シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
クロエ
(C) 2009 Studio Canal All Rights Reserved.
英題:
CHLOE
製作年:
2009年
製作国:
カナダ/フランス/アメリカ
日本公開:
2011年5月28日
(TOHOシネマズ シャンテ ほか)
上映時間:
配給:
ブロードメディア・スタジオ / ポニーキャニオン
カラー/ビスタサイズ/ドルビーデジタル

チェック:『秘密のかけら』など独自の愛の世界を探求する鬼才、アトム・エゴヤン監督による官能サスペンス。何不自由ない生活を送りながら、夫の浮気疑惑によって自らを破滅へと追い込んでいく女性の悲しいさがを描き切る。孤独にさいなまれる主人公を体当たりで演じるのは、『キッズ・オールライト』のジュリアン・ムーア。魔性の娼婦(しょうふ)を、『ジュリエットからの手紙』のアマンダ・セイフライドが熱演する。2人の美女が織り成す危うい関係にゾクゾクする。

ストーリー:キャサリン(ジュリアン・ムーア)は産婦人科医として成功し、大学教授の夫(リーアム・ニーソン)と息子(マックス・シエリオット)と平穏に暮らしていた。だが、ある日彼女は夫と教え子の浮気を疑い始め、何も手につかなくなる。彼女は偶然出会った美ぼうの娼婦(しょうふ)クロエ(アマンダ・セイフライド)に夫を誘惑してほしいともちかけ……。

クロエ
(C) 2009 Studio Canal All Rights Reserved.

動画

映画『クロエ』よりアマンダ・セイフライドのセクシー動画
映画『クロエ』予告編

ポスター/チラシ

  • 映画『クロエ』ポスター
    ポスター
  • 映画『クロエ』チラシ
    チラシ
  • 映画『クロエ』チラシ
    チラシ

スタッフ

衣装デザイン: デブラ・ハンソン

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『クロエ』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 「クロエ」見てきました from Elwood覚書(ブログ版) (2011年7月17日 2時27分)
    この映画、ちょっと知名度が低いような気がしますんでまずは「シネマトゥデイ」より予告映像を。  先日書いた「今年見た映画」のリストを振り返り、改めて偏ってるなぁ…と感じたため、今回はあえてこの映画をチョイスしてみましたが、こんなもんでしょう(笑)... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「クロエ」 from 元・副会長のCinema Days (2011年6月23日 6時22分)
    (原題:CHLOE )いくつもの映画祭で受賞歴があり、芸術家肌と言われているアトム・エゴヤン監督作にしては、随分と下世話な題材のシャシンである。ただし、今までの同監督の映画は世評ほどには優れているとは思えない。私にとっては単に変化球が得意なスノッブな作家... ...[外部サイトの続きを読む]
  • クロエ from 映画三昧、活字中毒 (2011年6月21日 0時36分)
    ■ TOHOシネマズ シャンテにて鑑賞クロエ/CHLOE 2009年/アメリカ、カナダ、フランス/96分 監督: アトム・エゴヤン 出演: ジュリアン・ムーア/リーアム・ニーソン/アマンダ・サイフリッド/マックス... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「クロエ」 from 或る日の出来事 (2011年6月19日 6時27分)
    悪いのはあの人なのよ。他人(ひと)を使って旦那の浮気調査をしようなんて。 ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「クロエ」を観ましたよ from よだれ一滴 (2011年6月15日 18時19分)
    TOHOシネマズ シャンテで「クロエ」を観ましたよ。 旦那の浮気を疑う妻が、若く美しい娼婦クロエを雇って旦那を誘惑してみよう、というけしからんエロティック・サスペンス。エロティックって初めて書いた。 もちろん誘惑するだけは終わらずにすごく面倒な事になるわけですが、勝手にパゾリーニの「テオレマ」みたく他人が家に入り込んできて家族をブッ壊してしまうような理不尽な展開を期待したのが良くなかった。 家族に近づくクロエには純粋な動機がキチンとあるので「あぁそうなんだ」と変に納得してしまう。アトム・エ ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2011年5月23日の週の公開作品
  3. 『クロエ』