シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

斎藤工が発案!「移動映画館」南相馬で開催!900人の心と胃を満たす(1/2)

斎藤工が発案!「移動映画館」南相馬で開催!900人の心と胃を満たす
被災地に映画を届ける思いをアツく語る齊藤工

 俳優・斎藤工が発案し、映画監督などのアーティスト名「齊藤工」として活動している移動映画館プロジェクトの第4弾「cinema bird(移動映画館) in 福島2016」が19日、福島県南相馬市の県立原町高等学校で開催された。MCには宮城県仙台出身のお笑いコンビ・サンドウィッチマン、ゲストに福島県東白川郡出身のあばれる君や齊藤の友人でもある芸人・永野なども参加し、この日一日、地元住民計900人と触れ合った。

 同プロジェクトは、父親が映像制作会社に勤務していた影響で映画を観て育ち、そこから世界を学んだという齊藤が、劇場体験の少ない子どもたちや映画館のない地域の人たちに「同じ空間で感動を共有する大切さを伝えたい」と2014年に始動。cinema bird(シネマバード)の名前には、「鳥のように自由に届けたい」という願いが込められている。

cinema bird(移動映画館) in 福島2016
子どもたちの意外な回答に大笑いする齊藤工

 これまで宮城県石巻、福島県双葉郡、大分県豊後大野市といずれも東日本大震災や福島第一原発事故、熊本地震と、いまだに震災の影響が残る地域で開催。今回の南相馬では今もなお仮設住宅での生活を余儀なくされている人たちが暮らしており、上映の合間にはサンドウィッチマンや永野たちと連れ立って、会場に隣接する牛越仮設住宅を訪問する一幕もあった。

 イベントは3部構成で入れ替え制。上映作品のセレクションに齊藤が携わり、こだわりが見られる。1部の親子対象向けにネイチャー・ドキュメンタリー映画『シーズンズ 2万年の地球旅行』(2015)、2部は行定勲監督、橋本愛らオール熊本出身者が熊本で撮影した『うつくしいひと』(2016)、そして差別や偏見をテーマにし、公開当時齊藤が大絶賛していた『チョコレートドーナツ』(2012)の3本。

cinema bird(移動映画館) in 福島2016
永野、あばれる君ら齊藤工と親交の深い芸人も登場

 中でも、熊本復興支援のチャリティー上映を各地で行った『うつくしいひと』には、「今回、南相馬で上映することに熊本の皆さんも喜んでくれている。映画を通して、福島と熊本の皆さんが映画でつながれば」という齊藤の思いが込められている。上映前には出演者の高良健吾からのビデオメッセージが流され「映画を観たおばちゃんから、『美しい熊本を残してくれて本当にありがとう』と言っていただいた。映画の力に改めて気付かされました」と思いのこもったコメントが届けられた。

 上映後には齊藤自らマイクを持ち、客席に降りて感想を尋ねるシーンもあった。『シーズンズ 2万年の地球旅行』は多数の動物が登場しているにも関わらず、子どもたちに印象に残った動物を質問したところ口々に「犬」と答えて大笑い。『うつくしいひと』では「熊本に行ってみたくなりました」という声もあった。


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2016年
  3. 11月
  4. 21日
  5. 斎藤工が発案!「移動映画館」南相馬で開催!900人の心と胃を満たす