シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.
キャプティビティ
(C) 2006 Captivity,LLC
英題:
CAPTIVITY
製作年:
2006年
製作国:
アメリカ/ロシア
日本公開:
2007年9月15日
(シネマメディアージュ ほか)
上映時間:
配給:
キュービカル・エンタテインメント
カラー/シネマスコープサイズ/SRD/R-15

チェック:『フォーン・ブース』などの鬼才、ラリー・コーエンの脚本を映画化した密室スリラー。監禁された女性が味わう恐怖体験や、そこから逃げようと戦う姿を追う。ヒロインを体当たりで演じるのは、人気テレビドラマ「24 TWENTY FOUR」でブレイクしたエリシャ・カスバート。監督は『ミッション』などの名匠ローランド・ジョフィ。米国とロシア初の合作としてモスクワで撮影された恐怖の館のセットや、先の見えない物語など見どころ満載。

ストーリー:トップモデルのジェニファー(エリシャ・カスバート)は、ある日、何者かに誘拐され、見知らぬ場所で目を覚ます。彼女はなんとかしてその密室から逃れようと天井の通気口から脱出を試みるが失敗し、薬物を注射され意識を失う。再び意識を取り戻した彼女は、ガラスの隙間から隣の部屋にゲリー(ダニエル・ギリーズ)という男がいることを知る。

キャプティビティ
(C) 2006 Captivity,LLC

スタッフ

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『キャプティビティ』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • キャプティビティ(R−15) from ★本当に怖いホラー映画(DVD)★ (2009年12月22日 3時54分)
    監禁、拷問、抹殺……恐怖の支配者は誰だ★あらすじ★若き美貌のトップモデル、ジェニファーは、時代のファッション・トレンドを象徴するセレブリティ。その彼女がある日突然... ...[外部サイトの続きを読む]
  • キャプティビティ:映画 from gflblog.jugem.jp | 映画・音楽・グルメ紹介ジフル (2009年4月15日 14時45分)
    今回紹介するのは、エリシャ・カスバート、ダニエル・ギリス、プルイット・テイラー・ヴィンス出演の『キャプティビティ』です。 キャプティビティ:ストーリー 数々のファッション誌の表紙を飾るトップモデルのジェニファー。 ある日、目覚めると、そこは見知らぬ部屋のベッドの上。 コンクリートの壁で覆われ、出口はおろか窓がひとつもなく、巨大なジェニファーのポスターと花が飾られていた。 その薄暗い空間は、完全な密室。 何者かによってこの部屋に閉じ込められたことを悟ったジェニファーがパニックに陥ったその時 ...[外部サイトの続きを読む]
  • キャプティビティ from 映画と読書 (2008年6月9日 19時46分)
    キャプティビティ なし エリシャ・カスバートファンなら楽しめる??? のか…。 主人公は、エリシャ・カスバート演じるトップモデルのジェニファー。 ある日、彼女が目を覚ますと、そこはコンクリートの壁に覆われた見知らぬ部屋。 ジェニファーは何者かに誘拐され、監禁されていたのだ。 彼女は密室のその部屋から脱出することができるのか??? 映画を観てると、「何、これ…」といいたくなるような作品に出会うこともしばしば。その中でもダントツワーストに躍... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 映画DVD・カ行 キャプティビティ from 映画DVD「やわらか映画」 (2007年12月18日 23時9分)
    映画DVD・カ行 キャプティビティ (2006) 今回の映画DVDは、「キャプティビティ」です。 本作「キャプティビティ」は、監禁された部屋から逃げようとする女性の恐怖体験を描いたサスペ... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 56『キャプティビティ』を鑑賞しました。 from はっしぃの映画三昧! (2007年9月23日 14時38分)
    映画を鑑賞しました。秊 56『キャプティビティ』 評価:★★★☆☆ 原題は「CAPTIVITY」です。 これは久し振りにグロイ映像だったかも。 随所に自主規制のブライトコントロールが施されており想像して気持悪くなったりしてました。 .. ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2007年9月10日の週の公開作品
  3. 『キャプティビティ』