シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

サガン -悲しみよ こんにちは-

公式サイト:http://www.sagan-movie.com/
サガン -悲しみよ こんにちは-
(C) 2008 ALEXANDRE FILMS / E. George (C) 2008 ALEXANDRE FILMS / C. Schousboe
英題:
SAGAN
製作年:
2008年
製作国:
フランス
日本公開:
2009年6月6日
(Bunakamura ル・シネマ ほか)
上映時間:
配給:
ショウゲート
カラー/アメリカンビスタサイズ/ドルビーデジタル

チェック:18歳で文壇に華々しいデビューを飾り、生涯を通して自由人であった小説家の人生を追う人間ドラマ。破天荒な言動で世間を騒がせつつも、実は孤独で繊細(せんさい)な彼女の真の姿に迫る。まるでサガンの生き写しのような主人公を演じるのは『エディット・ピアフ~愛の讃歌~』のシルヴィー・テステュー。その親友を『ランジェ公爵夫人』のジャンヌ・バリバールが演じている。華やかな社交生活の裏に隠された、彼女の人間的魅力のとりこになる作品だ。

ストーリー:1954年、18歳のフランソワーズ(シルヴィー・テステュー)は、処女作「悲しみよ こんにちは」をひと夏で書き上げる。ペンネームのフランソワーズ・サガンとして出版された小説はベストセラーとなり、一躍時代の寵児となった。やがて彼女はダンサーのジャック(ピエール・パルマード)らとともに道楽ざんまいの日々を送るようになり……。

サガン -悲しみよ こんにちは-
(C) 2008 ALEXANDRE FILMS / E. George (C) 2008 ALEXANDRE FILMS / C. Schousboe

スタッフ

監督・脚本:

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『サガン -悲しみよ こんにちは-』の映画ニュース

  • 映画『ブリキの太鼓』でカンヌ国際映画祭パルムドールを受賞し、アカデミー賞外国語映画賞にも輝いた名匠フォルカー・シュレンドルフ監督の長編映画『シャトーブリアンから...最期の12日間~』のウルリッヒ・マテス、『サガン -悲しみよ こんにちは-』のアリエル・ド...
  • 初公認のイヴ・サン=ローラン伝記映画、9月公開!“きれいな男”が主演
    「モンドリアン・ルック」などで20世紀のファッション界に革命を起こしたデザイナー、故イヴ・サン=ローランさんの本格伝記映画『イヴ・サンローラン』(ジャリル・レスペー...気急上昇中だという新星ピエール・ニネ。『サガン -悲しみよ こんにちは-』のギョーム・ガ...

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 【映画チラシ】サガン 悲しみよこんにちは from 楽天オークション出品中 (2009年12月30日 7時25分)
    映画チラシ 映画『サガン 悲しみよこんにちは』 ▼画像をクリックすると楽天オークションに▼ -出品画面- ★映画チラシ 出品中!!★ 【映... ...[外部サイトの続きを読む]
  • サガン(Sagan)- 東京テアトル株主優待券 from いただきもの通信 (2009年9月23日 1時1分)
    東京テアトルの優待の2009年下期の2作目は「サガン」を観に行きました。フランスの作家「フランソワーズ・サガン」と言う方のデビュー作から、お亡くなりになるまでの人生を描いた伝記映画です。 伝記物はこれまでにもいくつか観てきましたが、外れた事がありません。これも非常に面白かったです。まあ、映画になるほどの人生なので、多少脚色はあるんでしょうが、面白くない訳はないですね。 さて、このサガンさん。なんていうか「自由」を求め続けています。私はこの人は知りませんでしたが、この映画を見てとても興味を持ちました。いく ...[外部サイトの続きを読む]
  • サガン−悲しみよこんにちは−■作家の伝記映画にはハンディがある from 映画と出会う・世界が変わる (2009年8月4日 7時46分)
    伝記映画の場合、その人の偉大さとか、映画そのものの出来とは別に、その人の職業で大きく差が出るのではないかと感じた。音楽家の場合、それが作曲家であろうとも歌手であろうとも、その過程で出来た作品を観客に自然な形で、しかも効果的に聞かせることが出来る。これは... ...[外部サイトの続きを読む]
  • サガン 悲しみよこんにちは from LOVE Cinemas 調布 (2009年6月17日 2時58分)
    実在の作家、フランソワーズ・サガンの人生を描いた作品です。主演はシルヴィー・テステュー。監督は元女優のディアーヌ・キュリス。出演者を含め殆ど知らない人ばかりでしたが、ポスターに映るシルヴィー・テステューの横顔が素敵に見えたのと何となく観てみようかなぁと。(笑)基本的にフランス映画の雰囲気とかテイストが好きというのがあるんですが…。 ...[外部サイトの続きを読む]
  • サガン 悲しみよこんにちわ ▲ from どんくらの映画わくわくどきどき (2009年6月16日 4時57分)
    わずか18歳で名声と巨額の富を得たフランソワーズ・サガンの生涯を描く。いくら金持ちでもこんな女とは付き合いたくないなと思った。 まだ... ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2009年6月1日の週の公開作品
  3. 『サガン -悲しみよ こんにちは-』