シネマトゥデイ
シネマトゥデイ

元AKB研究生・冨手麻妙はアンチAV!初ヌード披露のロマンポルノに自信と満足

元AKB研究生・冨手麻妙はアンチAV!初ヌード披露のロマンポルノに自信と満足
念願の園子温監督作で主演を務めた冨手麻妙

 日活ロマンポルノ生誕45周年を記念したリブート企画第4弾『アンチポルノ』の初日舞台あいさつが28日、新宿武蔵野館で行われ、メガホンを取った園子温監督、主演の冨手麻妙、筒井真理子が登壇した。長編映画単独初主演にして、初ヌードを披露した冨手は「女優人生のスタートラインに立てた作品。女性の裸が消費されている世の中で、わたしの裸が消費されない作品を作っていただきました」と胸を張った。

 本作は鬼才・園監督が書き下ろした完全オリジナルストーリー。女性の自由とは? 心の開放とは? というテーマを独特の視点で世に問いかける、まったく新しい形のロマンポルノ作品だ。

002
それぞれの情念が炸裂した一本! 園子温監督、冨手麻妙、筒井真理子

 園監督は「久しぶりに自分を出し切れた映画を撮ることができました」と満足そうな表情を浮かべると、いったんは断ったオファーを受けた理由を「日活ロマンポルノは学生時代から映画館で観ていたのですが、当時はポルノ映画を観る目的は充実していたのですが、いまさらノスタルジーでやる意味はないと思っていたのです。でも郷愁とは関係なく撮らせてもらえるのなら面白いかなと思った」と説明した。

 元AKB48研究生でもある冨手は「女優としての目標が園監督作品で主演を務めること。そこで園監督に勝たなければ、何かが止まってしまうと思った」と決死の覚悟で撮影に臨んだことを明かすと「撮影が終わったあと、園監督から『またやろう。この作品は愛の結晶だ』と言っていただいたんです。こういうと、ネットとかでは『園子温の女だ』とか言われますが、そんな低い次元の関係ではありません」と胸の内を明かした。

 一方、実力派女優として高い評価を受ける筒井もハードな撮影に挑んだが「台本を読んで、園監督の本気が感じられ、ラストのセリフがどうしても言いたいと思って出演しました。でも本当にわたしでも良いのかと何度も確認したんです」とこちらも、冨手同様、強い意志を持って作品に参加したことを打ち明けた。

 また、題名にちなんで“アンチ”なことを問われた冨手は「男性向けのAV(アダルトビデオ)です。性は男性だけのものじゃないので」とキッパリ。一方の筒井は「寛容さや多様性を認めない世の中。文化は宗教をも飲み込むと思っているので、いろいろなものを浴びるように観て欲しい」と強いメッセージ。そんな2人の熱い思いを受けた園監督は「タバコです。先日、禁煙外来に行ったのですが、今まで150回ぐらい禁煙すると言って破ってきたので、今回こそやめます。アンチタバコ」と言って会場を笑わせていた。(磯部正和)


【関連情報】
関連作品

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2017年
  3. 1月
  4. 28日
  5. 元AKB研究生・冨手麻妙はアンチAV!初ヌード披露のロマンポルノに自信と満足