シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

佐賀のがばいばあちゃん

佐賀のがばいばあちゃん
製作年:
2006年
製作国:
日本
日本公開:
2006年6月3日
(銀座シネパトス)
配給:
T・ジョイ

チェック:漫才ブームの火付け役として一時代を築いたB&Bの島田洋七が、少年時代に佐賀の祖母の家へ預けられた体験を基に書き下ろした同名自伝小説を映画化した感動作。どんな極貧生活にあっても持ち前の人生哲学でポジティブに乗り越えるばあちゃんを、ベテラン女優の吉行和子が人間味たっぷりに熱演する。あふれる愛情と明るくたくましい生き様で、人生の指針を指し示すばあちゃんのパワフルな姿に元気をもらえる。

ストーリー:戦後間もない広島に住む明広は、母の元を離れ佐賀にある祖母(吉行和子)の家で暮らすことになった。現役の掃除婦として働く祖母は、古くなった家で一人暮らしをしていた。広島から到着したばかりの明広を迎えた祖母は、長旅への労いもなく離れの小屋に連れていき、明日から自分でご飯を炊くようにと火吹き竹を手渡すのだった。

佐賀のがばいばあちゃん

スタッフ

監督:
プロデューサー: 伊藤伴雄 / 竹本克明
音楽: 坂田晃一
美術: 内藤政市
撮影: 三好保彦
編集: 阿部亙英

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『佐賀のがばいばあちゃん』の映画ニュース

  • 島田洋七「パンツ脱いでたら良かったかな」発言の裏に、超マジメな思い!
    映画『島田洋七の佐賀のがばいばあちゃん』の初日舞台あいさつが25日、東京・銀座シネパトスで行われ、原作者で今回自ら監督も務めた漫才師の島田洋七が登壇した。 冒頭、「...、島田を喜ばせていた。 映画『島田洋七の佐賀のがばいばあちゃん』は九州、東京シネパトスで先行公開中、5...
  • 島田洋七初監督作『がばいばあちゃん』海外公開へ
    漫才コンビ「B&B」の島田洋七の監督デビュー映画『島田洋七の佐賀のがばいばあちゃん』の完成披露試写会が22日、都内で行われ、洋七が海外公開への意気込みを語った。 原作...る日はそう遠くないかも? 映画『島田洋七の佐賀のがばいばあちゃん』は4月11日より九州先行公開、4月25日より...
  • 島田洋七に独占インタビュー!「がばいばあちゃん」で次に狙うはハリウッド!?
    ベストセラーとなった自伝小説を、自ら映画化し監督を務めた島田洋七が、映画化までのいきさつと“がばいばあちゃん”の今後について語った。原作はシリーズ累計670万部を超す...んながばいばあちゃんの今後とは? 原作の「佐賀のがばいばあちゃん」は、多くの人々から愛され、支持され続け...

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 佐賀のがばいばあちゃん from a rebel against authority (2007年1月6日 10時3分)
    1月4日にフジテレビ新春ドラマスペシャル佐賀のがばいばあちゃんを観ました。 そういえば、「発表、第二回ゴンゾー・アワード!!」に書き忘れていましたが、 昨年はこの作品を劇場でも観ました。 と言うことで、劇場版とテレビドラマとの 比較になってしまいました。 佐 ...[外部サイトの続きを読む]
  • 佐賀のがばいばあちゃん from 映画通の部屋 (2006年7月24日 21時4分)
    「佐賀のがばいばあちゃん」 製作:2006年、日本 104分 監督:倉内均 原作 ...[外部サイトの続きを読む]
  • 佐賀のがばいばあちゃん from メディアショップ駿河屋 なぜベス! (2006年6月29日 0時5分)
    わてが丁稚の定吉だす。 期間限定公開の「佐賀のがばいばあちゃん」を観て来ました。 島田洋七を育てた古き良き日本のおばあちゃんの話。 このばあちゃんの凄さって、原作シリーズの2作目の巻末でオマケとして明かされることですが、普段からリズムに乗せた言葉を作って楽しんでいたことだろうと思います。 一種のラップやヒップホップみたいなもんでしょうか。言葉は作られたモノでも内容は生き様からにじみ出たモノ、だからこれだけ名言として心に響くのでしょう。 ネガティブなことを夜に考えると昼よりもヘコみ具合が激しいような気がしませ ...[外部サイトの続きを読む]
  • 『佐賀のがばいばあちゃん』 from アンディの日記 シネマ版 (2006年4月30日 23時43分)
    感動度[:ハート:][:ハート:][:ハート:]      (公式HP) 笑い度[:ラッキー:][:ラッキー:] 泣き度[:悲しい:][:悲しい:][:悲しい:] 満足度[:星:][:星:][:星:] 【監督】倉内均 【脚本】 山元清多/島田洋七 【原作】島田洋七 【出演】 吉行和子/浅田美代子/鈴木祐真/池田晃信/池田壮磨/岩永明広/緒形拳/三宅裕司/島田紳助/島田洋八/保積ぺぺ/吉守京太/石川あずみ/山本太郎/工藤タ貴 <ストーリー> 新幹線の車中、デッキで得意先 ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2006年5月29日の週の公開作品
  3. 『佐賀のがばいばあちゃん』