も「なんでちょっと気を遣って俺の名前を出そうとしたの!? 逆に傷ついたよ……」と苦笑い。そんな小栗をよそに、野村は「おいで」と促すと、握手にハグまで加えてファンを喜ばせた。

わちゃわちゃ

 本作は、沢村刑事(小栗)と、カエルのマスクを被った殺人鬼・カエル男(妻夫木)のすさまじい対決を描いたスリラー・エンターテインメント。カエル男を追いかける沢村が、やがて絶望的な状況に追い込まれていくさまを、緻密なストーリー、過激な描写、裁判員制度の問題という奥深いテーマを盛り込んで描く。

 小栗は、「今までやってきた中でも、かなりチャレンジさせてもらったキャラクターなので、楽しんでいただけたなら良かったです」と安堵の表情。妻夫木は、撮影中に視界が狭いカエルのマスクを被ってセットの家の廊下を走っていたところ、カメラにぶつかってお尻を強打したにもかかわらず、スタッフに心配されなかったそうで、「この人たち、何かの刑にしてやろうかなという殺意を覚えた」と危険な感情が生まれたこと打ち明け、笑いを誘った。(取材/錦怜那)

映画『ミュージアム』は公開中


【関連情報】
関連作品

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2016年
  3. 11月
  4. 12日
  5. 小栗旬、まさかの公開処刑にショック!野村周平の人気に…