シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
小学生には助言・指導が必要

チェルノブイリ・ハート

チェルノブイリ・ハート
英題:
CHERNOBYL HEART
製作年:
2003年
製作国:
アメリカ
日本公開:
2011年8月13日
(ヒューマントラストシネマ渋谷 ほか)
上映時間:
配給:
ゴー・シネマ
カラー

チェック:チェルノブイリ原発事故から16年後の2002年、“ホット・ゾーン”と呼ばれる高濃度汚染地域の現実に迫り、第76回アカデミー賞ドキュメンタリー短編賞を受賞した話題作。ベラルーシのホット・ゾーンに住み続ける住民たちの姿をとらえ、16年たっても続く被爆被害の事実を追う。監督は、ドキュメンタリー作家のメアリーアン・デレオ。放射線治療の現場、小児病棟、乳児院など、注目すべき映像がつづられていく。

ストーリー:チェルノブイリ原発事故後初めて故郷に帰った青年は、廃虚となった自宅アパートへ向かう。爆心から3キロの強制退去地域は、何もかもを台無しにした事故が起こった1986年で時間が止まったままだ。色あせた1986年のカレンダーを見つめ、彼は「近親者の10人がガンで死んだ。放射能とは無関係だとおれが信じると思う?」とつぶやく。

チェルノブイリ・ハート

ポスター/チラシ

  • 映画『チェルノブイリ・ハート』ポスター
    ポスター
  • 映画『チェルノブイリ・ハート』チラシ
    チラシ
  • 映画『チェルノブイリ・ハート』チラシ
    チラシ

スタッフ

監督・プロデューサー:
ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『チェルノブイリ・ハート』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 「チェルノブイリ・ハート」に描かれる犠牲... from 映画と出会う・世界が変わる (2011年9月3日 22時28分)
    生まれ育った故郷に永久に住めなくなる、それがなくなるということはどのようなことだろうか?何の落ち度もないのに、故郷を追われ、永久に住めなくなるとはどういうことなのか。そ... ...[外部サイトの続きを読む]
  • チェルノブイリ・ハート(2003+追加編集) from 佐藤秀の徒然幻視録 (2011年8月22日 20時25分)
    公式サイト。英題:CHERNOBYL HEART。メアリーアン・デレオ監督、アディ・ロシュ、クリストフ・ビッソン。タイトルは1986年4月26日以降、周辺地域で多く発生していると言われる乳児の心臓 ... ...[外部サイトの続きを読む]
  • チェルノブイリ・ハート/四半世紀後の日本でないと誰が言えるの? from LOVE Cinemas 調布 (2011年8月16日 0時9分)
    2003年の第76回アカデミー賞短編ドキュメンタリー授賞作品。1986年4月26日に起こったチェルノブイリ原発事故から16年、しかしウクライナ・ベラルーシ・ロシアには約100ヶ所のホットスポットが未だ存在する。ドキュメンタリー作家のメアリーアン・デレオ監督がベラルーシの子供たちを中心に、被曝被害の現実を描き出した問題作だ。 ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2011年8月8日の週の公開作品
  3. 『チェルノブイリ・ハート』