シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

ククーシュカ ラップランドの妖精

ククーシュカ ラップランドの妖精
英題:
KUKUSHKA
製作年:
2002年
製作国:
ロシア
日本公開:
2006年3月25日
(渋谷シネ・アミューズ)
上映時間:
配給:
シネカノン
カラー/ドルビーデジタル/SRD

チェック:ロシアで国民的人気を誇る、アレクサンドル・ロゴシュキン監督による痛快人間ドラマ。異なる国の男性2人を受け入れるチャーミングな女性役に、ラップランド出身のアンニ=クリスティーナ・ユーソ。フィンランド生まれのヴィル・ハーパサロとロシアの名優、ヴィクトル・ヴィチコフが共演し、敵対する兵士を好演する。一人の女と二人の男が織りなす微妙な人間関係が笑いを誘う秀作。サンタクロースで有名なラップランドの大自然の中でのスローライフも一見の価値あり。

ストーリー:舞台は1944年のラップランド。サーミ人のアンニ(アンニ=クリスティーナ・ユーソ)はロシア軍人(ヴィクトル・ヴィチコフ)の命を救う。そこにフィンランド兵士のヴェイッコ(ヴィル・ハーパサロ)も転がり込み、お互い全く言葉の通じない3人の奇妙な共同生活が始まる。

ククーシュカ ラップランドの妖精

スタッフ

プロダクション・デザイン: ヴラジミール・スヴェトザロフ
衣装デザイン: マリーナ・ニコラエヴァ

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • ククーシュカ ラップランドの妖精 from 映画レビュー等のmktの日記 (2009年9月30日 13時46分)
    「ククーシュカ ラップランドの妖精」 ロシア映画。 フィンランドが舞台なので、フィンランド映画化と思ったのですが、そうではないようです。 物語は寓話的な反戦映画でありながら、しっかりまじめに演出しているのが印象的です。 ロシア映画はいつも真面目です。真摯.. ...[外部サイトの続きを読む]
  • 『ククーシュカ ラップランドの妖精』 from 試写会帰りに (2007年5月27日 9時29分)
    「ククーシュカ ラップランドの妖精」原題『Kukushka』。 フィンランド最北の地ラップランド。ロシア人兵士とフィンランド兵士をサーミ人の女性アンニが助ける。彼女にとって二人は敵ではなくてただの男。ところがそれぞれロシア語、フィンランド語、サーミ語しか話せない為.. ...[外部サイトの続きを読む]
  • ククーシュカ from 映画通信シネマッシモ☆プロの映画ライターが贈る映画評 (2007年5月4日 13時12分)
    ククーシュカ ラップランドの妖精◆プチレビュー◆強国に支配され続けた歴史を持つフィンランドのことを知りたくなった。ロシア語のパショルティ(くそったれ)という言葉を名前と間違えてそう呼び続けるのが笑える。副題は「ラップランドの妖精」。ラップランドはサンタクロ... ...[外部サイトの続きを読む]
  • ククーシュカ ラップランドの妖精@シネ・アミューズ from ソウウツおかげでFLASHBACK現象 (2006年7月10日 3時8分)
    ラップランドの風景を、青みがかったモノトーンのような色彩で捉えて、自然の幻想と雄大さ、加えて厳しさが伝わる。その上、サーミ人のスタイルも幻想的だった。シャーマンの儀式に時間を費やす。自然に従事し、自然を崇め、戦いのむなしさや争いの醜さを説いた。 第二次世 ...[外部サイトの続きを読む]
  • ククーシュカ ラップランドの妖精 from Pocket Warmer (2006年4月26日 1時23分)
    邦題:ククーシュカ ラップランドの妖精 原題:Kukushka 監督:アレクサ ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2006年3月20日の週の公開作品
  3. 『ククーシュカ ラップランドの妖精』