シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
どなたでもご覧になれます

ダンシング・チャップリン

公式サイト:http://www.dancing-chaplin.jp
ダンシング・チャップリン
(C) 2011フジテレビジョン / 東宝 / アルタミラ ピクチャーズ / 電通 / スオズ
製作年:
2010年
製作国:
日本
日本公開:
2011年4月16日
上映時間:
配給:
アルタミラピクチャーズ / 東京テアトル
カラー/アメリカンビスタサイズ/ドルビーデジタル

チェック:『Shall We ダンス?』などの周防正行監督が、『街の灯』『チャップリンの黄金狂時代』などチャールズ・チャップリン作品をフィーチャーしたバレエ作品「ダンシング・チャップリン」をテーマに、ドキュメンタリーとダンサーたちのパフォーマンスによる2部構成で表現した異色作。第1幕では振付家のローラン・プティと周防監督との打ち合わせや、草刈民代やルイジ・ボニーノといったダンサーたちの練習風景などクランクインするまでの舞台裏を明かし、第2幕ではパフォーマンスを映し出す。こだわりをぶつけ合う演出家と監督、一流のプロフェッショナルたちの華麗な競演と、一瞬たりとも目が離せない。

ストーリー:1991年初演のローラン・プティ振付、ルイジ・ボニーノ主演のバレエの名作「ダンシング・チャップリン」を、ルイジと草刈民代の共演で映画作品にする企画がスタートする。演出の構想を携えてプティのもとを訪れる周防正行だったが、プティは簡単には首を縦に振らない。そして本番。13演目からなるバレエのステージが幕を開ける

ダンシング・チャップリン
(C) 2011フジテレビジョン / 東宝 / アルタミラ ピクチャーズ / 電通 / スオズ

ポスター/チラシ

  • 映画『ダンシング・チャップリン』ポスター
    ポスター
  • 映画『ダンシング・チャップリン』チラシ
    チラシ
  • 映画『ダンシング・チャップリン』チラシ
    チラシ

スタッフ

監督・構成・エグゼクティブプロデューサー:
製作: 亀山千広
整音: 杉山篤
録音: 坂上賢治
演出補・編集: 尾形竜太
タイトルデザイン: 赤松陽構造
助監督: 板庇竜彦
製作担当: 須加卓巳
衣装・装置: ルイザ・スピナテッリ
ヘアメイク: 馬場利弘 / 小沼みどり
通訳・アシスタントプロデューサー: 名嘉地圭

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『ダンシング・チャップリン』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 『ダンシング・チャップリン』 映画という窮屈な芸術 from 映画のブログ (2011年7月23日 15時4分)
    乱立するシネコンのコンテンツ不足解消や差別化のためだろう、近年では映画ではないものもシネコンで上映されている。いわゆる「非映画デジタルコンテンツ」、ODS(Other Digital Stuff)というものだ。  ... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 【映画】ダンシング・チャップリン from step by step (2011年7月5日 22時23分)
    銀座の映画館の前を通るたびに、 山岸涼子さんの 「内情を知らない誰もが理解し感動する。 今までのバレエ映画の中で 最もエンターテイメントで、私の中のNO.1!」 というコピーが気になり、見に行っ... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 『ダンシング・チャップリン』はチャップリンのゾンビだよ。 from かろうじてインターネット (2011年6月5日 1時46分)
    今回は公開してから少し経ってしまいましたが周防正行監督の最新作『ダンシング・チャップリン』の感想です。  観に行った映画館は銀座テアトルシネマ。実は公開してから2回も脚を運んだのに、2回と... ...[外部サイトの続きを読む]
  • ダンシング・チャップリン:小生の好みはメイキング部分 from 大江戸時夫の東京温度 (2011年5月29日 23時17分)
    映画『ダンシング・チャップリン』は、周防正行監督がバレリーナ草刈民代の姿を何とし ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「ダンシング・チャップリン」 from 元・副会長のCinema Days (2011年5月12日 6時41分)
    つまらない。監督の周防正行の嫁御であるバレリーナの草刈民代の“引退映画”としての側面を持っていることは観る前から分かっていたので、何も“バレエの真髄”を追求するような類のシャシンではないことは納得出来る。しかし、これほどまでに訴求力の低い画面ばかり並べ... ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2011年4月11日の週の公開作品
  3. 『ダンシング・チャップリン』