シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

チェック:怪獣映画の傑作として映画史に名を残す『ゴジラ』を、ハリウッドが再リメイクした超大作。突如として出現した怪獣ゴジラが引き起こすパニックと、ゴジラの討伐に挑む人類の姿を壮大なスケールで活写する。メガホンを取るのは、『モンスターズ/地球外生命体』のギャレス・エドワーズ。キャストには『キック・アス』シリーズなどのアーロン・テイラー=ジョンソン、『ラスト サムライ』などの渡辺謙ら実力派が結集。ゴジラの暴れぶりもさることながら、凶悪度の増したデザインに息をのむ。

ストーリー:1999年、日本。原子力発電所で働くジョー(ブライアン・クランストン)は、突如として発生した異様な振動に危険を感じて運転停止を決意。だが、振動は激しさを増して発電所は崩壊し、一緒に働いていた妻サンドラ(ジュリエット・ビノシュ)を亡くしてしまう。それから15年後、アメリカ軍爆発物処理班の隊員である、ジョーの息子フォード(アーロン・テイラー=ジョンソン)は、日本で暮らす父を訪ねる。原発崩壊事故の原因を調べようと侵入禁止区域に足を踏み入れた二人は、そこで思いも寄らぬ光景を目にする。

GODZILLA ゴジラ
(C) 2014 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. & LEGENDARY PICTURES PRODUCTIONS LLC

映画短評

  • ミルクマン斉藤
    出し惜しみの美学をちょっと徹底させすぎだが(笑)。
    ★★★★
    »読む«閉じる

    シリーズ再始動を高らかに宣言する作品だ。ゴジラを真正面から扱うとなると避けて通れない核の問題も、一作目の意思を引き継ぎながらもその後の展開(つまりはVSものになるということだ)へのリスペクトと結びつくかたちでヒネリが加えられ、より重層性を増している。ガイア理論に基づいて、怪獣を「聖獣」あるいは「思念の集合体」として示した金子修介の「ガメラ三部作」と『ゴジラ・モスラ・キングギドラ 大怪獣総攻撃』の影響はとりわけ濃厚に感じられ、巨大生物を捉える金子流のアングルも理想的。惜しむらくはA.T-ジョンソン君ほど怪獣の出番が多くないこと。ニュース画面で1ラウンドを処理しちゃうってあんまりじゃない?

  • くれい響
    『パシリム』同様、“分かってる”監督による怪獣映画
    ★★★★
    »読む«閉じる

    怪獣愛やエンタメ魂は確かにローランド・エメリッヒにもあったと思うが、ギャレス・エドワーズはバックボーンである、ドラマをしっかり描ける監督である。だからこそ、冒頭の発電所事故に伴う夫婦の別れのシーンから観客の気持ちをつかみまくる。
    しかも、’54年版をベースに、そしてリスペクトしながら、『ゴジラ・モスラ・キングギドラ 大怪獣総攻撃』に「平成ガメラ三部作」と、間違いなく面白かった金子修介監督作の影響も色濃い。もちろん『パシフィック・リム』同様、“敵”との戦いの状況をしっかり魅せる。もうこれは“分かってる”監督による最高級の怪獣映画といえるだろう。ただ惜しむべきは、3Dである必要がほとんどないこと!

  • 清水 節
    人間社会を戒め破壊し、再生をも促す大自然の摂理としてのゴジラ
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     核の申し子である出自に向き合い、時代の不安をすくい取り、3.11後へ警鐘を鳴らす。国土破壊をトラウマとする日本が生んだゴジラ映画の魂を、しっかりと継承してくれた。深遠なテーマを内包しながらも、恐怖を醸成するエンターテインメントとしても抜かりない。大怪獣バトルによるスペクタクルは、戦争映画や災害パニック映画並みに凄絶を極める。完璧に描いても想像力を働かせる余地なきVFXが増える中、本作は群を抜く。もういちど怪獣の存在を信じさせ、畏敬の念さえ抱かせるのだ。善悪を超えて人間社会を戒め、再生をも促す大自然の摂理としてゴジラの存在を捉えた演出が素晴らしい。去りゆく彼の背中は観る者に多くを語るだろう。

  • 山縣みどり
    人間が犯した罪を背負わされながらも戦うゴジラに感謝!
    ★★★★
    »読む«閉じる

    放射能で変異した怪獣ゴジラが人間に排除される実に不条理な『ゴジラ』誕生から60年後、ハリウッドがゴジラ像の原点回帰に挑んだことにまず好感を抱いた。もちろん原子力発電所のメルトダウンや廃墟となった街並み映像など今の日本人にとっては見るのが辛いシーンも多いが、原爆や水爆に関するアメリカ人のデリカシーの欠如は昔からだからね。特撮もデジタル化されてはいるものの、ゴジラと敵のがちんこ勝負は「何が起こってるの?」的な最近の特撮アクションと大違いで、手に汗握る迫力だ。そしてお約束の「人間って身勝手」と思わせる展開もクレバー。人類が犯した罪を背負わされ、なおかつ人類を救うゴジラに感謝しなくてはね!

  • 中山 治美
    米国版が放つメッセージに日本人はどう応えるべきか
    ★★★★
    »読む«閉じる

     1954年の水爆実験はゴジラを倒すためだった??という設定は、ドキュメンタリー映画『X年後』が指摘していたように、第五福竜丸以外への影響も甚大だっただけに複雑な思いを抱く日本人も多いだろう。だが、その怪獣が再び表れた時、人類は同じ過ちを繰り返すのか?というテーマしかり、自然の脅威や自分たちが制御出来ないモノを作りそれに振り回される人間の愚かさもまざまざと見せつけ、これは、震災も原発事故も風化しつつある日本人への痛烈なパンチである。
     っていうか、本来はこうした映画を日本が発信しなきゃいけないんじゃないの?という忸怩たる思いがヒシヒシ…。ゴジラよ、日本映画界のお偉方も覚醒させてくれ。

  • なかざわひでゆき
    今なぜゴジラなのかが明確な、意義あるリメイク
    ★★★★
    »読む«閉じる

     太平洋戦争の記憶醒めやらぬ’54年に誕生したゴジラが、当時の核兵器開発競争に対する大自然の怒りを象徴する存在だったとすれば、今回の矛先は原子力エネルギー問題に向いていると言って良いだろう。
     21世紀の現代にゴジラを復活させる意味、前半の舞台が日本である意味が明確だし、東宝版を踏襲したクリーチャーデザインを含め、作り手の姿勢にオリジナルへの敬意が十二分に感じられる点が日本人として嬉しい。
     スペクタクルなパニックシーンや破壊シーンも、思わず笑いがこみ上げるくらい豪快。残念なのは、宝田明のカメオ出演シーンが編集でカットされてしまったことか。DVD/BDの特典映像行きなのだろうなあ…(^^;

  • 平沢 薫
    今度のゴジラは、見得を切る
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    このゴジラは、あの咆哮を放つ前に、ごく短い一拍を置く。それが歌舞伎役者が見得を切る時の、あの間合い。日本のゴジラが継承してきた、あの一拍だ。その咆哮の音色も素晴らしいが、この"間"に真髄があると見抜いたところが、ギャレス・エドワーズ監督の才能。あの愛すべき「パシフィック・リム」にすら、この間合いはなかった。

    初代ゴジラの象徴としての意味、動き、音響を、きっちり踏まえている。そのうえで、彼の前作「モンスター/地球外生命体」の彼のモンスター観も盛り込んでいる。

    監督の次回作は「スター・ウォーズ」のスピンオフ。彼がオリジナル作の何を継承し、新たに何を盛り込むのか。今から楽しみ。

  • 森 直人
    もう立派に、めっちゃ合格だと思います!
    ★★★★
    »読む«閉じる

    日本において『パシフィック・リム』は受容の判断が結構割れたが、この『ゴジラ』は評価の温度差はあっても作品解釈に余りブレが起こらないのでは。第一作の原爆・水爆から、東日本大震災を受けた原発問題へ――との歴史認識が象徴するように、「オリジナルへの敬意」と「現代性」を真っ当に両立させている。

    G・エドワーズ監督は腕も確かだが、「和の心」も半端ない。ヒューマニズムではなくアニミズムを基盤に、自然の脅威=「神の怒り」としてのゴジラを登場させる。対して実に西洋的なエメリッヒ版が貴重なサンプルに思えるくらい。

    ゴジラが最初に顔を出す瞬間は、ポップ・アイコンとしての凄みと、ハリウッドの現在力を同時に実感!

  • 相馬 学
    ゴジラ映画史上もっともリアルな力作
    ★★★★
    »読む«閉じる

     怪獣映画にリアリティを持たせるのは困難なことだが、本作はゴジラ史上、もっともそこに接近した作品と言える。

     放射能に反応するゴジラの特性と、原発事故以後の現実を結び付け、別種の怪獣を登場させることで、ゴジラの行動に説得力を持たせる緻密さ。今ゴジラが太平洋に出現したら何が原因で、どういうことが起こるかをシミュレーションしてみせる。

     前作『モンスターズ』では手持ちカメラ撮影に徹して作品に現実味をあたえたギャレス・エドワーズ監督だが、今回はそれを封印してリアルな怪獣映画を撮ったのだから見事。ゴジラの立ち位置の据え方にしても、和製シリーズをきちんと追っている者のリスペクトが感じられる。

動画

映画『GODZILLA ゴジラ』予告編

ポスター/チラシ

  • 映画『GODZILLA ゴジラ』ポスター
    ポスター
  • 映画『GODZILLA ゴジラ』チラシ
    チラシ
  • 映画『GODZILLA ゴジラ』チラシ
    チラシ

前売券特典

  • 映画『GODZILLA ゴジラ』USデザインリバーシブルポスター
    USデザインリバーシブルポスター

※数量や販売期間が限定されていたり、劇場によっては取扱が無い場合があります。


スタッフ

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『GODZILLA ゴジラ』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • GODZILLA ゴジラ(2014) from 晴れたらいいね~ (2015年3月3日 1時3分)
    ゴジラもんは何本か観てるはずだし(TVでな)…なんだけどな。シリーズがぐちゃぐちゃの頭の中でなっていて、ストーリーはよう思い出せん。破壊しまくりは覚えてます。ちょっと前 ... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「GODZILLA ゴジラ」 続編は2018年6月8日公開 from オススメ映画情報 (ジョニー・タピア Cinemas) (2015年2月9日 0時3分)
    GODZILLA:ゴジラ再び(*゜▽゜*) 怪獣映画の傑作として映画史に名を残す ...[外部サイトの続きを読む]
  • 映画「GODZILLA」 ハリウッド版の今度はトカゲでないゴジラ from 珍竹鈴  映画とネットとモバイル機器の日々 (2014年9月8日 23時58分)
    TVのCMと、評判もよさげなので見てみました。 うーん、地味すぎるストーリー。 アニメ「ジャイアント・ゴーグ」を思わせるような、主役登場までの焦らしっぷり。 絵的にはいいシーンもあるものの、ちょっと自分には無理な感じの映画でした。 映画「GODZILLA… ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「GODZILLA ゴジラ(日本語吹き替え版 3D)」見てきました from Elwood覚書(ブログ版) (2014年8月11日 1時3分)
    今年の2~3月頃だったかなぁ?この映画の予告編を見て「あぁ~っ…」って気になったのは。またハリウッドがゴジラをスポイルするのか、と思って気が重くなると同時にスルーする映画認定していましたが、最近になって「ある情報」を元に見に行く事を決めました(笑)。 … ...[外部サイトの続きを読む]
  • 映画「Godzilla ゴジラ」あるいは、伊福部昭とスピルバーグへのオマージュ。 from エンターテイメント日誌 (2014年8月10日 21時30分)
    評価:A ハリウッド版「ゴジラ」は一度、1998年にローランド・エメリッヒ監督で ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2014年7月21日の週の公開作品
  3. 『GODZILLA ゴジラ』