シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.
ラビット・ホール
(C) 2010 OP EVE 2,LLC.All rights reserved.
英題:
RABBIT HOLE
製作年:
2010年
製作国:
アメリカ
日本公開:
2011年11月5日
(TOHOシネマズ シャンテ ヒューマントラストシネマ渋谷 ほか)
上映時間:
配給:
ロングライド
カラー

チェック:わが子の命を奪った少年との交流を通して悲しみを乗り越えようとする母親を、ニコール・キッドマンが演じる感動の人間ドラマ。ピューリッツァー賞受賞の戯曲を基に劇作家のデヴィッド・リンゼイ=アベアー自身が脚本を手掛け、『ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ』のジョン・キャメロン・ミッチェル監督が映画化。共演は、『サンキュー・スモーキング』のアーロン・エッカート、『ハンナとその姉妹』のダイアン・ウィースト。絶望の中でも前向きに生きようとする女性を体現したニコールの繊細な演技に魅了される。

ストーリー:郊外に暮らすベッカ(ニコール・キッドマン)とハウィー(アーロン・エッカート)夫妻は、愛する息子を交通事故で失った悲しみから立ち直れず、夫婦の関係もぎこちなくなっていた。そんなある日、ベッカは息子の命を奪ったティーンエイジャーの少年と遭遇し、たびたび会うようになる。

ラビット・ホール
(C) 2010 OP EVE 2,LLC.All rights reserved.

動画

映画『ラビット・ホール』予告編

ポスター/チラシ

  • 映画『ラビット・ホール』ポスター
    ポスター
  • 映画『ラビット・ホール』チラシ
    チラシ
  • 映画『ラビット・ホール』チラシ
    チラシ

スタッフ

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『ラビット・ホール』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • ラビットホール from Some Like It Hot (2012年9月9日 0時25分)
    ■「ラビットホール/Rabbit Hole」(2010年・アメリカ) 監督=ジョン・キャメロン・ミッチェル 主演=ニコール・キッドマン アーロン・エッカート ダイアン・ウィースト タミー・ブランチャード 最近、僕の身近な人が小学生のお子さんを交通事故で亡くされた。... ...[外部サイトの続きを読む]
  • Rabbit Hole (ラビット・ホール) from Cinema Review シネマ・レビュー (2012年5月9日 11時40分)
    Rabbit Hole (2010) ★★★☆☆ (USA) 日本語タイトル: ラビット・ホール official site: http://www.rabbit-hole.jp/ Starring: Nicole Kidman(ニコール・キッドマン), Aaron Eckhart(アーロン・エッカー... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「ラビット・ホール」  悲しみを乗り越え前に進め・゜゜・(≧д≦)・゜゜・。 from ジョニー・タピア Cinemas ~たぴあの映画レビューと子育て (2012年4月18日 0時2分)
    ラビット・ホール観ましたよ~(◎´∀`)ノ ラビットホール?ウサギの穴っすかね[ ...[外部サイトの続きを読む]
  • 【映画】ラビット・ホール from 映画動画・海外ドラマ動画 -無料動画み隊- (2012年2月29日 20時37分)
    【内容】郊外に暮らすベッカとハウィー夫妻は、愛する息子を交通事故で失った悲しみから立ち直れず、夫婦の関係もぎこちなくなっていた。そんなある日、ベッカは息子の命を奪った ... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「ラビット・ホール」 同じ苦しみを味わった者にしか、その気持ちは解らない。 from ゆきがめのシネマ、試写と劇場に行こっ!! (2012年1月12日 1時44分)
    今日は、「ラビット・ホール」を観てきました。 ストーリーは、 郊外に暮らすベッカ(ニコール・キッドマン)とハウィー(アーロン・エッカート)夫妻は、愛する息子を交通事故で失った悲しみから立ち直れず、夫婦の関係もぎこちなくなっていた。そんなある日、ベッカは息子の ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2011年10月31日の週の公開作品
  3. 『ラビット・ホール』