シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
どなたでもご覧になれます

メアリー&マックス

公式サイト:http://maryandmax-movie.com
メアリー&マックス
(C) 2008 Screen Australia, SBS, Melodrama Pictures Pty Limited, and Film Victoria
英題:
MARY & MAX
製作年:
2008年
製作国:
オーストラリア
日本公開:
2011年4月23日
上映時間:
配給:
エスパース・サロウ
カラー/35ミリ

チェック:オーストラリアに暮らす少女とニューヨークに住む孤独な中年男性が、文通を通して20年以上にわたりきずなをはぐくんでいく様子を描いたクレイアニメーション。第76回アカデミー賞短編アニメ賞を受賞し、本作で長編デビューを果たすアダム・エリオット監督が、1日に4秒しか撮影できないコマ撮りの手法で独自の映像世界を撮り上げた。声優陣には『リトル・ミス・サンシャイン』のトニ・コレット、『カポーティ』のフィリップ・シーモア・ホフマンら豪華キャストがそろう。

ストーリー:メルボルンに暮らす8歳の少女メアリーは、ある日アメリカに住む誰かに手紙を送ろうと思い立ち、電話帳から選び出した人物に手紙を書き始める。そしてニューヨーク、人付き合いが苦手で一人孤独な日々を送っていた中年男マックスのもとに、オーストラリアから一通の手紙が届く。それを機に、メアリーとマックスの2つの大陸をまたいだ20年以上にわたる交流がスタートする。

メアリー&マックス
(C) 2008 Screen Australia, SBS, Melodrama Pictures Pty Limited, and Film Victoria

動画

映画『メアリー&マックス』予告編

ポスター/チラシ

  • 映画『メアリー&マックス』ポスター
    ポスター
  • 映画『メアリー&マックス』チラシ
    チラシ
  • 映画『メアリー&マックス』チラシ
    チラシ

スタッフ

監督・脚本:
視覚効果スーパーバイザー: マイケル・アレン

キャスト

(声の出演)
ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『メアリー&マックス』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 「メアリー&マックス」 from 映画レビュー等のmktの日記 (2012年4月8日 12時25分)
    関連記事はここ。 Tweet <script language="javascript" src="http://ad.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/jsbanner?sid=2495062&pid=878224583"></script><noscript><a href=&quot… ...[外部サイトの続きを読む]
  • メアリー&マックス from 映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評 (2012年1月27日 0時12分)
    メアリー&マックス [Blu-ray]クチコミを見るオーストラリア出身のアダム・エリオットはこれが長編映画監督デビューとなるが、初監督とは思えない完成度の高さ。決して可愛いとはい ... ...[外部サイトの続きを読む]
  • メアリー&マックス from ダイターンクラッシュ!! (2011年5月19日 1時58分)
    2011年5月18日(水) 21:30~ チネ3 料金:1200円(レイトショー料金) パンフレット:1000円(買っていない) 『メアリー&マックス』公式サイト クレイ・アニメ。 意固地で根性の悪い中年男が、何故か孤独な少女からの手紙が送られてきて、人生が変わっていくと、勝手に内容を想像していたのだが、そんな安易なものでなかった。 中年男と孤独な少女は合っているが、中年男はアスペルガー症候群という設定であり、20年以上に渡る交流で終わりのほうに大事件発生。 主役どころかすべてのキャラクターが可愛 ...[外部サイトの続きを読む]
  • 『メアリー&マックス』は素晴らしき差別主義の世界だよ。 from かろうじてインターネット (2011年5月9日 2時9分)
    今回は評判のオーストラリア産クレイアニメーション『メアリー&マックス』の感想です。  観に行った映画館は新宿武蔵野館。1000円の映画の日に行ったら30分前でしたが、案の定満席。また立見... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「メアリー&マックス」を観ましたよ from よだれ一滴 (2011年4月30日 23時21分)
    新宿武蔵野館で「メアリー&マックス」を観ましたよ。 "友達のいない少女と自閉症のオッサンが文通をする"という話を聞いた時、なんてクレイアニメに似つかわしくない内容かと思いましたが、いざ観たらこれはクレイアニメじゃないとダメだと納得させられた逸品。 決して明るい内容とは言えないというか、正直かなりの鬱展開なわけですが、もしこれが主人公たちの声を当てているフィリップ・シーモア・ホフマン&トニ・コレット自身が画面で演じてたとしたらもう目も当てられない辛気くさい映画になっていた気がする(まぁそれはそれで ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2011年4月18日の週の公開作品
  3. 『メアリー&マックス』