シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

エッセンシャル・キリング

公式サイト:http://www.eiganokuni.com/EK/
エッセンシャル・キリング
(C) Skopia Film, Cylinder Production, Element Pictures, Mythberg Films, Syrena Films, Canal+ Poland. All rights reserved.
英題:
ESSENTIAL KILLING
製作年:
2011年
製作国:
ポーランド/ノルウェー/アイルランド/ハンガリー
日本公開:
2011年7月30日
上映時間:
配給:
紀伊國屋書店 / マーメイドフィルム
カラー/35ミリ/ビスタサイズ/ドルビーデジタル

チェック:前作『アンナと過ごした4日間』で久々に復帰したポーランドの巨匠イエジー・スコリモフスキ監督によるサバイバル・アクション。アフガニスタンでアメリカ兵を殺害し、アメリカ軍に追われるアラブ兵の逃亡劇を83分間セリフなしで撮り上げ、第67回ヴェネチア国際映画祭で審査員特別賞と最優秀男優賞を受賞した。飢えと闘い、傷も負った極限状態で大自然の中を逃げ回る主人公を、顔の表情と肉体のみで表現したヴィンセント・ギャロの鬼気迫る演技は必見。

ストーリー:アフガニスタンの荒野を一人さまよっていたムハンマド(ヴィンセント・ギャロ)は、アメリカ軍に捕らえられる。激しい尋問を受けた後、別の場所へ移送中に事故に遭い、その混乱に乗じて彼は逃げ出す。民間人を殺し、車を奪い、雪に閉ざされた深い森をやみくもに逃げ続けるムハンマドは、やがて森の中に一軒の家を見つける。

エッセンシャル・キリング
(C) Skopia Film, Cylinder Production, Element Pictures, Mythberg Films, Syrena Films, Canal+ Poland. All rights reserved.

ポスター/チラシ

  • 映画『エッセンシャル・キリング』ポスター
    ポスター
  • 映画『エッセンシャル・キリング』チラシ
    チラシ
  • 映画『エッセンシャル・キリング』チラシ
    チラシ

前売券特典

  • 映画『エッセンシャル・キリング』A3ポスター
    A3ポスター

※数量や販売期間が限定されていたり、劇場によっては取扱が無い場合があります。


スタッフ

監督・製作・脚本:
ヘアスタイリスト: ガブリエラ・ネーメト

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『エッセンシャル・キリング』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 「エッセンシャル・キリング」 逃げるという事は・・(u_u。) from ジョニー・タピア Cinemas ~たぴあの映画レビューと子育て (2012年5月22日 0時2分)
    今回はひたすら逃げる映画・・・ ちょっと古いです[E:sweat01] 第67回 ...[外部サイトの続きを読む]
  • エッセンシャル・キリング ▲ from どんくらの映画わくわくどきどき (2012年3月1日 2時53分)
    まったく知らない土地をひたすら逃げる男。生きるために蟻や木の皮まで食べ、たまたま出会った女の乳を吸いひたすら生き延びようとする。崖を滑り落ちる場面、水中の場面、森の中の白い馬など、かなり悲惨な映... ...[外部サイトの続きを読む]
  • エッセンシャル・キリング from 映画とライトノベルの日常自販機 (2012年1月10日 10時12分)
    “虚飾を極限まで削り落とした、生々しい生への執着” おすすめ度:★★★★☆ 移送の車から逃げることができたムハンマドは、捕虜用の服に手錠をはめられ裸足です。彼は衣類や靴を手に入れるため、民間人を殺し、その車を奪って、森に逃げ込みます。 移送中は目隠しをされていたこともあり、ムハンマドは自分がどこにいるかすらわからないまま、ハングリーに生き延びることを求めて、雪山をさまよいます。 そして、軍用犬を連れたアメリカ兵が追跡する中、狩猟用のわなに足を挟まれたり、崖で足を滑らせ川に落ちたりし、傷つきながらもな... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 【映画】 エッセンシャル・キリング from 別冊 社内報 (2011年11月11日 16時20分)
    「アンナと過ごした4日間」のイエジー・スコリモフスキ監督作品。 「バッファロー'66 」で無骨だったヴィンセント・ギャロが、無言でひたすら逃げます。 脱走とか逃亡とか、追われる映像は、それだけでドキドキします。 本作では事故やギリギリのところでの滑落など、場面ごとで逃げきります。さすが映画。 飢えのあまり蟻を食べ、木の皮を剥ぎ、釣り人の魚をパクり、通りすがりの母乳さえ厭いません。 このくらいになると、映画だからか本能なのかわかりませんが。 「潜水服は蝶の夢を見る」で元妻を演じたエマニ ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「エッセンシャルキリング」イェジー・スコリモフスキと「127時間」「ゴーストライター」 from 清義明のブログ Football is the weapon of the future REDUX (2011年9月17日 19時19分)
    スコリモフスキーの監督復帰後の二作目。 前作「アンナも過ごした四日間」と本作「エッセンシャルキリング」の物語構造はほとんど同じ。 無垢な人間が獰猛に転じていく、奇妙な必然を巡る... ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2011年7月25日の週の公開作品
  3. 『エッセンシャル・キリング』