シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.
タイフーン TYPHOON
(C) 2005 CJ Entertainment Inc. & Zin In Sa Film. All rights reserved.
英題:
THE TYPHOON
製作年:
2005年
製作国:
韓国
日本公開:
2006年4月8日
上映時間:
配給:
東映
カラー

チェック:『友へ チング』のクァク・キョンテク監督が、150億ウォンを超える韓国映画史上最大の製作費を投入して描く骨太な人間ドラマ。朝鮮半島でテロを企てる海賊役のチャン・ドンゴンと、その暴挙を阻止しようとする海軍将校役のイ・ジョンジェが、熱い男たちの戦いを繰り広げる。役作りのために体重を落とし、海賊になりきったチャン・ドンゴンの変貌振りと、大規模な海外ロケによる迫力ある映像は必見。

ストーリー:“北”からの脱出を直前になって失敗し、両親を殺された過去を持つ海賊のシン(チャン・ドンゴン)は、南北両国へのテロによる復讐と、生き別れた姉との再会を夢見ていた。その頃、シンの戦慄の謀略を阻止するべく、海軍の極秘捜査官カン・セジョン(イ・ジョンジェ)が派遣され、事態は思いもよらない方向へと急展する。

タイフーン TYPHOON
(C) 2005 CJ Entertainment Inc. & Zin In Sa Film. All rights reserved.

スタッフ

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『タイフーン TYPHOON』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 『タイフーン TYPHOON』 from 試写会帰りに (2007年3月14日 13時2分)
    「タイフーン TYPHOON」試写。 「PROMISE」の時も思ったのですが、チャン・ドンゴンのいつも泣いているようなうるうるした瞳がとっても気になります。 よく見ると白目まで真っ赤に充血していて、眼病なんじゃないかと心配になるほどです。 チャン・ドンゴン―Seoul.. ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「タイフーン TYPHOON」 from prisoner's BLOG (2006年4月23日 6時42分)
    チャン・ドンゴンとイ・ジョンジェの二人の男の徹底した対決の迫力に圧倒される。それも敵ながらあっぱれというか、対立しなくてはいけないが互いに相手を認めているという関係で、記憶はあいまいだが、「この世の中は腐ってるな。お前と俺、二人言葉が通じるのに殺しあわねばならんとは」などなど決め台詞をがんがん出してくるのも近頃では嬉しくなる。 韓国くらい徹底して男くさい映画を作れる国も珍しい(そういうのはあまり日本ではウケないみたいだが)。 脱北者の亡命を認めるかどうかに始まって、東南アジアに出没する海賊とロシアの核廃棄 ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「タイフーン」南北分断は韓国映画のテーマ、いつか過去になれ! from soramove (2006年4月21日 1時23分)
    「タイフーン」★★★ チャン・ドンゴン、イ・ジョンジェ主演 クァク・キョンテク監督 ドロ臭く熱い男を演じる、チャン・ドンゴンと 理性的であろうとする男を演じる、イ・ジョンジェ。 韓国で昨年クリスマス前に公開し 2週連続首位、「ハリー・ポッター」や「... ...[外部サイトの続きを読む]
  • チャン・ドンゴン主演「タイフーン」奥深き作品でした。 from bobbys☆hiro☆goo☆シネプラザ (2006年4月12日 1時39分)
    「シュリ」「JSA」「ブラザーフッド」を 凌ぐ衝撃と言われている チャン・ドンゴン主演の「タイフーン」を観てきました。 前作「プロミス」では 生身の演技?があまり観れませんでしたが 今回はチャン・ドンゴンの演技が堪能できます。 チャン・ドンゴンと張り合う イ・ジョンジェもかなりの演技派でした。 予告編を観ると パニック映画か?アクション映画か? と、いう感じでしたが いえいえ凄く奥深い映画になっています。 上記出の3本を見た方には 絶対おすすめ~ そしてbobyshiro同様に パニック映画か?アクシ ...[外部サイトの続きを読む]
  • ■タイフーン TYPHOON from ルーピーQの活動日記 (2006年4月10日 2時9分)
    民間貨物船を装い、米軍の兵器を秘密裏に運んでいたアメリカ船舶が海賊に襲われ積荷が強奪された。韓国海軍のエリート将校カン・セジョン(イ・ジョンジェ)は、事件の調査を命じられる。一方、兵器を奪った海賊のシン(チャン・ドンゴン)は、生き別れの姉ミョンジュ(.. ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2006年4月3日の週の公開作品
  3. 『タイフーン TYPHOON』