シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.
真幸くあらば
(C) 2009「真幸くあらば」製作委員会
製作年:
2009年
製作国:
日本
日本公開:
2010年1月9日
上映時間:
配給:
ティ・ジョイ
カラー

チェック:殺人事件の死刑囚と、その被害者の婚約者だった女が刑務所の面会窓越しに出会い、互いに求め合う姿を描く衝撃作。北野武、竹中直人、行定勲ら、これまで多くの才能を見いだしてきた製作の奥山和由が、詩人の御徒町凧を監督に抜てきして、互いに決して触れえない死刑という期限付きの禁断の純愛を紡ぐ。主演は、『殯(もがり)の森』の尾野真千子と、映画初主演の久保田将至。初の音楽監督となる歌手・森山直太朗が手掛ける音楽も必聴。

ストーリー:カップルを殺害した南木野淳(久保田将至)のもとを、クリスチャンの薫(尾野真千子)が訪れる。薫は淳が殺した男性の婚約者だったが、薫は婚約者の不実を暴いた淳に惹(ひ)かれ、愛を知らずに育った淳も薫によって生きる喜びを知る。互いに求め合う二人は、聖書に小さな文字で書き込み、思いを伝える秘密の通信を始める。

真幸くあらば
(C) 2009「真幸くあらば」製作委員会

スタッフ

監督:
製作: 奥山和由
原作: 小嵐九八郎
脚本: 高山由紀子
撮影: 釘宮慎治
美術: 愛甲悦子
編集: 石川浩通
音楽: 紺野紗衣
音楽監督: 森山直太朗
照明: 田辺浩
装飾: 嵩村裕司
録音: 菊地進平
助監督: 甲斐聖太郎

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『真幸くあらば』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 真幸くあらば【映画】を見た from カフェビショップ (2012年2月20日 6時32分)
    「真幸くあらば」 まさきくあらば。 「真幸くあらば」ってマサキクアラバって読むんすねえ。 最初題名見たときなんて読むのかまったくわからず、 誤植じゃないかと思ったもんです。 万葉集にある一節らしいけど、 普通読めないよなあ。 設定はドラマドラマした大仰… ...[外部サイトの続きを読む]
  • 真幸くあらば (まさきくあらば) from 王道 (2010年1月22日 15時51分)
    シネマ・アンジェリカにてDTS鑑賞。  映画「クライマーズ・ハイ」やドラマ「空飛ぶタイヤ」での尾野真千子の存在感が抜群だったので、「真幸くあらば」を見た。 ... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 真幸くあらば from 佐藤秀の徒然幻視録 (2010年1月18日 17時57分)
    公式サイト。小嵐九八郎原作、御徒町凧監督、尾野真千子、久保田将至、山中聡、YOU THE ROCK★、大河内浩、鶴田忍、ミッキー・カーチス、テリー伊藤、佐野史郎。死刑囚と恋愛するというストーリーは「接吻」と類似しているが、こちらの方はご都合主義が目に付き2人のどちらの... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 真幸くあらば/詩人監督の送る映像詩を読む from LOVE Cinemas 調布 (2010年1月12日 17時37分)
    殺人事件の死刑囚と、その被害者の婚約者だった女性、通常ではありえない2人の永遠に結ばれることのない恋愛関係を描き出した問題作。主演は『殯(もがり)の森』の尾野真千子とTVドラマ『ブラッディ・マンデイ』の久保田将至。監督はこれがデビュー作となる詩人で作詞家の御徒町凧、そして音楽監督を森山直太朗が務めている。狂おしいまでにお互いを求め合うクライマックスは衝撃的だ。 ...[外部サイトの続きを読む]
  • 【映画】 真幸くあらば from 別冊 社内報 (2010年1月11日 18時25分)
    死刑囚に愛情を感じる作品では、最近なら小池栄子の「接吻」。 韓国ならキム・ギドクの「ブレス」。 それほどに設定自体は珍しくない。 森山直太朗の曲に詞を提供している御徒町凧氏が監督、との情報が無ければ、本作も見逃すところでした。 「生きてることが辛いなら」は、いい。 尾野真千子の、細かく整ったパーツで地味なところ、宗教性を意識させる清楚なところ、その2点を後半で裏切るところが、いい。 最初の接見での、緊張しているかのような咳払い。接見中・電車中の2回見せる泣きっぷり(3回目に静かに涙を ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2010年1月4日の週の公開作品
  3. 『真幸くあらば』