シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.
15歳以上がご覧になれます

スプリング・フィーバー

スプリング・フィーバー
英題:
SPRING FEVER
製作年:
2009年
製作国:
中国/フランス
日本公開:
2010年11月6日
(シネマライズ ほか)
上映時間:
配給:
アップリンク
カラー/HD/ドルビーSRD

チェック:『天安門、恋人たち』の上映をきっかけに中国電影局より5年間の映画製作・上映禁止処分を受けた監督ロウ・イエが処分を無視し、ゲリラ的に撮影を敢行したラブストーリー。南京の日常の中で紡がれる普遍的な愛の物語を描き、カンヌ国際映画祭で脚本賞を受賞。出演は、『回路』のチン・ハオら。検閲という束縛がないことで自由な映画製作を行えたというロウ・イエ監督が、寡黙ながらも激しい感情をデジタル映像にとらえた静かで穏やかな画面に注目だ。

ストーリー:夫ワン・ピン(ウー・ウェイ)の浮気を疑う女性教師リン・シュエ(ジャン・ジャーチー)は、その調査を探偵(チェン・スーチョン)に依頼し、相手がジャン・チェン(チン・ハオ)という青年であることを突き止める。夫婦関係は破たんし、ワンとジャンの関係も冷え込むが、その一方、探偵とジャンは惹(ひ)かれ合い始め……。

スプリング・フィーバー

動画

映画『スプリング・フィーバー』予告編

ポスター/チラシ

  • 映画『スプリング・フィーバー』ポスター
    ポスター
  • 映画『スプリング・フィーバー』チラシ
    チラシ
  • 映画『スプリング・フィーバー』チラシ
    チラシ

スタッフ

監督:
撮影・編集: ツアン・チアン

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『スプリング・フィーバー』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • [映画]「スプリング・フィーバー」 from みせもんぞめき! (2010年12月4日 2時53分)
    twitter上で「スプリング・フィーバー」という映画が、大阪で上映中止騒動になってるというのをたまたま知りました。そこらへんのまとめは【Together-「スプリング・フィーバー」上映中止騒動】を読んで頂く事にして、とりあえずどんな映画なの?って事で観てきましたよ。 ...[外部サイトの続きを読む]
  • 『スプリング・フィーバー』は愛をひたすらむさぼるよ。 from かろうじてインターネット (2010年11月21日 0時19分)
    今回は中国の問題作『スプリング・フィーバー』の感想です。  観に行った映画館は渋谷シネマライズ。火曜の安い日だったので、気合いをいれて早めに行ったら空いていました。一人客がほとんどで20... ...[外部サイトの続きを読む]
  • ロウ・イエ監督公式インタビュー:映画『スプリング・フィーバー』について from INTRO (2010年11月3日 4時4分)
    本作『スプリング・フィーバー』は、5年の製作禁止処分を無視し、家庭用デジタルカメラを使用してゲリラ的に南京で撮影を敢行。完成後、09年度カンヌ国際映画祭コンペティションで上映され、脚本賞を受賞した。フランスでの次回作製作の合間を縫って、日本でのロードショー公開に先立ち来日を果たしたロウ・イエ監督は、急激に変化を遂げる中国社会で愛を求め生きる若者についてインタビューに答えた。 2010年11月6日(土)より、渋谷シネマライズほか全国順次公開 ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「スプリング・フィーバー」 純粋な愛って、残酷ですよね。 from ゆきがめのシネマ、試写と劇場に行こっ!! (2010年10月22日 0時30分)
    今日は、「スプリング・フィーバー」の試写会に行ってきました。webDICE さんのレビュアー募集で当たりました。なんでも、中国で映画製作を5年間禁止されたロウ・イエ監督がこっそり作ったのかな?まだ、禁止処分中らしいんですけど、頑張っちゃったみたいです。どうして禁止さ ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2010年11月1日の週の公開作品
  3. 『スプリング・フィーバー』