シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
KIDS
(C) 2008 『KIDS』製作委員会
製作年:
2007年
製作国:
日本
日本公開:
2008年2月2日
上映時間:
配給:
東映

チェック:若者に絶大な人気を誇り、“切なさの達人”と称される乙一の短編小説「傷 -KIZ/KIDS-」を映画化した感涙ファンタジー。人の傷を自分の体に移すことができる特殊な能力を持つ少年と、孤独な青年の友情を描く。監督は、『きみにしか聞こえない』の荻島達也。ダブル主演を果たしたのは、映画やテレビ、CMなどで人気の小池徹平と玉木宏。純粋であるがゆえに、人の傷を背負ってしまう難役に挑んだ小池が、アイドルから俳優として新境地を開いている。

ストーリー:夢も希望もなく、すさんだ生活を送る青年タケオ(玉木宏)は、街にやって来たばかりの少年アサト(小池徹平)と出会う。ある日、チンピラに絡まれたアサトを救ったタケオは傷を負うが、アサトが彼の手を取ると傷がアサトに移動する。まったく共通点のない2人だったが、アサトの秘密を知ってから友情を深めて行き……。

KIDS
(C) 2008 『KIDS』製作委員会

スタッフ

監督:
原作: 乙一
脚本: 坂東賢治
音楽: 池瀬広

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『KIDS』の映画ニュース

  • 24日、NHK紅白歌合戦5年連続出場を逃した4人組エアーバンド、ゴールデンボンバーの樽美酒研二がブログを更新、「これで女々しくてバブルは終了です!」と宣言し、再出場への...。 今年の紅白には、宇多田ヒカル、KinKi Kids、PUFFYらが初出場。一方、ゴールデンボン...
  • 歌手の和田アキ子が24日、第67回NHK紅白歌合戦に落選したことを受け、「正直悔しい」とコメントを発表した。 これまで39回の出場を誇る和田は「今回、この様な形になり、と...前を向いた。 今年は宇多田ヒカル、KinKi Kids、PUFFY、THE YELLOW MONKEY、RADWIMPS ら...
  • 第67回NHK紅白歌合戦の出場歌手が24日に発表され、宇多田ヒカル、KinKi Kids、PUFFYらが初出場することが明らかになった。 初出場は紅組5組、白組5組の計10組。上記のほかに...

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • KIDS(2008)~傷の共有 from 佐藤秀の徒然幻視録 (2013年8月8日 20時24分)
    乙一原作、荻島達也監督。小池徹平、玉木宏、栗山千明、斉藤由貴、泉谷しげる。タイトルは「傷」と掛けられている。「きみにしか聞こえない」に続く乙一原作、荻島監督コンビ第2弾 ... ...[外部サイトの続きを読む]
  • KIDS from 映画はDVDレンタルする前に無料動画で! (2010年7月3日 22時21分)
    映画【KIDS】 をネットの無料動画で視聴!映画【KIDS キッズ】は、乙一の短編小説『傷 -KIZ/KIDS-』を原作とした映画。人の傷を治す力を持ち、純粋であるがゆえに傷を抱え持つアサトが友情と恋愛を通して、成長していく物語。本当の強さ、優しさとは何かを考えさせられる ...[外部サイトの続きを読む]
  • 【2008-26】KIDS from ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!! (2008年2月17日 14時21分)
    人気ブログランキングの順位は? 純粋だから、分かち合える傷がある。 ...[外部サイトの続きを読む]
  • KIDS  ■ from どんくらの映画わくわくどきどき (2008年2月11日 3時52分)
    とてもいいお話。なんだけど、あまりにお行儀が良すぎてつまらない。 観客は女子中高生が多かったみたい。小池徹平を見にきたなら満足だった... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「KIDS」 from めいのハマリモノ (2008年2月10日 6時53分)
    映画「KIDS」観ました。↓原作本夢も希望もなく、すさんだ生活を送る青年タケオ(玉木宏)は、街にやって来たばかりの少年アサト(小池徹平)と出会う。ある日、チンピラに絡まれたアサトを救ったタケオは傷を負うが、アサトが彼の手を取ると傷がアサトに移動する。ま... ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2008年1月28日の週の公開作品
  3. 『KIDS』