シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.
どなたでもご覧になれます

フェアウェル さらば、哀しみのスパイ

公式サイト:http://www.farewell-movie.jp/
フェアウェル さらば、哀しみのスパイ
(C) 2009 NORD-OUEST FILMS
英題:
FAREWELL
製作年:
2009年
製作国:
フランス
日本公開:
2010年7月31日
(シネマライズ)
上映時間:
配給:
ロングライド
カラー/アメリカンビスタ/ドルビーSRD

チェック:ソ連崩壊の大きなきっかけとなったといわれる20世紀最大級のスパイ事件の一つ“フェアウェル事件”を映画化したサスペンス。冷戦時代のソ連から西側に機密情報を大量に提供したKGB幹部の孤独な戦いを、『戦場のアリア』のクリスチャン・カリオン監督が描き出す。祖国と家族のために死のリスクをいとわない実在のスパイには、2度のカンヌ国際映画祭パルム・ドールに輝くエミール・クストリッツァ監督、彼と奇妙なきずなを育むフランス人男性を監督としても活躍するギョーム・カネが熱演する。

ストーリー:1980年代初頭、KGBの幹部グリゴリエフ大佐(エミール・クストリッツァ)は、フランスの国家保安局を通じて接触した家電メーカーの技師ピエール(ギョーム・カネ)にある情報を渡す。それは、ソ連が調べ上げたアメリカの軍事機密や西側諸国にいるソ連側スパイのリストなどが含まれ、世界の国家勢力を一変させる力を秘めたものだった。やがて、二人の間には不思議なきずなが芽生えていくが……。

フェアウェル さらば、哀しみのスパイ
(C) 2009 NORD-OUEST FILMS

動画

映画『フェアウェル さらば、哀しみのスパイ』予告編

ポスター/チラシ

  • 映画『フェアウェル さらば、哀しみのスパイ』ポスター
    ポスター
  • 映画『フェアウェル さらば、哀しみのスパイ』チラシ
    チラシ

前売券特典

  • 映画『フェアウェル さらば、哀しみのスパイ』特製ポストカード(先着限定)
    特製ポストカード(先着限定)

※数量や販売期間が限定されていたり、劇場によっては取扱が無い場合があります。


スタッフ

原案・脚本: セルゲイ・コスティン
プロダクション・マネージャー: ステファン・リガ
サウンド・エンジニア: ピエール・メルテン
音響デザイン: トマ・デジョンケール
メイクアップ: マビ・アンザローヌ

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 「映画【フェアウェル / さらば、哀しみのスパイ】を観ていた」 from NEW WAY.NEW LIFE (2012年5月4日 20時27分)
    L'Affaire Farewell - Photo - Emir Kusturica (p3/20) via kwout映画【フェアウェル / さらば、哀しみのスパイ】をレンタルして観ていたので、感想を少し ...[外部サイトの続きを読む]
  • フェアウェル さらば、哀しみのスパイ from キノ2 (2010年9月14日 0時28分)
    ★ネタバレ注意★  実在のスパイ事件“フェアウェル事件”を映画化した作品だそうです。そんなスパイ事件があったなんて、この映画で初めて知りました。ソ連崩壊の主要因ともなったといわれているスパイ事件だというのに。ほんと、世の中知らないことばっかりだ……。  物語は、1981年、ブレジネフ政権下において、ソ連KGBの幹部でありながら、敢て売国行為に及んだグリゴリエフ大佐(エミール・クストリッツァ)と、民間人でありながら、いつの間にかスパイ戦に巻き込まれ、仲介役として大きく事件にかかわることになった ...[外部サイトの続きを読む]
  • 『フェアウェル さらば、哀しみのスパイ』 キャスティングの謎 from 映画のブログ (2010年8月27日 2時34分)
    【ネタバレ注意】  『フェアウェル さらば、哀しみのスパイ』のキーパーソンは、ウィレム・デフォーだ。  なのに、出番はとても少な... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 『フェアウェル さらば、哀しみのスパイ』はロマンチックだよ。 from かろうじてインターネット (2010年8月19日 14時36分)
    なんだか、子供の頃から20歳くらいに観た映画って実によく覚えているのですが、20代半ばから観た映画くらいから記憶がどんどんなく... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「フェアウェル さらば、哀しみのスパイ」を観ましたよ from よだれ一滴 (2010年8月14日 15時46分)
    シネマライズで「フェアウェル さらば、哀しみのスパイ」を観ましたよ。 ソ連崩壊の裏側にあったとされるスパイたちのお話。ソ連側のスパイを映画監督のエミール・クストリッツアが演じているのだが、相変わらず恐い顔をしてるのでなんだかとても説得力がある。 いわゆるスパイものと違って銃撃戦やカーアクションは一切無く、ただ機密書類をやり取りしたりするだけなんだけど、これがいくら地味でも命がけな事には変わりないわけで、実際はこういうものかと思うとハラハラする。 そんな二人のモチベーションが、国の利益や未来 ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2010年7月26日の週の公開作品
  3. 『フェアウェル さらば、哀しみのスパイ』