シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
アンチポルノ
(C) 2016日活
製作年:
2016年
製作国:
日本
日本公開:
2017年1月28日
(新宿武蔵野館ほか)
上映時間:
企画製作・配給:
日活
特別協力:
スカパーJSAT
制作プロダクション:
ジャンゴフィルム
カラー

見どころ:日活ロマンポルノ45周年を記念し10分に1回の濡れ場などの条件のもとで作品を製作するプロジェクトに、『ヒミズ』『新宿スワン』などの園子温監督が挑んだ問題作。小説家兼アーティストのヒロインが極彩色の部屋で見る悪夢と、虚構と現実のはざまで暴かれる過去の秘密がエロチックに描かれる。主演は、元AKB48研究生で園監督の『映画 みんな!エスパーだよ!』のほか『人狼ゲーム クレイジーフォックス』などの冨手麻妙。当代きっての鬼才による過激な作風に期待が高まる。

あらすじ:世間からもてはやされている小説家兼アーティストの京子(冨手麻妙)は、今日も極彩色の部屋で分刻みのスケジュールをこなしていた。しかし、寝ても覚めても消えない悪夢が京子をさいなみ、彼女は自分は京子なのか、京子を演じているのかと混乱してしまう。そして、虚構と現実の間で、彼女の過去の秘密が明らかになり……。

アンチポルノ
(C) 2016日活

映画短評

  • 清水 節
    嘘で塗り固められたニッポンを射る“メタポルノ社会映画”
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     健康的な裸体を晒したまま人気作家・京子は言葉を発しまくる。時間に追いまくられ、混乱するアイデンティティ。そこは極彩色で虚実ないまぜの書き割り世界。 解体された時間軸の中、内面が暴かれていく。天井が突如切り裂かれ虚構が侵蝕される心象や、肉体に色とりどりの絵の具が浴びせられる前衛表現に目を瞠る。ネットにエロ動画が氾濫し、アイドルへのポルノ的な視線が蔓延する一方、フィジカルな恋愛が後退した国で、ロマンポルノを再生させる企画に疑義を呈した園子温の戦術は刺激的。性が消費されまくるニッポンで生きる不自由さへの問い掛けだ。脱がされていくのではなく、徐々に着せられていくメタ・ポルノ社会映画でもある。

ポスター/チラシ

  • 映画『アンチポルノ』ポスター
    ポスター
  • 映画『アンチポルノ』チラシ
    チラシ
  • 映画『アンチポルノ』チラシ
    チラシ

前売券特典

  • 映画『アンチポルノ』歴代傑作ロマンポルノロゴステッカー(2種/もらえるのは前売1枚につきどちらか1種)
    歴代傑作ロマンポルノロゴステッカー(2種/もらえるのは前売1枚につきどちらか1種)

※数量や販売期間が限定されていたり、劇場によっては取扱が無い場合があります。


スタッフ

監督・脚本:
製作: 由里敬三
エグゼクティブプロデューサー: 田中正
プロデューサー: 小室直子 / 高橋政彦
音楽プロデュース: 菊池智敦
撮影: 伊藤麻樹
照明: 藤森玄一郎
録音: 伊藤裕規
美術: 松塚隆史
音響効果: 岡瀬晶彦
編集: 伊藤潤一
装飾: 錦織洋史
衣装デザイン: 澤田石和寛
ワードローブスーパーバイザー: 谷澤美智子
衣装: 小笠原吉恵
ヘア: フジウジミ
メイク: 佐々木弥生
スクリプター: 工藤みずほ
キャスティング: 細川久美子
助監督: 綾部真弥 / 松尾大輔
制作担当: 益岡正志
アソシエイトプロデューサー: 高木希世江 / 山本章

キャスト

京子:
典子:
100(ワン・ハンドレッド):
ワタナベ編集長:
鈴木蘭子:
アレックス子:
スージーZ:
鈴木妙子:
鈴木剛:
ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『アンチポルノ』の映画ニュース

  • 韓国中部の都市・全州で5月6日まで開催された第18回全州国際映画祭で、4月30日、日活によるロマンポルノリブートプロジェクト作品『牝猫たち』『アンチポルノ』のQ&A付き上...。 ![](01.jpg "Q&Aでの井端珠里") 一方『アンチポルノ』に出演した冨手は「偉そうな映画プロデュ...
  • アニメ映画版のヒットも話題を呼んだボーイズラブ漫画「同級生」の作者として知られる中村明日美子が、犯罪と暴力の中で巻き起こる男たちの愛憎を描いた衝撃作「ダブルミン...時代の光夫と光央をそれぞれ演じる。ほか『アンチポルノ』主演で話題の冨手麻妙、高橋和也、小木茂...
  • 30年以上のキャリアを持ち、出演作は枚挙にいとまがない女優・筒井真理子。昨年公開され、第69回カンヌ国際映画祭「ある視点」部門で審査員賞に輝いた『淵に立つ』では、そ...たロマンポルノリブートプロジェクト作品『アンチポルノ』(園子温監督)で鬼気迫る演技と共に、大...

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 「ANTIPORNO」 from 元・副会長のCinema Days (2017年2月26日 6時33分)
    確実に観る者を選ぶ映画ではあるが、個人的には楽しめた。現役の監督たちが新作ロマンポルノを手掛ける“日活ロマンポルノ・リブート・プロジェクト”の第四弾。監督は園子温で、まさに彼の変態ぶり(笑)が全面展開している怪作だ。  女流作家の京子は、最初に登場人... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 日活ロマンポルノ・リブート・プロジェクト5作品 from 大江戸時夫の東京温度 (2017年2月16日 23時41分)
    新宿の武蔵野館で昨年暮れから、日活の「ロマンポルノ・リブート・プロジェクト」5作 ...[外部サイトの続きを読む]
  • 『アンチポルノ』評価と感想/園子温版ニンフォマニアック? from eigamanzaiの映画レビュー (2017年2月9日 14時44分)
    完全に筒井真理子さん目当てです ☆5点 (あらすじとかはシネマトゥデイさんでどうぞ) 筒井真理子さんです。 だいぶ前からお名前は見たことあって、それこそ2時間サスペンスのチョイ役ですとか、連ドラとかでもちょくちょくお出になってて、昔の映画撮影所のスタイルでいえば大部屋俳優さん的なイメージでした。 それこそ吉田羊さんなんかよりずっと前から、脇役をずっとされてきたと思うんですけど、すごく意識したのは2013年にテレビ東京で放送された同じ園子温監督の「みんな!エスパーだよ!」からなんですが、あれで染谷将太&#82 ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
  1. 映画
  2. 2017年1月23日の週の公開作品
  3. 『アンチポルノ』