シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.
レバノン
(C) 2009 METRO COMMUNICATONS / PARALITE PRODUCTIONS ARSAM INTERNATIONAL sarl / ARIEL FILMS GmbH ARTE FRANCE CINEMA All RIGHTS RESERVED
英題:
LEBANON
製作年:
2009年
製作国:
イスラエル/フランス/イギリス
日本公開:
2010年12月11日
(シアターN渋谷)
上映時間:
配給:
プライムウェーブ・ネクシード
カラー/ビスタ/DLP上映

チェック:1982年のレバノン戦争を舞台に、極限状況に置かれた4人のイスラエル軍兵士の壮絶な体験を描き、第66回ヴェネチア国際映画祭金獅子賞を受賞した戦争映画。同戦争に従軍したサミュエル・マオズ監督の実体験を基に、カメラが戦車内から外に出ない斬新なスタイルで、戦争の恐怖や人間の狂気をあぶり出す。砲撃で四散する兵士や、女・子どもを含む市民が無惨に殺されていく様子など、4人の戦車兵がスコープ越しに見る戦場の光景に言葉を失う。

ストーリー:イスラエルがレバノンに侵攻した1982年6月、前線に配置されたイスラエル軍の若き戦車兵4人。彼らは戦車のスコープ越しに、砲撃で吹き飛ばされる兵士や無惨に殺される市民たちなど、悪夢のような光景を目の当たりにする。やがて、対戦車弾の直撃を受け敵中に孤立した彼らの身にも危機が迫り、彼らはこの地獄から脱出しようとするが……。

レバノン
(C) 2009 METRO COMMUNICATONS / PARALITE PRODUCTIONS ARSAM INTERNATIONAL sarl / ARIEL FILMS GmbH ARTE FRANCE CINEMA All RIGHTS RESERVED

動画

映画『レバノン』予告編

ポスター/チラシ

  • 映画『レバノン』ポスター
    ポスター
  • 映画『レバノン』チラシ
    チラシ
  • 映画『レバノン』チラシ
    チラシ

スタッフ

監督・脚本:

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『レバノン』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • レバノン : リアルガチな…(出川先生的表現) from こんな映画観たよ!-あらすじと感想- (2012年9月27日 19時4分)
    オスプレイの沖縄配備に向けてのレールが着々と引かれております。広島市在住の私ですが、オスプレイの配備は個人的に賛成です(中国があれですから)。アメリカのキャンベル次 ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「レバノン」 from prisoner's BLOG (2011年12月7日 10時37分)
    ほとんど最初から最後まで視点が戦車の中から出ないという実験的な技法で作られているわけだが、ビデオで見ているとさすがにかったるい。 戦場あるいは戦争全体の像を見せるのはあらかじめ徹底して排除する方法論をとるのはいいとして、まったく動きはとれないし、画づら... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「レバノン」 from 映画レビュー等のmktの日記 (2011年2月3日 14時34分)
    Tweet <script language="javascript" src="http://ad.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/jsbanner?sid=2495062&pid=878224583"></script><noscript><a href="http://ck.jp.ap.valuec… ...[外部サイトの続きを読む]
  • レバノン from 映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP (2011年1月13日 0時29分)
    レバノン [DVD]レバノン戦争を題材に、実験的な手法で撮られた戦争映画。戦車内のスコープ越しに見る地獄絵図が圧倒的な迫力で迫ってくる。1982年、イスラエルがレバノンに侵攻し、若 ... ...[外部サイトの続きを読む]
  • レバノン/独特の演出で正に臨戦体験 from LOVE Cinemas 調布 (2011年1月4日 1時29分)
    2009年のヴェネチア国際映画祭金獅子賞授賞作品。1982年のイスラエルのレバノン侵攻が舞台。この戦争に実際に従軍したサミュエル・マオズ監督が自分の体験を元にして戦車の中から見た壮絶な戦場の様子を描き出した。非戦闘員であっても無残に殺されていく外の様子、精神的に追い詰められていく戦車の中の乗組員の様子にただ呆然と見入ってしまう。 ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2010年12月6日の週の公開作品
  3. 『レバノン』