シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
リメンバー・ミー
(C) 2010 Summit Entertainment, LLC.
英題:
REMEMBER ME
製作年:
2010年
製作国:
アメリカ
日本公開:
2011年8月20日
(シネマート新宿)
上映時間:
配給:
ツイン
カラー/1:1.85/ドルビーデジタル

チェック:ニューヨークを舞台に、兄の死や父親との深い溝のために厭世的になっている青年を主人公に、恋愛や家族とのきずな、喪失と再生を感動的に描くヒューマン・ドラマ。『トワイライト』シリーズのロバート・パティンソンが陰のある青年を熱演するほか、ピアース・ブロスナンやクリス・クーパーなど演技派俳優が共演。監督は、『ハリウッドランド』のアレン・コールター。若者が抱える孤独感や葛藤(かっとう)、さらには衝撃のラストに胸が熱くなる。

ストーリー:2001年、ニューヨーク。NYUの聴講生タイラー(ロバート・パティンソン)は6年前に兄を失った喪失感から抜け出せず、家族を顧みない父(ピアース・ブロスナン)に反発していた。ある日、ひょんなことから言葉を交わしたアリー(エミリー・デ・レイヴィン)と親しくなったタイラー。家族のことで傷ついた過去を持つ2人は、強烈に惹(ひ)かれ合っていくが……。

リメンバー・ミー
(C) 2010 Summit Entertainment, LLC.

動画

映画『リメンバー・ミー』予告編

スタッフ

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『リメンバー・ミー』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 『リメンバー・ミー』忘れることなどできないから from Healing (2011年11月6日 2時54分)
    リメンバー・ミー ★★★★4・5 まだまだ全国順次公開中でした。 ロバート・パティンソンの本気。 青春ラブストーリーを越えた、 “生きる”ことを考えさせられる良作。 これは、内外でも賛否両論。 私は『トワイライト』ロブ(ロバート・パティンソン)派でも、 テイラー(・ロートナー)派でもありません。 どちらかというと、ロブはちょっと ...[外部サイトの続きを読む]
  • リメンバー・ミー/愛、家族の絆、3千分の1の真実 from LOVE Cinemas 調布 (2011年9月15日 3時11分)
    「トワイライト」シリーズのロバート・パティンソンが製作総指揮と主演の2役を務める青春ラブストーリー。自殺で兄を失った喪失感、家族に対する父の想いへの不満を抱える青年と、10年前に母を殺された少女が恋に落ちる。2人の付き合いの中で青年は家族との絆を取り戻してゆくのだった…。共演にピアース・ブロスナンやクリス・クーパーといったベテランが出演している。監督はアレン・コールター。 ...[外部サイトの続きを読む]
  • 【映画】リメンバー・ミー from step by step (2011年9月1日 21時38分)
    大切な人を失った喪失感と なんとか折り合いをつけながら生きている二人が、 出会い、惹かれあっていく姿が、 それぞれの家族との関係と共に、 真摯に描かれている映画でした。 ニューヨーク、 セ... ...[外部サイトの続きを読む]
  • Remember me / リメンバー・ミー from Beautiful Life (2011年9月1日 21時11分)
    エドワード@トワイライトのロバート・パティンソンが 主演する映画、Remember me (リメンバー・ミー) を観賞して参りました。 エドワードを引き摺っているのかと思いきや、 立派に、モラトリアムを生きる人間の青年を 演じていました。 当たり前か^^ ロブが出る!と ...[外部サイトの続きを読む]
  • リメンバー・ミー (2010) ▲ from どんくらの映画わくわくどきどき (2011年8月27日 3時20分)
    兄を自殺で失った青年と目の前で母親を殺された娘が出会う。青年の周囲で様々な問題が起きていく。青年の行動がひどく感情的で理性的ではなくついていけない。青年は、娘に対しても真実を打ち明けようとせず成... ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2011年8月15日の週の公開作品
  3. 『リメンバー・ミー』