シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.
47RONIN
(C) Universal Pictures
英題:
47 RONIN
製作年:
2013年
製作国:
アメリカ
日本公開:
2013年12月6日
上映時間:
配給:
東宝東和
カラー

チェック:世界的スター、キアヌ・リーヴスを主演に迎え、歌舞伎や映画、ドラマなどで不動の人気を誇る「忠臣蔵」を大胆にアレンジしたアクションファンタジー。非業の死を遂げた主君の敵を討つべく集まった47人の浪士と異端の混血のサムライが協力し、数々の試練を乗り越え決死の戦いに臨むさまを描く。監督は、CMなどを手掛けてきた新鋭カール・リンシュ。共演には国際的に活躍する真田広之、浅野忠信、菊地凛子のほか、本作でハリウッド作初出演の柴咲コウに加え、赤西仁も名を連ねる。

ストーリー:大石(真田広之)率いるサムライたちは、吉良(浅野忠信)とミステリアスな女ミヅキ(菊地凛子)のたくらみによって主君を殺され、自然が豊かな赤穂の領地を追われてしまう。さらなる謀略を企てる吉良の野望を阻止し、主君の敵を討つべく集まった47人の浪士たちは、はぐれ者の混血青年カイ(キアヌ・リーヴス)と手を組むことに。わずかな人数の彼らは、明らかに戦力差のある敵の軍勢の戦いに命を賭して身を投じる。

47RONIN
(C) Universal Pictures

映画短評

  • なかざわひでゆき
    角川映画的な無国籍時代劇ファンタジー
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     「忠臣蔵」の映画化というより、赤穂浪士の討ち入りをネタにした無国籍時代劇ファンタジーである。ノリとしては深作版「里見八犬伝」といったところだろうか。鎧兜は中国もどきも混じっているし、柴咲コウ扮するお姫様の着物はヨーロッパ+韓流。なんというか、豪華な具材ばかりを使ったごった煮鍋といった感じだ。

     しかしながら、物語の中核をなす武士道精神は意外にも本格派。切腹シーンなどを見ていても、作り手が必ずしも不勉強なわけではないように思える。あえて狙った荒唐無稽と言うべきか。キアヌが異端の混血児という設定にも違和感はなく、純粋な時代劇の魅力さえ求めなければ、これはこれで普通に楽しめる特撮娯楽映画だ。個人的には久しぶりに文句なくカッコいい真田広之を見られたことも嬉しい。それもやはり、往年の角川映画的エッセンスのおかげ…(笑)?

  • くれい響
    こんな世界観なのに、マジメに「忠臣蔵」描いてみました
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     ワーナーの『ラストサムライ』に続けと、日本でトム・クルーズ並に根強い人気のキアヌ・リーヴスを配してユニバーサルが挑んだ時代劇大作…になるはずだった本作。『ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT』の脚本家起用や。追撮からなる公開延期などから、同じく真田広之が出演し、中国映画界の笑いものとなった『PROMISE無極』級のトンデモか?という期待が高まったが、さらに残念な仕上がりに。

    『もののけ姫』リスペクトな怪物との戦いなど、序盤ではそれなりにトンデモ感を煽るが、その後は“できるだけ「忠臣蔵」を忠実に、マジメに描いてみました”という予想だにしない展開が待ち受ける。なぜか『日陰のふたり』『鳩の翼』の脚本家がいることで、こんな事態になった感があるが、かといって、CM界出身の新人監督にオリジナルが持つカタルシスを描く力量なんてない。その結果、延々薄っぺらいコスプレ芝居を見せられる始末。そんななか、一人ファンタジー要素を担う大役を背負わされ、テンション高めで奮闘の菊地凜子。心の中で、もうちょい「ジプシーデンジャー」にいれば…と叫びたくなるほど空しい。

  • 相馬 学
    怪作になりきれない、ある意味マジメなファンタジー
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     キアヌ・リーブス主演で忠臣蔵を撮るという発想。それだけで、『キル・ビル』的なトンデモ日本を期待してしまう方は多いだろう。かく言う筆者も、笑う気満々で向き合ったのだが、これが意外にも堅実な作りで肩透かし。

     忠臣蔵の肝というべき、仇討のベースになる忠義の精神にはブレがない。四十七士のひとりである、キアヌふんする異種と、他の浪士たちの間に生じる葛藤も必然的で、その間の溝を埋めつつ仇討という共通の目的のために立ち上がる展開も、丁寧に描かれている。スピリットやドラマの点では、頑張っている部類と言えるだろう。

     しかし忠臣蔵のイメージがこびりついている日本人としては、天狗や妖術などの非現実な要素や、血のり皆無の剣劇に引っかかりを抱かずにいられない。将軍が赤穂に何度も足を運ぶのも不自然だし、キアヌ以外の主要キャストが日本人であるにもかかわらず、セリフがすべて英語である点にも違和感がある。忠臣蔵をファンタジーとして描いたといえなくもないが、マジメな作りとトンデモな展開が噛み合っているとは思えず一歩引いて見てしまう。忠臣蔵に触れたことのない若い観客は、この映画をどう見るのだろう?

  • 中山 治美
    真っ当なのが功を奏すか?仇となるか?
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     先に公開された米国版予告編から珍品臭を嗅ぎ取り、いろんな意味で期待に胸を膨らませている人も多いはず。だが、基本スートーリーは良くも悪くも真っ当な「忠臣蔵」。大石内蔵助役の真田広之は『ラストサムライ』よ再び…のごとく凛々しく、浅野内匠頭の娘役の柴咲コウは、海外の日本女性に対する美意識を変えてしまうのではないか?と思えるほど美しい。しかし、そこが際立ってしまってはダメなのだ。本作が目指してたのは、魑魅魍魎が漂う異世界を最新VFXを使って表現したネオ「忠臣蔵」だったはず。だが肝心の、異端児キアヌや、゛日本のヘレナ・ボナム=カーター゛ことクレージーな役ならお任せ!の菊地凛子の暴れっぷりが物足りなくて、消化不良。いっそキアヌを大石役にしても゛無問題゛だったと思うが、゛とんでもニッポン゛を恐れるあまりに腰が引けたか? もっとも「忠臣蔵」を知る日本人と違い、海外の人にはこれでも新鮮に写るのかもしれないが。
     しかし解せないのは、予算オーバーに追加撮影と、なぜにこの映画に製作時間がかかったのか? むしろ元のバージョンが観たくなった。

動画

映画『47RONIN』CMスポット「俺は、ひとりぼっちじゃない!」篇
映画『47RONIN』予告編

ポスター/チラシ

  • 映画『47RONIN』ポスター
    ポスター

前売券特典

  • 映画『47RONIN』特製メモパッド
    特製メモパッド

※数量や販売期間が限定されていたり、劇場によっては取扱が無い場合があります。


スタッフ

脚本・原案: クリス・モーガン
原案・製作総指揮: ウォルター・ハマダ
プロダクション・デザイン: ヤン・ロールフス
本編字幕監修: 冲方丁

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『47RONIN』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 『47RONIN』を観た【映画】キアヌ・リーヴス、真田広之ら豪華キャストが集結!忠臣蔵をモチーフにしたアクションファンタジー巨編 from カフェビショップ (2014年5月5日 20時7分)
    いや~、悪くはないんすけどねえ。 ファンタジーとして見ればそこそこ見れるんすけどねえ。 でもどうしても、 これって忠臣蔵である必要まったくないな っていう思いが見ててずっと頭に浮かぶんだよなあ。 忠臣蔵でなくてもいいっていうのは、 忠臣蔵のおもしろいポ… ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「映画【47RONIN】を観た / ウチイリ!ハラキリ!サムライ!ニンジャ!!!」 from NEW WAY.NEW LIFE (2014年4月9日 8時44分)
    Pictures & Photos from 47 Ronin (2013) - IMDb via kwout映画【47RONIN】をレンタルして観てたので、感想を少し ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「47 RONIN」:謎の中華ジャパン from 大江戸時夫の東京温度 (2014年1月7日 23時29分)
    映画『47 RONIN』って、いやー、ヘンなもの作りましたねえ。ほとんど『忠臣蔵 ...[外部サイトの続きを読む]
  • 映画「47RONIN」どっちつかずの失敗作だった from soramove (2013年12月31日 19時58分)
    映画「47RONIN」★★☆ キアヌ・リーブス、真田広之、 柴咲コウ、浅野忠信、 菊地凛子、赤西仁出演 カール・リンシュ監督 121分、2013年12月6日より公開 2013,アメリカ,東宝東和 (原題/原作:47 RON) <リンク:<a href="http://blog.with2.net/link.php?38257">人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい← 「ハリウッドで新たな世界観によって描いた 『忠臣蔵』が、この作品、 別物と思って見た ...[外部サイトの続きを読む]
  • 47RONIN from 映画レビューブログ (2013年12月16日 20時3分)
    なんとも残念な印象です。アクションファンタジーということですが、予告編を見てある程度わかってはいたものの、"忠臣蔵"をベースにしている割には、天狗や魔物(?)、妖術など理解 ... ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2013年12月2日の週の公開作品
  3. 『47RONIN』