シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

悲しいボーイフレンド

悲しいボーイフレンド
(C) 2008「悲しいボーイフレンド」製作委員会
製作年:
2008年
製作国:
日本
日本公開:
2009年2月21日
上映時間:
配給:
ジョリー・ロジャー
カラー/ビスタサイズ/ステレオ

チェック:突然現われた謎の少女によって、初恋の切ない気持ちを思い出す中年サラリーマンの姿を描くファンタジックなドラマ。繊細(せんさい)な演出力に定評がある『ブラブラバンバン』の草野陽花監督がメガホンを取り、誰もが心に持っている郷愁感をスクリーンに刻み付ける。製薬会社に勤める主人公の中年男を「相棒」シリーズの寺脇康文が悲哀感たっぷりに好演する。劇中でも重要な役割を担い、タイトルにもなった渡辺美里の同名曲が切なく耳に響く。

ストーリー:製薬会社の営業部課長の岩津(寺脇康文)は日々の仕事に忙殺されていたが、ある日、岩津の携帯電話に卒業アルバムを見たという謎の少女・香奈(寺島咲)から突然電話が入る。香奈のなかば強引な誘いに、流れのまま自分の故郷、神戸まで連れて行かれる岩津だったが、次々と自分の過去が古い映画を観るようによみがえっていく。

悲しいボーイフレンド
(C) 2008「悲しいボーイフレンド」製作委員会

スタッフ

監督・脚本:
脚本: 祢寝彩木
撮影: 鈴木一博

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『悲しいボーイフレンド』の映画ニュース

  • 内山理名が残酷な運命に翻弄される女性を熱演!平和へのメッセージが詰まった注目作
    25日、映画『遠くの空』の公開初日舞台あいさつが新宿K's cinemaで行われ、出演者の内山理名、黒田福美、井上春生監督が登壇し、映画の見どころを語るとともに平和へのメッ...ろう)される切ないラブストーリー。映画『悲しいボーイフレンド』の内山理名が、在日韓国人の母親のもとで...
  • 寺脇康文、最優秀助演男優賞を取り損ねたと自虐ギャク
    21日、映画『悲しいボーイフレンド』が関東地方における公開初日を迎え、主演の寺脇康文、寺島咲、上田結、出演と主題歌を担当した松下優也、そして草野陽花監督が舞台あい...やかって、ファンに宣伝をお願いした。 『悲しいボーイフレンド』は、製薬会社で働く平凡な中年サラリーマ...
  • 渡辺美里が少女のように赤面!? あこがれの寺脇康文とご対面!
    11日、恵比寿SPAZIO2でCineMusicaシリーズ第6弾となる映画『悲しいボーイフレンド』の完成披露試写会が開かれ、挿入歌を歌う渡辺美里が上映前にプレミアムトークとライブを...花監督に対面した。 映画と同タイトルの「悲しいボーイフレンド」を含め、「10 years」「BELIEVE」「素顔...

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 悲しいボーイフレンド from シネマDVD・映画情報館 (2009年11月9日 22時0分)
    突然現われた謎の少女によって、初恋の切ない気持ちを思い出す中年サラリーマンの姿を描くファンタジックなドラマ。繊細(せんさい)な演出力に定評がある『ブラブラバンバン』の草野陽花監督がメガホンを取り、誰もが心に持っている郷愁感をスクリーンに刻み付ける。製薬会社に勤める主人公の中年男を「相棒」シリーズの寺脇康文が悲哀感たっぷりに好演する。劇中でも重要な役割を担い、タイトルにもなった渡辺美里の同名曲が切なく耳に響く。... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 『悲しいボーイフレンド』&キノシタホールの感想 from 少年トッパ (2009年3月31日 18時35分)
    昨年末に新装オープンしたキノシタホールに行ってきた。観たのは寺脇康文主演の『悲しいボーイフレンド』。普段は旧作を上映しているので当日1600円なのだが、これは純然たる封切り作品だから1800円だ。しかし、なぜか夜の回のみ1000円なので、当然その回に行った。でも、このサービス、昼間にしか観られない人の立場で考えると、すごく不公平感があるんじゃない?  そもそもシネコンとかでもレイトショーが安いってのは、以前から不思議だった。どちらかと言えば、夜に映画館へ行ける人の方が、いわゆる富裕層(ってのは大げさだが) ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2009年2月16日の週の公開作品
  3. 『悲しいボーイフレンド』