シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

フランドル

フランドル
英題:
FLANDRES
製作年:
2005年
製作国:
フランス
日本公開:
2007年4月28日
(ユーロスペース)
上映時間:
配給:
アルバトロス・フィルム
カラー/スコープサイズ/ドルビーSRD

チェック:カンヌ映画祭で大絶賛され、審査員グランプリを受賞した寓話的ラブストーリー。フランドル地方の小さな村に住む少女バルブの本能的な生き様を、混沌とした現実世界と対比させながら描き出していく。監督は第2作『ユマニテ』でもカンヌ映画祭審査員グランプリを受賞した名匠ブリュノ・デュモン。彼の過去の作品と同様、キャストはすべてアマチュアで構成されている。赤裸々な人間描写と美しく牧歌的な田園風景が見どころ。

ストーリー:フランドル地方の小さな村に暮らす少女バルブ(アドレイド・ルルー)は、長年彼女に思いを寄せてきたデメステル(サミュエル・ポワダン)と体を重ねる一方、カフェで知り合ったブロンデル(アンリ・クレテル)とも関係を持つ。やがて2人の男たちが戦争に出兵すると、バルブは日に日に精神のバランスを失っていく……。

フランドル

スタッフ

監督/脚本: ブリュノ・デュモン
撮影: イヴ・カペ

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『フランドル』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • ★ 『フランドル』 from 映画の感想文日記 (2008年1月5日 19時43分)
    2006年。フランス。"FLANDRES".   ブリュノ・デュモン監督・脚本。  2006年のカンヌ映画祭審査員特別グランプリ受賞。  いったい審査員は誰かと調べたら、審査委員長がウォン・カーウァイで、他の審査員には、サミュエル・L・ジャ ...[外部サイトの続きを読む]
  • フランドル from 映画通信シネマッシモ☆プロの映画ライターが贈る映画評 (2007年8月24日 0時5分)
    暗くて貧乏くさくて悲惨な話なのに、見終わると荘厳な気持ちなってしまうから不思議。地方に生きる若い男女の愛を、戦場での悲劇と対比させながら描く。デュモン監督得意の暴力と性がテーマで、人間の罪と業を赦し、愛を与えるヒロインはマグダラのマリアと重なる。男性には.... ...[外部サイトの続きを読む]
  • フランドル from ゆるり鑑賞 (2007年6月28日 20時31分)
    テアトル梅田にて鑑賞。(2005年/フランス) 【物語】 フランス北部、フランドル地方の小さな村。 そこに暮らす少女バルブ(アドレイド・ルルー)は 幼馴染みのデメステル(サミュエル・ポワダン)と体を重ねる一方、 ...[外部サイトの続きを読む]
  • フランドル from 映画通の部屋 (2007年5月4日 22時58分)
    「フランドル」 FLANDRES/製作:2005年、フランス 91分 R-15指 ...[外部サイトの続きを読む]
  • フランドル  ■ なんともせつない from どんくらの映画わくわくどきどき (2007年5月1日 5時29分)
    フランス北部のフランドル地方。誰とでもする少女バルブ、彼女を想う幼なじみのアンドレ。女を残し、男は戦場に行く。 人気の少ない農村。惰性的に流れる時間。遠景は美しいけれど、古びた農家。不揃いのレンガ。積み重ねら ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2007年4月23日の週の公開作品
  3. 『フランドル』