シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

蒼井優がぶち当たった30歳の壁…乗り越えられたのは“あきらめた”から

蒼井優がぶち当たった30歳の壁…乗り越えられたのは“あきらめた”から
アラサーの春子を演じた蒼井優 - 撮影:高野広美

 山内マリコによる小説を映画化した『アズミ・ハルコは行方不明』で初共演を果たした蒼井優と高畑充希。30代を迎えた蒼井が、20代後半に自身が直面した精神的な危機“第二思春期”の経験を語ると、高畑は先輩の言葉に熱心に聞き入った。

 本作は『アフロ田中』『男子高校生の日常』と“中二男子”的世界を描かせたらピカイチの松居大悟監督が、蒼井演じるアラサーの春子、高畑演じる二十歳の愛菜、そして街で暴れる女子高生ギャング団という三世代の女子を描くモヤモヤとした青春映画。

 蒼井は「女性の第二思春期のまっただ中」という春子の置かれた状況について、「私自身は28歳でそれを超えましたが、思い出してもしょうがない過去を振り返ったり、考えなくてもいいこれからのことを思ったりしてムダに立ち止まっていた。30歳という壁を重く感じ、後にも先にも行けない感覚がありました」と自身の経験と重ねて共感しやすかったと明かす。

 その時期を乗り切るには「己を知るということ、自分に対してあきらめることが大事だった」と振り返り、「若いときは何事もあきらめちゃいけないけど、自分ができないことを知るのは成長する過程で大切なこと。役者でもあれもこれもと挑戦することは大切ですが、一度失敗して二度目も失敗だったらもうやらなくていいと思う。人格についても、真っ白な善人になる必要はないのかなと。自分に対してあきらめつつ、そこに甘えないことが大事」と充実した30代を迎えた余裕を漂わせる。

二十歳の愛菜役を務めた高畑充希 - 撮影:高野広美

 そんな蒼井の言葉に興味深そうに耳を傾ける高畑はまだ20代半ば。NHKの連続テレビ小説「とと姉ちゃん」を終えたいまは「ちょっと慣れてきました」と前置きしつつ、自身を取り巻く環境の急激な変化を実感している。やはり朝ドラのヒロインは大きな経験だったようで、「一生懸命に頑張って撮ったから、多くの方に観ていただけたのはもちろんうれしい。一方でふだんの行動にも気をつけないといけない面が増えたのも確かです。悪いことをしたわけじゃないのに、人と目が合わないように帽子を目深にかぶって歩く自分に気づいて悲しくなるときもあります」と打ち明ける。

 ここ数年の活躍についても「がむしゃら過ぎて、自分が乾いてきた感じがして」と、一息ついたいまだから思うこともあるようだ。「普通の24歳として楽しいことをやって精神的に潤い、お芝居の現場でまた好奇心旺盛にチャレンジする。優ちゃんの言う第二思春期にいつぶち当たるかわからないけど、20代のうちはとりあえず走ってみようかな」という高畑に「第二思春期は面白いよ~」と背中を押す蒼井。いかに生きるかが表現に直結する女優という仕事を、二人が心から楽しんでいるのが伝わった。(取材・文:浅見祥子)

映画『アズミ・ハルコは行方不明』は12月3日公開


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2016年
  3. 11月
  4. 27日
  5. 蒼井優がぶち当たった30歳の壁…乗り越えられたのは“あきらめた”から