シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

Disney'sクリスマス・キャロル

Disney'sクリスマス・キャロル
(C) Disney Enterprises, Inc. All rights reserved.
英題:
A CHRISTMAS CAROL
製作年:
2009年
製作国:
アメリカ
日本公開:
2009年11月14日
上映時間:
配給:
ウォルト ディズニー スタジオ モーション ピクチャーズ ジャパン
カラー

チェック:金銭欲を満たすために生きる男が、クリスマス・イブの夜の不思議な体験を経て、本当の幸福の意味を悟る奇跡と感動のファンタジー。文豪チャールズ・ディケンズの不朽の名作を、『バック・トゥ・ザ・フューチャー』シリーズのロバート・ゼメキス監督が映像化。ケチな主人公をはじめ、7役を演じるのは名優ジム・キャリー。希望に満ちたメッセージや、俳優の演技をデジタル的に採り込むパフォーマンス・キャプチャーによる驚異の映像が圧巻!

ストーリー:金がすべてで、家族を持たず、人とのきずなに背を向け、ただ己の金銭欲を満たすためだけに生きるスクルージ(ジム・キャリー)は、街一番の嫌われ者。あるクリスマス・イブの夜、かつてのビジネス・パートナーの亡霊が現われ、スクルージを彼自身の過去・現在・未来をめぐる時間の旅へと連れ出す亡霊にとりつかれると予言する。

Disney'sクリスマス・キャロル
(C) Disney Enterprises, Inc. All rights reserved.

スタッフ

監督・脚本・製作:
プロダクションデザイン: ダグ・チャン

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『Disney'sクリスマス・キャロル』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 映画『Disney'sクリスマス・キャロル』★あなたが幸せでありますように from **☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆** (2012年4月10日 17時13分)
    映画レビュー(ネタばれ表示なし)です。 http://info.movies.yahoo.co.jp/userreview/tyem/id333976/rid79/p0/s0/c0/ 娘と鑑賞できて、楽しい時間を過ごせたことが嬉しかったです。 作品について http://cinema.pia.co.jp/title/150046/ ↑あらすじ・クレジットはこちらを参照してください。 .... ...[外部サイトの続きを読む]
  • Disney's クリスマス・キャロル DVD・BD販売・レンタル開始日 2010年11月17日 from 超新作映画 (2011年2月3日 1時35分)
    「バック・トゥ・ザ・フューチャー」のロバート・ゼメキス監督はいつからかアニメを進んで作るようになって、最初は「ポーラー・エクスプレス」、その後も「ベオウルフ」、そしてこの映画も最新の技術を駆使して作られたアニメです。モーションキャプチャーというアバター… ...[外部サイトの続きを読む]
  • Disney’s クリスマス・キャロル from カフェビショップ (2010年12月28日 6時35分)
    「Disney’s クリスマス・キャロル」 アニメ映画。 きれいな映像ですなあ。 リアルさもあって、 デフォルメされた漫画なキャラクターだけど、 なんか生々しさも中途半端にあるもんだから、 ちょっと怖いかんじの絵柄に見えたなあ。 まあ、映像はきれいで動… ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「クリスマス・キャロル」 from 映画レビュー等のmktの日記 (2010年12月24日 12時14分)
    <script language="javascript" src="http://ad.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/jsbanner?sid=2495062&pid=878193346"></script><noscript><a href="http://ck.jp.ap.valuecommerce.com/… ...[外部サイトの続きを読む]
  • Disney's クリスマス・キャロル from こどもの部屋 (2010年5月12日 12時57分)
    映画『Disney's クリスマス・キャロル』を3Dで観ました。人生初の3D映画だったのですが、こんなメガネをかけながら↓じっくりと観させていただきました。内容はほぼ原作通りで、3人の精霊が現れる件はかなりダークになっていました。「過去」、「現在」、「未来」 と進むごとにそのダークさは濃くなっていき、精霊の言い回しや行動も難解になっていきます。しかし、スクルージが改悛した後の祝祭のような華やかさとの対比が見事でした。肝心の3Dですが、空を飛ぶシーンなどで特に効果的になっていて臨場感が半端なかったです。静かに ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2009年11月9日の週の公開作品
  3. 『Disney'sクリスマス・キャロル』