シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

アローン・イン・ザ・ダーク

アローン・イン・ザ・ダーク
(C) 2004 DRITTE BOLL KINO BETEILIGUNGS GmbH KG & ALL RIGHTS RESERVED.
英題:
ALONE IN THE DARK
製作年:
2005年
製作国:
カナダ/ドイツ/アメリカ
日本公開:
2006年5月20日
(新宿トーア ほか)
上映時間:
配給:
日活株式会社
カナダ/ドイツ/アメリカ

チェック:『バイオハザード』シリーズの原点と言われる同名の3Dホラーアクションゲームを、アクション・ホラーの鬼才として知られるウーヴェ・ボル監督が完全映画化。闇にうごめく悪魔たちを現代に甦らせた。主演は『マインドハンター』のクリスチャン・スレイターが務め、共演は『アメリカン・パイ』のタラ・リードと『ブレイド』のスティーヴン・ドーフ。過去の文明の謎解きの面白さと、悪魔との壮絶な闘いに引き込まれるスリル満点の力作。

ストーリー:超常現象調査員のカーンビー(クリスチャン・スレイター)は、古代アビカニ族の遺物を偶然手に入れ、それを狙う何者かに襲われる。ある日、彼と同じ孤児院で育った19人全員が失踪し、彼は恋人で人類学者のアリーン(タラ・リード)に遺物の解析を頼む。そしてアビカニ族と悪魔軍団、そして失踪事件の恐るべき関連を知るが……。

アローン・イン・ザ・ダーク
(C) 2004 DRITTE BOLL KINO BETEILIGUNGS GmbH KG & ALL RIGHTS RESERVED.

スタッフ

エグゼクティブ・プロデューサー: ウーヴェ・ボル、ウォルフガング・ヘロルド
プロダクション・デザイナー: ティンク

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『アローン・イン・ザ・ダーク』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • アローン・イン・ザ・ダーク <バイオハザード> from ネタバレ映画レビュー <映画感想文みたいなもの> (2011年10月1日 20時42分)
    ゲーム原作らしい。 前置き長いなぁ。 なんだかよくわからない。 予備知識があったら、楽しめたかな? ノリは、エイリアン。 え!いきなり? 寄生獣とか思い出すな。 暗くて明滅するなぁ。チカチカする。 設定は、面白そうだけどさ。 オチ弱い? バイオっぽかった。 アローン・イン・ザ・ダーク - goo 映画 ・アローン・イン・ザ・ダーク@ぴあ映画生活 http://www.cinematoday.jp/movie/T0004363 ...[外部サイトの続きを読む]
  • アローン・イン・ザ・ダーク from 極私的、格付け!映画ガイド (2007年8月19日 17時18分)
    ジャンルで言うと、オカルト・アクション、ホラー、冒険ミステリーという感じ。 セクシーシーンもあり、派手な銃撃戦もありと、色々と詰め込まれています。 生え際が見事なクリスチャン・スレーターと悪がきイメージのスティーヴン・ドーフが 出演しています。 まあ.... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 意外と真剣勝負な映画 「アローン・イン・ザ・ダーク」 from bobbys☆hiro☆goo☆シネプラザ (2006年5月29日 3時9分)
    これは絶対に見ておかないといけないと 個人的に決め付けていた「アローン・イン・ザ・ダーク」を観てきました。 B級映画で片付ければそれまでですが 意外と見所満載でした。(マニア向け?) アメリカでシリーズ化され ・~・合計250万枚の売上を記録した 大ヒットゲーム待望の映画化です。 最近はB級専門俳優になった? クリスチャン・スレーター扮する心霊探偵と 邪悪な古代悪魔軍団との壮絶な戦いを描いた ホラー・アクションの決定版!(と言ってもいいかも?) まずは、コジンマリした舞台設定ではなく 都会やら、巣やら ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2006年5月15日の週の公開作品
  3. 『アローン・イン・ザ・ダーク』