シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

それでも花は咲いていく

それでも花は咲いていく
(C) 2011「それでも花は咲いていく」フィルムパートナーズ
製作年:
2010年
製作国:
日本
日本公開:
2011年5月7日
(テアトル新宿 ほか)
上映時間:
配給:
ケイダッシュ ステージ リンクライツ
カラー/ビスタサイズ/DTSステレオ

チェック:人には言えない心の悩みを抱く3人の男たちを主人公に、それでも力強く生きていこうとする姿を優しいまなざしで見つめるオムニバス・ムービー。ゲイを公言するものまね芸人で俳優の前田健が、セクシャル・マイノリティーの人々をテーマにした自身の小説から3編のエピソードを初脚本化、初監督も務めて映画化に挑み、渾身(こんしん)の人間ドラマを創出した。ナイーブでデリケートな問題を扱いながらも、それが誰の心の中にも隠されている普遍的な悩みや問題として提起することで、現代人の心の物語に仕上げた前田の手腕が光る秀作だ。

ストーリー:小学生の教え子にしでかした罪を背負う元有名進学塾の講師だった男(仁科貴)、容姿の醜さによって人に拒絶されて以来、他人の部屋に侵入することに生きがいを感じる男(滝藤賢一)、そしてなくした最愛の母親へ思いをはせる男(平山浩行)。人に言えない苦しみを抱えながら、彼らはそれぞれの人生に向き合いながら生きていた。

それでも花は咲いていく
(C) 2011「それでも花は咲いていく」フィルムパートナーズ

動画

映画『それでも花は咲いていく』予告編

ポスター/チラシ

  • 映画『それでも花は咲いていく』ポスター
    ポスター
  • 映画『それでも花は咲いていく』チラシ
    チラシ
  • 映画『それでも花は咲いていく』チラシ
    チラシ

スタッフ

監督・原作・脚本:
撮影: 西垣文順

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『それでも花は咲いていく』の映画ニュース

  • 俳優の佐藤二朗が26日、同日に虚血性心不全のため亡くなったお笑いタレントで俳優の前田健さんをTwitterでしのんだ。 佐藤は「まだ言葉にならないが、これだけはその才を知...し、前田さんが監督・原作・脚本を務めた『それでも花は咲いていく』にも出演するなど親交があったようだ。...
  • 44歳の若さで亡くなったお笑いタレント・前田健さんのTwitterには、ファンの悲痛な思いや哀悼の書き込みが多数寄せられている。 新宿の路上で倒れ、心肺停止の状態で救急搬...した自身の小説を基に脚本を手掛けた映画『それでも花は咲いていく』で監督デビューも果たしていた。(清水一...
  • 前田健、仕事増やしたいと懇願!?「振付の仕事は僕の全収入の4分の1ぐらいなので…」
    3日、映画『あぜ道のダンディ』の石井裕也監督と芸人・前田健のトークショーが、テアトル新宿にて行われ、石井監督がこだわりを持っている劇中での歌とダンスのシーンにまつ...。そのダンスの振り付けをしたのが、映画『それでも花は咲いていく』で初メガホンを取った芸人であり振付師の...

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 映画『それでも花は咲いていく』★花のように生きていかれたら、いいのにね… from **☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆** (2012年10月17日 19時50分)
            公式サイトです。 http://www.soredemohanawasaiteiku.com/   作品について http://cinema.pia.co.jp/title/156368/ ↑ あらすじ・クレジットはこちらを参照ください。     監督の前田健さんが、ゲイだとか、原作本を出版されていたとかは... ...[外部サイトの続きを読む]
  • それでも花は咲いていく from 佐藤秀の徒然幻視録 (2011年5月18日 22時37分)
    公式サイト。前田健原作・監督、仁科貴、滝藤賢一、平山浩行、南野陽子、冨家規政、カンニング竹山、佐藤二朗、ダンカン、酒井敏也、小木茂光、麻生祐未。人には言えないセクシャ ... ...[外部サイトの続きを読む]
  • それでも花は咲いていく from シネマDVD・映画情報館 (2011年5月6日 8時32分)
    それでも花は咲いていく 監督・脚本・原作: 前田健 出演: 仁科貴/滝藤賢一/平山浩行/南野陽子/冨家規政/カンニング竹山/ 佐藤二朗/ダンカン/酒井敏也/小木茂光/麻生祐未 内容: 過去に小学生の教え子にしてはいけないことを起こした罪を背負いながら、自分の許されない恋愛に悩む元有名進学塾の講師だった男、容姿の醜さから人に拒絶されて以来、人を避けながら他人の部屋に侵入することに生きがいを感じる男、そして最愛の母親を突然失い、呆然とした時間を過ごしながら過去の母親に思いをはせる男。一見否定されそ... ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2011年5月2日の週の公開作品
  3. 『それでも花は咲いていく』