シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.
自虐の詩
(C) 2007「自虐の詩」フィルムパートナーズ
製作年:
2007年
製作国:
日本
日本公開:
2007年10月27日
上映時間:
配給:
松竹

チェック:4コマ漫画の常識を覆(くつがえ)した業田良家の同名ベストセラー漫画を、『ケイゾク』『トリック』シリーズなどで独自の世界観を持つ堤幸彦監督が実写映画化。健気な妻と無口な夫が織りなす風変りな愛を通し、幸も不幸も乗り越えた人生の真実を描く。夫に尽くす幸薄いヒロインに中谷美紀。元ヤクザで無職な上に、ちゃぶ台返しが日課のイサオ役に阿部寛。共演にはカルーセル麻紀、遠藤憲一、西田敏行ら実力派がそろい、涙と笑いの現代版「夫婦善哉」(めおとぜんざい)を盛り上げる。

ストーリー:子どものころから不運続きの幸江(中谷美紀)は、乱暴者で酒飲み、仕事もせずギャンブルに明け暮れるダメ亭主イサオ(阿部寛)に健気に尽くしていた。見かねた隣人に別離を勧められ、パート先の店主にしつこく言い寄られようとも、イサオと一緒にいることが何よりも幸せ。そんなある日、刑務所帰りの父親が幸江の前に現れる。

自虐の詩
(C) 2007「自虐の詩」フィルムパートナーズ

スタッフ

監督:
プロデューサー: 植田博樹 / 石田雄治 / 中沢晋
原作: 業田良家
撮影: 唐沢悟
編集: 伊藤伸行

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『自虐の詩』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 自虐の詩 from 映画はレンタル前に無料動画で! (2010年10月22日 1時38分)
    映画【自虐の詩】 をネットの無料動画で視聴!映画『自虐の詩』は、4コマ漫画の常識を覆(くつがえ)した業田良家の同名ベストセラー漫画を、『ケイゾク』『トリック』シリーズなどで独自の世界観を持つ堤幸彦監督が実写映画化。健気な妻と無口な夫が織りなす風変りな愛を通し、幸 ...[外部サイトの続きを読む]
  • 自虐の詩 from ニコニコ動画の無料映画ナビ (2009年11月23日 8時27分)
    映画【自虐の詩】 の無料視聴動画や、あらすじ、キャストを紹介。 自虐の詩 の解説 映画『自虐の詩』は、4コマ漫画の常識を覆(くつがえ)した業田良家の同名ベストセラー漫画を、... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 【自虐の詩】嫌われ幸江の一生 from 映画@見取り八段 (2009年10月3日 16時3分)
    自虐の詩(じぎゃくのうた) 監督: 堤幸彦 原作:  出演: 中谷美紀、阿部寛、遠藤憲一、西田敏行 公開: 2007年10月 ちょ~簡単感想... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 映画「自虐の詩」   阿部寛、中谷美紀主演の映画 from 珍竹麟  ~映画とネットとWindows Mobileな日々~ (2009年5月11日 21時52分)
    映画公式サイト「自虐の詩」 評価:★★★ 元は4コマ漫画なんだが、どうも映画としてつくるとなると、作り手はドラマを作りたがるらしい。 そうやって、「デトロイト・メタル・シティ」のように原作の旨みを捨ててしまっているのではないかと心配になる(原作未読)。 …読んでみる必要がありそう。 悪くはないけれど、二昔前のありふれた映画のようになっている。 まあ、それがいいとも言えるが。 しかし、中谷美紀のバランス加減がいい。そして、ちゃぶ台返しにまつわる攻防戦もいい。... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「自虐の詩」 from prisoner's BLOG (2008年6月4日 11時40分)
    自虐の詩 プレミアム・エディションジェネオン エンタテインメントこのアイテムの詳細を見る 以前の映画化案では秋吉久美子主演が想定されていたそうだから、企画そのものはかなり古い。一種「知る人ぞ知る」、つまり評判は高い割りに必ずしも知名度が高くない原作を映画化したのだから、かなり困難だったと思う。 原作は四コマながら現在と過去をアトランダムに行きつ戻りつして、全体として大きな盛り上がりが出来ている、というあまり例のない大技を達成したマンガで、これを映画に移すのはムリではないかと思えたら、やはりそう。 ラストの ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2007年10月22日の週の公開作品
  3. 『自虐の詩』