シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

ぜんぶ、フィデルのせい

公式サイト:http://www.fidel.jp/
ぜんぶ、フィデルのせい
(C) 2006 Gaumont-Les Films du Worso-France 3 Cinema
英題:
LA FAUTE A FIDEL!
製作年:
2006年
製作国:
イタリア/フランス
日本公開:
2008年1月19日
(恵比寿ガーデンシネマ ほか)
上映時間:
配給:
ショウゲート
カラー/スコープサイズ/ドルビーSR

チェック:9歳の少女アンナの目線から、激動の70年代を見つめた心温まるヒューマンドラマ。共産主義に目覚めた両親のせいで、上流階級の暮らしに別れを告げなくてはならなくなった少女の心の機微がユーモラスに描かれる。監督は『戒厳令』などで知られる、名匠コンスタンタン・コスタ=ガヴラスの娘ジュリー・ガヴラス。主人公アンナを約500人の候補者から選ばれた新星ニナ・ケルヴェルが演じる、仏頂面と大きな瞳がチャーミングなヒロインに注目。

ストーリー:1970年代のパリ。弁護士の父(ステファノ・アコルシ)と雑誌記者の母(ジュリー・ドパルデュー)を持つアンナ(ニナ・ケルヴェル)は、名門のカトリックスクールに通うお嬢様。しかし、スペインで反政府活動を行っていた伯父の死をきっかけに、父と母は社会的良心に目覚め、アンナと幼い弟を残してチリへ旅立ってしまう。

ぜんぶ、フィデルのせい
(C) 2006 Gaumont-Les Films du Worso-France 3 Cinema

スタッフ

監督・脚本:

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 「映画【ぜんぶ、フィデルのせい】を観た / 起て、飢えたるものよ。いまぞ、日は近し 」 from NEW WAY.NEW LIFE (2014年3月29日 18時2分)
    La faute a Fidel - Julie Gavras - Nina Kervel, Julie Depardieu, Stefano Accorsi - Gaumont via kwout映画【ぜんぶ、フィデルのせい】をレンタルして観てたので、感想を少し ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「ぜんぶ、フィデルのせい」 from prisoner's BLOG (2009年7月3日 9時13分)
    ぜんぶ、フィデルのせい [DVD]ギャガ・コミュニケーションズこのアイテムの詳細を見る 左翼運動が担った希望と失望を、子供の目を通して描いているのが興味深い。どれだけ高邁な理想を掲げようと、子供にしわ寄せが行ったのでは何やっているかわからず、しかも子供ひとりも納得させられないとはどういうことだ、と思わせる一方で、なぜあれだけ左翼が世界で勢力を獲得したかの基本である、一人だけではなくみんなが幸福になる必要があるという理想と、合して和せずの自立心とは押さえている。 そのあたり、最近あちこちで猖獗をきわめている安 ...[外部サイトの続きを読む]
  • ぜんぶ、フィデルのせい from HANG OUT (2008年11月11日 18時47分)
    『ぜんぶ、フィデルのせい』 2006年  イタリア/フランス  99分●監督&脚本・・・ジュリー・ガヴラス ●出演・・・ニナ・ケルヴェル ジュリー・ドパルデュー ほか ●原題・・・LA FAUTE A FIDEL! ●公式サイト・・・http://www.fidel.jp/ ...[外部サイトの続きを読む]
  • ぜんぶ、フィデルのせい from 晴れたらいいね~ (2008年10月12日 23時27分)
    予想通り、この映画はいつも行くレンタルショップになかったのだ。この映画、なかなか面白かった!フィデルって、フィデル・カストロのことで、彼についてはさほど語られません。あくまで、子供目線なので、こういうのに疎くても大丈夫。彼女と一緒に、なんとな~くわかるよ.... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 【2008-66】ぜんぶ、フィデルのせい(La Faute a Fidel!) from ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!! (2008年3月22日 19時48分)
    人気ブログランキングの順位は? フランスからやってきた、仏頂面の小さなヒロイン 9歳のアンナが理不尽な大人とフィデル・カストロに宣戦布告? やっぱり大人は判ってくれない ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2008年1月14日の週の公開作品
  3. 『ぜんぶ、フィデルのせい』