シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.
どなたでもご覧になれます

ドン・ジョヴァンニ 天才劇作家とモーツァルトの出会い

公式サイト:http://www.don-giovanni.jp
ドン・ジョヴァンニ 天才劇作家とモーツァルトの出会い
(C) 2009: Edelweiss Production (Italia), Intervenciones Novo Film 2006, AIE e Radio Plus (Spagna)
英題:
IO, DON GIOVANNI
製作年:
2009年
製作国:
イタリア/スペイン
日本公開:
2010年4月10日
(Bunkamuraル・シネマ ほか)
上映時間:
配給:
ロングライド
カラー/スコープサイズ/ドルビーSR/SRD

チェック:『イベリア 魂のフラメンコ』などのスペインの巨匠カルロス・サウラ監督が新解釈で臨んだ、オペラ「ドン・ジョヴァンニ」誕生の物語。1787年に初演され、大成功した名作オペラを作曲したモーツァルトと、劇作家ロレンツォ・ダ・ポンテの奇跡の出会いを描く。劇作家を演じるのは『ストーン・カウンシル』のロレンツォ・バルドゥッチ。オペラ作家の人生を軸に描かれる、現実とオペラの舞台が同時進行で語られるストーリーに引き込まれる。

ストーリー:1763年、ベネチアで暮らすユダヤ人少年エマヌエーレはキリスト教に改宗し、名前もロレンツォと改名する。やがて成長したロレンツォ(ロレンツォ・バルドゥッチ)は神父となるが、放蕩(ほうとう)生活に明け暮れたために、ベネチアからの15年の追放を宣告される。彼は自由な気風あふれるウィーンに渡り、モーツァルト(リノ・グアンチャーレ)と出会う。

ドン・ジョヴァンニ 天才劇作家とモーツァルトの出会い
(C) 2009: Edelweiss Production (Italia), Intervenciones Novo Film 2006, AIE e Radio Plus (Spagna)

動画

映画『ドン・ジョヴァンニ 天才劇作家とモーツァルトの出会い』予告編

ポスター/チラシ

  • 映画『ドン・ジョヴァンニ 天才劇作家とモーツァルトの出会い』ポスター
    ポスター
  • 映画『ドン・ジョヴァンニ 天才劇作家とモーツァルトの出会い』チラシ
    チラシ

スタッフ

監督・脚本:

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『ドン・ジョヴァンニ 天才劇作家とモーツァルトの出会い』の映画ニュース

  • アントニオ・バンデラス、新作『33デイズ』でパブロ・ピカソを演じる
    アントニオ・バンデラスが、新作映画『33デイズ(原題)/ 33 Days』で、スペイン出身の世界的芸術家パブロ・ピカソを演じることになった。 本作は、ピカソがスペイン内戦時...ー、エリアス・ケレヘタ製作総指揮の元、『ドン・ジョヴァンニ 天才劇作家とモーツァルトの出会い』の監...

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 映画『ドン・ジョヴァンニ~天才劇作家とモーツァルトの出会い~』★女たらしでもオペラのシーンに引き込まれる(*^_^*) from **☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆** (2012年9月11日 2時7分)
          チラシやポスターの華やかさで、鑑賞意欲をそそられます。 (*^_^*)   希代の女たらし:ドン・ファンの物語を、 モーツァルト版の オペラ『ドン・ドン・ジョヴァンニ』 で製作するに当たり 台本を書いた  ロレンツォ・ダ・ポンテ を主人公に、 彼の私生活(女性関係)と、 オペラ『ドン・ドン・ジョヴァンニ』 のシーンを交えて 楽しく豪華に、見せています。 (↓内容... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「ドン・ジョヴァンニ 天才劇作家とモーツァルトの出会い」 どうして病気に無頓着なの? from ゆきがめのシネマ、試写と劇場に行こっ!! (2010年5月31日 0時5分)
    先日、「ドン・ジョヴァンニ 天才劇作家とモーツァルトの出会い」を観てきました。 ストーリーは、 18世紀のヴェネツィア。聖職にありながら放蕩三昧を続けるロレンツォ・ダ・ポンテは、幼い日に心を奪われた「神曲」のベアトリーチェを彷彿とさせる美しい娘アンネッタに恋を ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「ドン・ジョヴァンニ 天才劇作家とモーツァルトの出会い」 from 元・副会長のCinema Days (2010年5月22日 15時31分)
    (原題:Io, Don Giovanni)まるで面白くないのは、監督カルロス・サウラの特質を活かしていないからだ。とはいえ、サウラは(受賞歴こそ多いが)個人的には「カルメン」(83年)のみの“一発屋”であると思う。どうして「カルメン」は傑作たり得たかというと、ドラマと劇中劇との絶妙の融合ゆえである。これがサウラ監督の真骨頂であり、逆に言えば「カルメン」以外のサウラ作品はそれが成功していない。脚本段階でドラマが劇中劇に対して及び腰になっており、両者がクロスするスリルを味わえない。  本作はどうかと言えば ...[外部サイトの続きを読む]
  • 『ドン・ジョヴァンニ』教養のない男が観ると、こんな感想に。 from コナのシネマ・ホリデー (2010年5月1日 11時29分)
    『ドン・ジョヴァンニ~天才劇作家とモーツァルトの出会い~』                         (G)                             原題:IO,DON GIOVANNI                     2009年・イタリア=スペイン (127分)                監督:カルロス・サウラ撮影:ヴィットリオ・ストラーロ音楽:V・M・モーツァルト、A・ヴィヴァルディ出演:ロレンツォ・バルドゥッチ、リノ・グアンチャーレ、エミリア・ヴェルジネッリ ほか ...[外部サイトの続きを読む]
  • 映画「アマデウス」から「ドン・ジョヴァンニ 天才劇作家とモーツァルトの出会い」へ from エンターテイメント日誌 (2010年4月28日 11時44分)
    評価:B- フラメンコ三部作「血の婚礼」「カルメン」「恋は魔術師」で知られるスペ ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2010年4月5日の週の公開作品
  3. 『ドン・ジョヴァンニ 天才劇作家とモーツァルトの出会い』