シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

『イタズラなKiss』佐藤寛太、アドリブ暴露にタジタジ

『イタズラなKiss』佐藤寛太、アドリブ暴露にタジタジ
アドリブまでかっこいいなんてズルい!

 劇団EXILEの佐藤寛太が26日、都内で行われた映画『イタズラなKiss THE MOVIE~ハイスクール編~』初日舞台あいさつに登壇し、溝口稔監督からかっこいいアドリブを暴露されてタジタジになった。この日は美沙玲奈、山口乃々華(E-Girls)、大倉士門、灯敦生、陣内孝則も来場した。

 本作は、多田かおるの大ヒットコミック「イタズラなKiss」初の劇場版3部作の第1弾。天才でイケメンの入江直樹(佐藤)と、ドジでおバカなポジティブガールの女子高生・相原琴子(美沙)が織り成す、ドタバタ胸キュンラブストーリー。

 最近の胸キュンエピソードを尋ねられた灯は、本作を観てキュンキュンしたそうで、「琴子に勉強を教えるときに、(今まで入江が)強い口調で言っていたのに、ふいに(優しく)『シャーペン貸して』……」と説明をはじめると、「あ~」「わかる~」とざわめく会場。

 灯は急に優しくなるところに「寛太の素」が出たのではないかと推測すると、溝口監督はこちらも灯が「かっこいい」とこぼす、入江が琴子の間違いを消しゴムで消してあげるシーンを挙げ、「あれは素なんだよね」と暴露。佐藤は「アドリブですね」と認めつつ、「普段(かっこいいとか)言われないから恥ずかしいですね」と照れまくった。

 そんな佐藤は自分がトキメクことはあまりないようで、「TSUTAYAで財布を落としたときに、小っちゃい女の子が拾ってくれて、『はい』と言って(渡して)くれたときに胸キュンしました」と手短に話すと、「つまんない話しかなくてすいません」と申し訳なさそうな表情を浮かべた。

 しかし、初主演作には自信満々の佐藤。「映画出演が初の人が多くて、僕も映画初主演で、経験の少ないメンバーで現場を積んでいけたのは嬉しい」と語ると、来年公開予定の『キャンパス編』『プロポーズ編』について「それぞれの役の成長や、僕ら俳優の職業としての成長過程を見ていただきながら、ストーリーとしての人間模様も濃くなっていくので、これからの展開を楽しみにしてください」と力強くアピールした。(取材/錦怜那)

映画『イタズラなKiss THE MOVIE~ハイスクール編~』は全国公開中


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2016年
  3. 11月
  4. 26日
  5. 『イタズラなKiss』佐藤寛太、アドリブ暴露にタジタジ