シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
どなたでもご覧になれます

誘拐ラプソディー

公式サイト:http://www.yuukai.jp
誘拐ラプソディー
(C) 2009「誘拐ラプソディー」フィルムパートナーズ
製作年:
2009年
製作国:
日本
日本公開:
2010年4月3日
(角川シネマ新宿 ほか)
上映時間:
配給:
角川映画
カラー

チェック:借金まみれでくたびれた人生を送る主人公が、ヤクザの組長の息子を誘拐したために逃げ回るハメになるロードムービー。荻原浩原作の「明日の記憶」を基に、俳優としても数々の出演作を誇る榊英雄監督が映像化。主人公・伊達を演じるのは『特命係長 只野仁』シリーズの高橋克典。逃避行の過程で不思議なきずなで結ばれる伊達と組長の息子の友情劇や、ヒロイックなイメージを封印して全編作業着姿でダメ男を妙演する高橋のキャラクターに注目。

ストーリー:返すあてのない借金だらけで、人生にくたびれた前科者の伊達秀吉(高橋克典)は自殺を考えるが死に切れず、金持ちの子どもである篠宮伝助(林遼威)を、人生一発大逆転のチャンスと考えて誘拐してしまう。ところが、運が悪く、伝助はヤクザの組長の息子だったために、秀吉はヤクザの手下と警察の両方に追われてしまい……。

誘拐ラプソディー
(C) 2009「誘拐ラプソディー」フィルムパートナーズ

動画

映画『誘拐ラプソディー』予告編

ポスター/チラシ

  • 映画『誘拐ラプソディー』ポスター
    ポスター
  • 映画『誘拐ラプソディー』チラシ
    チラシ

スタッフ

監督:
原作: 荻原浩
脚本: 黒沢久子
音楽: 榊いずみ
撮影: 藤井昌之
編集: 清野英樹
美術: 井上心平
照明: 舘野秀樹
録音: 岩丸恒

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『誘拐ラプソディー』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 荻原浩「誘拐ラプソディー」 from ご本といえばblog (2010年6月5日 7時59分)
    荻原浩著 「誘拐ラプソディー」を読む。 このフレーズにシビれた。  伝助の首に手をかけようとした瞬間、猛烈に襲ってきたのは殺意ではなく、なぜか便意だった。 [巷の評判] 長崎もの語り散歩では, 「みんな何かが一つ欠けた人間であるが、それぞれ自分なりに生きていこう... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 誘拐ラプソディー from 佐藤秀の徒然幻視録 (2010年4月8日 19時50分)
    公式サイト。榊英雄監督・出演、高橋克典、林遼威、船越英一郎、YOU、哀川翔、菅田俊、木下ほうか、笹野高史、品川徹、角替和枝、寺島進、ベンガル、美保純、山本浩司。大きな桜の木が満開の丘の上の公園。「死ぬには、もってこいの日」と気取る秀吉(高橋克典)。 ...[外部サイトの続きを読む]
  • 誘拐ラプソディー 2010-13 from 悠久の華美 (2010年4月7日 6時37分)
    「誘拐ラプソディー」を観てきました! 借金まみれの男が、偶然知り合った金持ちのお坊ちゃんを誘拐する!しかし、そのお坊ちゃんお金持ち... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 誘拐ラプソディー/サラリーマンから誘拐犯へ from LOVE Cinemas 調布 (2010年4月6日 16時33分)
    押尾学被告が作品に出演していたためにあわやお蔵入りの危機となった作品。荻原浩の同名小説を映画化したクライムムービーだ。主演は『特命係長 只野仁』の高橋克典。共演に船越英一郎、哀川翔、YOU、笹野高史、そして押尾被告の役の代役として榊英雄監督も出演している。家出少年の誘拐を企てた主人公が少年との心の絆を育んでいく様子を描いている。 ...[外部サイトの続きを読む]
  • 誘拐ラプソディー from 映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP (2010年4月6日 0時7分)
    追いつ追われつのクライム・エンタメ・ムービーは、さえない中年男と少年の絆がジンとくる。借金にまみれ、人生にくたびれた前科者の伊達秀吉。自殺さえも失敗してしまうダメ男の前に、偶然、金持ちの子供で家出中の伝助が現われる。家出を手伝うと6歳の伝助を丸め込み、誘.... ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2010年3月29日の週の公開作品
  3. 『誘拐ラプソディー』