シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
ピンポン
英題:
製作年:
2002年
製作国:
日本
日本公開:
7月20日
(渋谷シネマライズ、テアトル新宿、銀座テアトルシネマ他全国)
上映時間:
配給:
アスミック・エース エンタテインメント
ビスタサイズ/ドルビーSRD

チェック:2人の幼なじみとライバル達が卓球を通して経験する、青春の栄光と挫折、孤独を描いた松本大洋の同名人気漫画を映画化。『GO』で注目された宮藤官九郎が脚本を手がけ、デジタルの第一人者、曽利文彦監督が世界最速のスポーツ=卓球の世界を臨場感豊かに表現した。主演コンビの窪塚洋介&ARATAをはじめ、香港の人気俳優、サム・リーや歌舞伎界のホープ、中村獅童、演劇界で活躍する大倉孝二がパワフルな卓球シーンを披露している。

ストーリー:片瀬高校卓球部員のペコ(窪塚洋介)とスマイル(ARATA)は幼なじみ。才能を見込まれコーチの指導を受けるようになったスマイルは頭角を現し、ヒーロー的存在だったペコを追い越していく。一度は卓球を諦めたペコだが、再起に向け猛特訓を開始する。

ピンポン

スタッフ

監督・VFX:
プロデューサー: 小川真司 / 鈴木早苗 / 井上文雄
エグゼクティブ・プロデューサー: 椎名保
脚本: 宮藤官九郎
撮影: 佐光朗
照明: 渡邉孝一
美術: 金勝浩一
編集: 上野聡一
音楽プロデューサー: 二見裕志

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『ピンポン』の映画ニュース

  • 荒川弘の大ヒットコミック「鋼の錬金術師」を山田涼介(Hey! Say! JUMP)を主演に迎えて実写化した作品の映像が初めてお披露目され、山田演じる主人公エドワード・エルリッ...アニメーターとして参加した経験も持つ、『ピンポン』などの曽利文彦監督がメガホンを取り、最...
  • 人気コミック「鋼の錬金術師」の実写化映画の撮影がクランクアップを迎えたことが発表された。また、撮影中には原作者の荒川弘が撮影現場を訪れて直筆イラストを描くなどし...! Say! JUMP の山田涼介を主演に迎え、『ピンポン』の曽利文彦監督がメガホンを取り、2017年...
  • 「Free!」「けいおん !」シリーズの京都アニメーションが手掛ける新作映画『聲の形』(9月17日全国公開)のメイン声優が決定した。主人公・石田将也の声を『千と千尋の神隠...ラフ)として活動する牛尾憲輔。2014年に「ピンポン THE ANIMATION」の音楽を手掛けている牛...

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • ピンポン from おススメ映画情報局 (2013年10月31日 17時43分)
    監督:曽利文彦 脚本:宮藤官九郎 神奈川県藤沢市を舞台とした卓球物語です。 窪塚洋介主演でその奇抜なキャラはとても合っていて 物語に非常に適しています。 主人公ペコが幼馴染のスマイルと卓球部を通して 二人が成長していくストーリーで ペコが橋からI CAN FLY!!と叫んで飛ぶシーンはとても有名です。 キャストも今、人気の実力俳優を起用していて豪華です。 見たら体育館に行って卓球がしたくなるそんな映画です。 PR:神奈川で水道工事なら見積もり無料 ...[外部サイトの続きを読む]
  • ピンポン from DVD(映画)&CDレビューブログ (2010年7月3日 18時37分)
    出演: 窪塚洋介, ARATA, サム・リー, 夏木マリ, 竹中直人 監督: 曽利文彦 『このホシのいっとうしょうんなりたいのおれは、そんだけー!』 ...[外部サイトの続きを読む]
  • 【ピンポン】反応、反射、音速、高速、もっと速くもっと速く! from 映画@見取り八段 (2009年9月10日 1時5分)
    ピンポン 監督: 曽利文彦 原作: 松本大洋 脚本: 宮藤官九郎 出演: 窪塚洋介、ARATA、中村獅童、竹中直人、夏木マリ 公開: 2002年7月 ... ...[外部サイトの続きを読む]
  • ピンポン from MOVIESHELF (2008年10月14日 3時48分)
    ピンポン DVD ピンポン オフィシャルサイト (壁紙○ スクリーンセーバー○) 鑑賞:TV放送 満足度:★★★☆☆ 出演  星野裕 / ... ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2002年7月15日の週の公開作品
  3. 『ピンポン』