シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.
18歳以上がご覧になれます

エンター・ザ・ボイド

公式サイト:http://www.enter-the-void.jp/
エンター・ザ・ボイド
(C) 2010 FIDELITE FILMS - WILD BUNCH - LES FILM DE LA ZONE - ESSENTIAL FILMPRODUKTION - BIM DISTRIBUZIONE - BUF COMPAGNIE
英題:
ENTER THE VOID
製作年:
2010年
製作国:
フランス
日本公開:
2010年5月15日
(シネマスクエアとうきゅう ほか)
上映時間:
配給:
コムストック・グループ / トルネード・フィルム
カラー/35ミリ/ドルビー

チェック:夜の東京で違法に働く外国人兄妹の悲しい運命を、刺激的でエロチックに描くファンタジー・ドラマ。監督は、約7年ぶりの新作となる『カルネ』『アレックス』などで知られるフランスの鬼才、ギャスパー・ノエ。SFXを、『アバター』にも参加しているフランスが誇るSFXクリエイターのピエール・ブファンが担当。ノエ監督によって切り取られるサイケデリックな東京の風景にも注目だ。

ストーリー:東京にやって来たオスカー(ナサニエル・ブラウン)とリンダ(パス・デ・ラ・ウエルタ)の兄妹。しかし、麻薬ディーラーのオスカーは警察に追われ、銃で撃たれてしまう。オスカーの魂は体から離脱し、愛するリンダを追いながら、東京の夜の街をさまよい始めるが……。

エンター・ザ・ボイド
(C) 2010 FIDELITE FILMS - WILD BUNCH - LES FILM DE LA ZONE - ESSENTIAL FILMPRODUKTION - BIM DISTRIBUZIONE - BUF COMPAGNIE

ポスター/チラシ

  • 映画『エンター・ザ・ボイド』ポスター
    ポスター
  • 映画『エンター・ザ・ボイド』チラシ
    チラシ

前売券特典

  • 映画『エンター・ザ・ボイド』ポストカード
    ポストカード

※数量や販売期間が限定されていたり、劇場によっては取扱が無い場合があります。


スタッフ

監督・脚本・製作:

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『エンター・ザ・ボイド』の映画ニュース

  • 染谷将太と前田敦子が共演した廣木隆一監督作『さよなら歌舞伎町』が、6月からイタリアで公開されることが決まった。 イタリアの配給を務めるのは、数多くのアジア映画の配...にも、フランスのギャスパー・ノエ監督作『エンター・ザ・ボイド』(2009)やスペインのイザベル・コイシェ...
  • 映画『アレックス』や『エンター・ザ・ボイド』など衝撃的な作品を生み出してきた鬼才ギャスパー・ノエ監督が、3Dで愛を描いた最新作『LOVE【3D】』を引っ提げ来日し、本作...の悲しい運命を主人公の視点で切り取った『エンター・ザ・ボイド』(2009)など常にショッキングな作品で映...
  • 鬼才ギャスパー・ノエが3Dで愛を描いた最新作『LOVE 3D』から、その独特な感性で切り取られた若者たちの姿が収められた場面写真が公開された。 青年マーフィーがかつての恋...るものに不思議な鑑賞体験をもたらす。 『エンター・ザ・ボイド』(2009)や『アレックス』(2002)などで...

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 『エンター・ザ・ボイド』は困った生命讃歌だよ。 from かろうじてインターネット (2010年6月3日 2時3分)
    AKB48を好きになろうという計画でございますが、深夜番組などで彼女たちを見ていると、あまりにチョロくて、アイドル番組ってもう30年... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「Enter The Void  エンター・ザ・ボイド」 私は凡人なので、天才は解からん。 from ゆきがめのシネマ、試写と劇場に行こっ!! (2010年6月3日 0時1分)
    先日、「エンター・ザ・ボイド」を観てきました。 ストーリーは、 東京にやって来たオスカー(ナサニエル・ブラウン)とリンダ(パス・デ・ラ・ウエルタ)の兄妹。しかし、麻薬ディーラーのオスカーは警察に追われ、銃で撃たれてしまう。オスカーの魂は体から離脱し、愛するリ ...[外部サイトの続きを読む]
  • エンター・ザ・ボイド/ENTER THE VOID/ギャスパー流に描いた輪廻転生物語 from LOVE Cinemas 調布 (2010年5月18日 16時42分)
    鬼才ギャスパー・ノエが贈る7年ぶりの新作。幽体離脱した魂が夜のTOKYOを彷徨いつつ輪廻転生するまでを描いた異色の作品だ。全編に渡って描かれているサイケなTOKYOを『アバター』にも参加しているSFXクリエイター、ピエール・ブファンが担当している。SEX、ドラッグ、愛、友情、誕生…人間の営みを文字通り俯瞰して眺める感覚が面白い。 ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
  1. 映画
  2. 2010年5月10日の週の公開作品
  3. 『エンター・ザ・ボイド』