シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

やわらかい生活

やわらかい生活
製作年:
2005年
製作国:
日本
日本公開:
2006年6月10日
上映時間:
配給:
松竹

チェック:『ヴァイブレータ』の監督・脚本・主演トリオ、廣木隆一&荒井晴彦&寺島しのぶが現代女性のリアルな姿を描いた人間ドラマ。第96回文學界新人賞を受賞した芥川賞作家である絲山秋子の「イッツ・オンリー・トーク」を原作に、うつ病のヒロインと4人の男たちとの風変りな関係を軽妙なタッチで描く。主演の寺島しのぶが39歳の孤独なヒロインを自然体で演じたほか、豊川悦司、松岡俊介、田口トモロヲ、妻夫木聡ら個性派俳優らの名演が光る。デパート屋上の観覧車や商店街の居酒屋など、舞台となった蒲田の町の雰囲気が味わい深い。

ストーリー:優子(寺島しのぶ)は、一流大卒、大手企業総合職とキャリア街道を進みながらも、両親と親友の死をきっかけにうつ病になってしまう。しかし趣味のいい痴漢に出会うったことで生活が一変し、楽しい日々を送っていた。そんなある日、福岡から従兄の祥一(豊川悦司)や、元同級生でEDの都議や鬱病のヤクザらが集まってきて……。

やわらかい生活

スタッフ

監督:
プロデューサー: 森重晃
脚本: 荒井晴彦
撮影: 鈴木一博
音楽: nido
衣装: 宮本まさ江
照明: 上妻敏厚

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『やわらかい生活』の映画ニュース

  • 若手演技派俳優の染谷将太が、現在開催中のニューヨーク・アジア映画祭で上映された映画『さよなら歌舞伎町』について語った。 本作は、新宿・歌舞伎町のラブホテルを舞台に...を過ごしていく。映画『ヴァイブレータ』『やわらかい生活』の廣木隆一監督がメガホンを取った。 出...
  • 現在開催中の第14回ニューヨーク・アジア映画祭で映画『さよなら歌舞伎町』が上映され、同作について廣木隆一監督が語った。 本作は、新宿・歌舞伎町のラブホテルを舞台に、...を過ごしていく。映画『ヴァイブレータ』『やわらかい生活』の廣木隆一監督がメガホンを取った。 脚...
  • 榮倉奈々と豊川悦司のダブル主演で、西炯子の同名人気漫画を実写化する映画『娚の一生』から、52歳独身の大学教授を演じた豊川がタバコを吸っている、大人の色気爆発のセク...川とはそれぞれ映画『余命1ヶ月の花嫁』『やわらかい生活』でタッグを組んだ廣木隆一監督がメガホン...

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 「やわらかい生活」肩の力を抜いて生きていく、実はすごく難しい from soramove (2006年7月3日 0時9分)
    「やわらかい生活」★★★☆ 寺島しのぶ 、 豊川悦司 、 松岡俊介 主演 廣木隆一 監督、2006年 両親を火事でなくし、それ以来 鬱気味の生活、大量の薬、酒、場当たりの毎日。 壊れそうな心を、やけになったように 自分から痛め付けている様子は 痛い。 自分... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「やわらかい生活」/やわらかい生活のやるせない終わり from I N T R O+blog (2006年6月19日 9時57分)
    『やわらかい生活』(2006 / 日本 / 廣木隆一) Text By 膳場 岳人  躁鬱で仕事を辞めた三十路半ばの女、橘優子(寺島しのぶ)。男にも裏切られ傷心の彼女は、心機一転、大田区蒲田に引越しをする。出会いサイトで知り合った痴漢のk(田口トモロヲ)や、優子のサイトを見て声をかけてきた鬱病のやく... ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2006年6月5日の週の公開作品
  3. 『やわらかい生活』