シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
レオニー
(C) レオニーパートナーズ合同会社
英題:
LEONIE
製作年:
2010年
製作国:
日本/アメリカ
日本公開:
2010年11月20日
上映時間:
配給:
角川映画
カラー/ドルビーSRD

チェック:世界的彫刻家イサム・ノグチの母親であるアメリカ人女性、レオニー・ギルモアの波乱の生涯を描いた伝記ドラマ。ドウス昌代による「イサム・ノグチ~宿命の越境者」に感銘を受けた『ユキエ』『折り梅』の松井久子監督が、14稿に及ぶ脚本の推敲(すいこう)を重ね7年の歳月をかけて完成させた。主演は、『マッチポイント』のエミリー・モーティマー、レオニーが愛した野口米次郎には歌舞伎俳優の中村獅童。そのほか原田美枝子、竹下景子、吉行和子など実力派が脇を固める。

ストーリー:編集者になりたいという夢を持っていたレオニー・ギルモア(エミリー・モーティマー)は、ある日日本から来た青年詩人・野口米次郎(中村獅童)と出会う。やがて、二人は愛し合うようになり彼女は妊娠するが、米次郎は日本へ帰国してしまう。 一人残されたレオニーは、未婚のまま子どもを産む決意をする。

レオニー
(C) レオニーパートナーズ合同会社

動画

映画『レオニー』予告編

ポスター/チラシ

  • 映画『レオニー』ポスター
    ポスター
  • 映画『レオニー』チラシ
    チラシ
  • 映画『レオニー』チラシ
    チラシ

前売券特典

  • 映画『レオニー』ポストカード
    ポストカード

※数量や販売期間が限定されていたり、劇場によっては取扱が無い場合があります。


スタッフ

監督・脚本:
原案: ドウス昌代
エグゼクティブプロデューサー: パトリック・アエロ / ジョイス・ジュン / 深津修一
撮影: 永田鉄男
照明: 佐野武治

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『レオニー』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 【邦画】レオニー from 映画動画・海外ドラマ動画 -無料動画み隊- (2012年2月29日 20時6分)
    【内容】世界的彫刻家イサム・ノグチの母親であるアメリカ人女性、レオニー・ギルモアの波乱の生涯を描いた伝記ドラマ。編集者になりたいという夢を持っていたレオニー・ギルモア ... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「レオニー」 from prisoner's BLOG (2010年12月14日 7時31分)
    イサム・ノグチが生まれるまでの両親のいきさつと父親の母国日本に渡ってからの母の苦労話と、イサムが大成して彫刻を作っているところがイメージ風に挟まったりして、特に前半ちょっと時制を交錯させすぎではないかと思うが、要するにヒロインのレオニーが息子(のちの)... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「レオニー」 イサムノグチという天才は、こうやって作られた。 from ゆきがめのシネマ、試写と劇場に行こっ!! (2010年12月2日 0時24分)
    先日、「レオニー」を観てきました。 ストーリーは、 1901年、米国の名門女子大学を卒業し教職に就いていたレオニー・ギルモアは、ニューヨークで新進気鋭の日本人詩人ヨネ・ノグチこと野口米次郎に雇われ念願の編集者になる。文学上のパートナーだった2人の関係はやがて恋愛 ...[外部サイトの続きを読む]
  • レオニー/彼女の生き方を観ていると疲れる from LOVE Cinemas 調布 (2010年11月25日 16時15分)
    世界的彫刻家イサム・ノグチの母親、レオニー・ギルモアの波乱の生涯を描いた伝記映画だ。ニューヨークで野口米次郎と出会い、イサムを出産し、来日と様々な環境に身を置きながらも息子を愛し続ける母親を演じるのは『マッチポイント』のエミリー・モーティマー、野口米次郎は歌舞伎俳優の中村獅童が演じる。監督は『ユキエ』、『折り梅』の松井久子。 ...[外部サイトの続きを読む]
  • レオニー from ダイターンクラッシュ!! (2010年11月23日 23時14分)
    2010年11月23日(火) 16:15~ TOHOシネマズプレミアスクリーン 料金:0円(フリーパス) パンフレット:未確認 『レオニー』公式サイト フリーパス22本目。 1900年初頭、ニューヨークに来ていた日本人詩人の編集者となり、そのうちに恋仲になり懐妊するが、日露戦争と同時に、日本人パッシング発生、「僕、国に帰る。」と、妊婦を置き去りに詩人は日本に帰ってしまった。 母親の住むカリフォルニアで息子を産み育てるが、息子は「ジャップ!」と差別される。抜け抜けと「日本に来い」という詩人の手紙を読み、 ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2010年11月15日の週の公開作品
  3. 『レオニー』