シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.
人生万歳!
(C) 2009 GRAVIER PRODUCTIONS, INC.
英題:
WHATEVER WORKS
製作年:
2009年
製作国:
アメリカ
日本公開:
2010年12月11日
(恵比寿ガーデンシネマ ほか)
上映時間:
配給:
アルバトロス・フィルム
カラー/ビスタサイズ/SDDS

チェック:『それでも恋するバルセロナ』などの名匠、ウディ・アレン監督の通算40作目となるラブコメディー。久々に舞台をヨーロッパから古巣ニューヨークに移し、くたびれた中年男性と若い娘の奇妙な恋愛模様を映し出す。主役を務めるのは、アメリカを代表するコメディアンのラリー・デヴィッド。その恋人を『レスラー』のエヴァン・レイチェル・ウッドが熱演する。いかにも都会的ウイットに富んだ会話と、複雑な人間ドラマに笑いがこみ上げる。

ストーリー:かつて物理学でノーベル賞候補にもなったボリス(ラリー・デヴィッド)は、自殺を図るが失敗。命は助かったものの結局妻とも離婚し、大学教授の地位も失ってしまう。今では古いアパート住まいの彼はある晩、南部の田舎町から家出してきたメロディ(エヴァン・レイチェル・ウッド)という若い女性に同情し、家に上げるが……。

人生万歳!
(C) 2009 GRAVIER PRODUCTIONS, INC.

動画

映画『人生万歳!』予告編

写真ギャラリー

Sony Pictures Classics/Photofest/ゲッティ イメージズ

ポスター/チラシ

  • 映画『人生万歳!』ポスター
    ポスター
  • 映画『人生万歳!』チラシ
    チラシ
  • 映画『人生万歳!』チラシ
    チラシ

前売券特典

  • 映画『人生万歳!』「人生万歳!」オリジナルマグネット
    「人生万歳!」オリジナルマグネット

※数量や販売期間が限定されていたり、劇場によっては取扱が無い場合があります。


スタッフ

監督・脚本:

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『人生万歳!』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 人生万歳! from Some Like It Hot (2013年5月25日 0時21分)
    ■「人生万歳!/Whatever Works」(2009年・アメリカ) 監督=ウディ・アレン 主演=ラリー・デビッド エヴァン・レイチェル・ウッド パトリシア・クラークソン ヘンリー・カヴィル しばらくヨーロッパを映画の舞台にしてきたアレン先生が、「メリンダとメリン... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 人生万歳■ウディ・アレンの創作の原点は、... from 映画と出会う・世界が変わる (2011年5月2日 7時20分)
    ほぼストーリーが一段落して終盤に向かおうとするところで、主人公ボリスが窓ガラスを破って外に身を投げる。極めて楽天的にコミカルに展開してきて、結局は悲劇的に終わって皮肉な... ...[外部サイトの続きを読む]
  • ★ 『人生万歳!』 from 映画の感想文日記 (2011年4月7日 20時44分)
    2009年。アメリカ。"WHATEVER WORKS".   ウディ・アレン監督・脚本。  『サーティーン あの頃欲しかった愛のこと』の不良少女役で鮮烈なデビューを飾ったエヴァン・レイチェル・ウッド。その後もエドワード・ノートンと共演した『ダウン・イン・ザ ...[外部サイトの続きを読む]
  • 人生万歳! from キノ2 (2011年3月17日 20時32分)
    ★ネタバレ注意★  ウッディ・アレン監督が5年振りにNYを舞台に撮った映画で、しかも内容も70年代アレン風という、自家薬籠中、という言葉がぴったりの一本。  かつてはノーベル賞候補にもなった天才物理学者のボリス(ラリー・デヴィッド)は、あまりに厭世的で皮肉屋な性格が災いし、パニック症候群(暗闇恐怖症って言ってたな)のような症状にも見舞われて、知的で美人でリッチな妻には離婚され、NYの下町で冴えないひとり暮らし中。そんなボリスの下に、ある日家出娘のメロディ(エヴァン・レイチェル・ウッド)が転が ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「人生万歳!」 from 元・副会長のCinema Days (2011年3月13日 6時55分)
    (原題:WHATEVER WORKS)お笑い映画の優れた作り手として一世を風靡していた頃のウディ・アレンの持ち味が戻ってきたような快作だ。それもそのはずで、この作品の脚本はアレンが70年代半ばに書いたものらしい。ちょうどアカデミー賞を獲得した「アニー・ホール」を... ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2010年12月6日の週の公開作品
  3. 『人生万歳!』