シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
どなたでもご覧になれます

信さん・炭坑町のセレナーデ

公式サイト:http://www.shinsan-movies.com
信さん・炭坑町のセレナーデ
(C) 「信さん・炭坑町のセレナーデ」製作委員会
製作年:
2010年
製作国:
日本
日本公開:
2010年11月27日
上映時間:
配給:
ゴールドラッシュ・ピクチャーズ
カラー/ビスタサイズ

チェック:昭和30年代の福岡県の炭坑町を舞台に、貧しいながらも明るく必死に生きる人々の日常と、やがて訪れる過酷な運命を描く骨太なヒューマンドラマ。福岡県出身の辻内智貴による原作を、『愛を乞うひと』の平山秀幸監督、劇作家で脚本家の鄭義信が再び組み、力強く生きる人々の魂のドラマを紡ぐ。小学生の息子と共に炭坑町に戻る主人公に『カムイ外伝』の小雪。福岡市内をはじめ、オールロケで映し出されるエネルギッシュな映像が圧巻。

ストーリー:福岡県の炭坑町に小学生の守(池松壮亮)と共に帰って来た美智代(小雪)は、ある日、悪ガキたちに囲まれた息子を“信さん”と呼ばれる少年(石田卓也)に助けてもらう。親を早くに亡くして、街では厄介者のように扱われている信さんは孤独だったが、事件を機に優しく接してくれる美智代にだけは心を開くようになる。

信さん・炭坑町のセレナーデ
(C) 「信さん・炭坑町のセレナーデ」製作委員会

動画

映画『信さん 炭坑町のセレナーデ』予告編

ポスター/チラシ

  • 映画『信さん・炭坑町のセレナーデ』ポスター
    ポスター
  • 映画『信さん・炭坑町のセレナーデ』チラシ
    チラシ

前売券特典

  • 映画『信さん・炭坑町のセレナーデ』ポストカード
    ポストカード

※数量や販売期間が限定されていたり、劇場によっては取扱が無い場合があります。


スタッフ

監督:
原作: 辻内智貴
脚本: 鄭義信
プロデューサー: 藤田義則 / 宮内眞吾
企画: 近藤晋
撮影: 町田博
照明: 木村太朗
美術: 安宅紀史
録音: 小松将人
編集: 洲崎千恵子
音楽: 安川午朗
ラインプロデューサー: 宿崎恵造
アソシエイトプロデューサー: 三宅はるえ
VFXスーパーバイザー: 石井教雄
助監督: 成瀬朋一
製作担当: 根津文紀

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『信さん・炭坑町のセレナーデ』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 信さん・炭坑町のセレナーデ from 映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP (2010年11月29日 0時12分)
    炭坑町でたくましく生きる人々が魅力的なヒューマン・ドラマで、エキストラも含めて役者が皆、いい表情をしている。昭和38年、福岡県の炭坑町に小学生の息子・守を連れて戻ってきた ... ...[外部サイトの続きを読む]
  • ★ 『信さん 炭鉱町のセレナーデ』 from 映画の感想文日記 (2010年11月28日 9時20分)
    2010年。「信さん・炭鉱町のセレナーデ」製作委員会。   平山秀幸監督。辻内智貴原作。鄭義信脚本。  タイトルだけを見たら、積極的に見に行きたいタイプの映画ではなかったが、、今年見た日本映画の中でも、もっとも面白いもののひとつであった『必死 ...[外部サイトの続きを読む]
  • 小雪も好きになった男ですごい変わったね from らくらく日記 (2010年11月26日 8時32分)
    小雪も好きになった男ですごい変わったね ...[外部サイトの続きを読む]
  • 信さん・炭坑町のセレナーデ/懐かしさと共に淡々と過ぎる時間 from LOVE Cinemas 調布 (2010年11月26日 0時50分)
    原作は太宰治賞作家・辻内智貴の中編『信さん』。昭和30年代から40年代にかけての福岡のとある離島の炭坑町が舞台にし、徐々に衰退していく石炭産業に携わる島の人々の毎日を活き活きと描き出したヒューマンドラマだ。主演は『わたし出すわ』の小雪。共演に『半分の月がのぼる空』の池松壮亮、『リアル鬼ごっこ』の石田卓也。監督を『必死剣 鳥刺し』の平山秀幸が務める。 ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2010年11月22日の週の公開作品
  3. 『信さん・炭坑町のセレナーデ』