シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
インクレディブル・ハルク
(C) 2008 MVLFFLLC. TM & (C) 2008 Marvel Entertainment. All Rights Reserved.
英題:
THE INCREDIBLE HULK
製作年:
2008年
製作国:
アメリカ
日本公開:
2008年8月1日
(スバル座 ほか)
配給:
ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
カラー

チェック:怒りや恐怖の感情が高まると、緑色の巨人“ハルク”に変身する青年の苦悩と活躍を描くヒーロー・アクション。2003年に同名アメコミを映画化した『ハルク』のリニューアル版となる本作では、『トランスポーター』シリーズのルイ・レテリエが監督を務め、すべての要素を刷新してアクション主体の娯楽性を追求する。演技派エドワード・ノートンが主人公を熱演するほか、リヴ・タイラー、ティム・ロスら豪華キャストの演技合戦にも注目。

ストーリー:ブルース・バナー博士(エドワード・ノートン)は緑色の巨人ハルクに変身する能力を隠して生活する日々を送っていたが、ハルクの変身の秘密を知ったテロリスト(ティム・ロス)が怪人アボミネーションと化し、ニューヨークの街を襲う。恋人ベティ(リヴ・タイラー)と街を守るため、ブルースはハルクに変身して危機に立ち向かう。

インクレディブル・ハルク
(C) 2008 MVLFFLLC. TM & (C) 2008 Marvel Entertainment. All Rights Reserved.

写真ギャラリー

Universal Studios/Photofest/ゲッティ イメージズ


スタッフ

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『インクレディブル・ハルク』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 映画「インクレディブル・ハルク」on TV  最後の演出にニヤリ from 珍竹鈴  映画とネットとモバイル機器の日々 (2013年3月4日 0時2分)
    映画「インクレディブル・ハルク」をテレビで観ました。 「ハルク」(2004年)は見ていませんが、人間ドラマ重視で人気が出なかったと聞きます。 で、こちらの「インクレディブル・ハルク」(2009年)は、そう言った反省も踏まえた マーブル・ヒーローズらしい作品。 超人兵… ...[外部サイトの続きを読む]
  • 映画 ≪ インクレディブル・ハルク (2008) ≫ from 映画の無料動画で夢心地 (2011年4月17日 1時10分)
    科学者ブルース・バナーは放射線実験で大量のガンマ線を浴び以来、怒りを感じるとアドレナリンの泌とともに巨大な緑色のモンスター“ハルク”に変身する特殊体質となってしまう。自らの治療薬開発に取り組みな... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「インクレディブル・ハルク、TVシリーズ化か?」 from NEW WAY.NEW LIFE (2010年10月17日 11時13分)
    緑色の巨人ハルクに変身してしまうブルース・バナーの活躍を描いたコミック【インクレディブル・ハルク】映画『インクレディブル・ハルク』 - シネマトゥデイ via kwout2008年にエドワード・ノートン主演、ルイ・レテリエ監督で映画化されましたね『インクレディブル・ハ... ...[外部サイトの続きを読む]
  • インクレディブル・ハルク from zakky's report (2010年7月4日 22時2分)
    ★★★★☆ インクレディブル・ハルク デラックス・コレクターズ・エディション(2枚組) [DVD]アクションシーン満載この映画はCGが多く使われ... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 【movies】インクレディブル・ハルク from icicle sight production.blog (2010年4月7日 23時59分)
    監督:ルイ・レテリエ 出演:エドワード・ノートン、リヴ・タイラー、他 アン・リー監督の「ハルク」はなかったことにして、 新たに作られたアメコミムービー。 研究者のブルースは実験で多量の放射線を浴びてしまい、 興奮すると怪物のような姿に変化してしまう体となって... ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2008年7月28日の週の公開作品
  3. 『インクレディブル・ハルク』