シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

チェック:貧しい肉体労働青年の青春を描いて第144回芥川賞を受賞した西村賢太の小説を、『マイ・バック・ページ』などの山下敦弘監督が映画化。1980年代後半を背景に、19歳の日雇い労働者で、酒におぼれる主人公を中心に、その友人、主人公があこがれる女性の青春模様を描く。主演を『モテキ』の森山未來が務め、ほかに『軽蔑』の高良健吾、AKB48の前田敦子が共演。独特の世界観を持つ原作に挑戦するさまざまなジャンルの作品を手掛ける山下監督と、旬の俳優たちによるコラボレーションから目が離せない。

ストーリー:1980年代後半。19歳の北町貫多(森山未來)は日雇い労働で得た金を酒に使い果たし、家賃も払えない生活を送っていた。他人を避けながら孤独に暮らす貫多だったが、職場で専門学校生の日下部正二(高良健吾)と親しくなる。そんなある日、古本屋で働く桜井康子(前田敦子)に一目ぼれした貫多は、日下部に取り持ってもらい彼女と友達になるのだが……。

苦役列車
(C) 2012「苦役列車」製作委員会

動画

映画『苦役列車』予告編
映画『苦役列車』特報映像

ポスター/チラシ

  • 映画『苦役列車』ポスター
    ポスター
  • 映画『苦役列車』チラシ
    チラシ
  • 映画『苦役列車』チラシ
    チラシ

前売券特典

  • 映画『苦役列車』貫多の給料袋:お札メモ付き
    貫多の給料袋:お札メモ付き

※数量や販売期間が限定されていたり、劇場によっては取扱が無い場合があります。


スタッフ

監督:
原作: 西村賢太

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『苦役列車』の映画ニュース

  • 俳優、ダンサーの森山未來が1日、所属事務所の有限会社・オフィス作から独立することを自身のオフィシャルサイトで発表。森山は女優、写真家の松田美由紀が代表取締役を務め...『モテキ』(2010~2011)でブレイクし、『苦役列車』(2012)、『北のカナリアたち』(2012)...
  • 俳優の蒼井優と松田翔太が17日、テアトル新宿で行われた映画『オーバー・フェンス』初日舞台あいさつに北村有起哉、満島真之介、松澤匠、山下敦弘監督と共に出席した。この...藤泰志の「オーバー・フェンス」を、映画『苦役列車』の山下監督で映画化。妻に愛想をつかされ...
  • 俳優のオダギリジョーが28日、都内で行われた映画『オーバー・フェンス』東京プレミア上映会に腰痛のため杖をついて登場。先日、妻で女優の香椎由宇が第3子を妊娠したことを...などの原作者・佐藤泰志さんの同名小説を『苦役列車』などの山下敦弘監督が実写化した、一組の...

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 【苦役列車】それでも人は繋がりを求める from 映画@見取り八段 (2013年8月30日 0時0分)
    苦役列車     監督: 山下敦弘    出演: 森山未來、高良健吾、前田敦子、マキタスポーツ、田口トモロヲ、藤井京子、高橋努 公開: 2012年7月14日 2013年8月27日 DVD観賞。 簡単感想で。 原作は西村賢太氏作の同名小説。未読です。 ううう…見てるのが辛かった… ...[外部サイトの続きを読む]
  • 俺は悪くない・・・『苦役列車』を観た【映画】 from カフェビショップ (2013年1月16日 7時2分)
    「苦役列車」 いやー、けっこうおもしろかったっすね。 前半は青春してるんすよ。 あれ?これってその日暮らしの底辺人間だと自分のことを思ってひねくれている男の 暗い暗い重い話じゃなかったかなあ、 原作小説は確か読んだことあるし、 そんな感じじゃなかった… ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「苦役列車」 from 元・副会長のCinema Days (2012年8月4日 11時28分)
    クセの強い(でも面白い)芥川賞受賞作品を山下敦弘監督がどう料理するのか興味があったが、及第点には十分達する出来で感心した。何より主演の森山未來に尽きる。  彼が演じる19歳の北町貫多は、酒とタバコと風俗通いにしか興味が無く、中学を出てからずっと日雇... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 『苦役列車』走るよ、どこまでも。 from Healing (2012年7月26日 0時15分)
    苦役列車 ★★★★ 今宵や今週は『ダークナイト ライジング』一色であろうと思いますが、 私はこちらを。 早くも大コケか!?という記事もあるようですが、 コケるも何も 同週公開の『海猿』や『ヘルタースケルター』を映画館に観にいく人は、 こっちは観にいかないんじゃないかなぁと思います。 層はあまりかぶらないというか。 現状にあがいて、もがいてるのに、それがどこま ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「苦役列車」を観ましたよ from よだれ一滴 (2012年7月25日 16時2分)
    渋谷TOEIで「苦役列車」を観ましたよ。 中学を出て以来、日雇いの仕事で稼いだわずかな金を酒と風俗につぎ込みその場しのぎの自堕落な生活を続ける男を描く、西村賢太の自伝的小説の映画化。山下敦弘監督の持つ資質とうまく手が合った感じでイイ青春映画になったと思います。 何の計画性も希望も友達も持たず、不遇な境遇を恨み、周りを妬んで見下しては呪詛とタンを吐き散らし、困ったら土下座もいとわない主人公はクズの中のクズなわけですが、それがあまりに混じりっけのない純粋な、とても見晴らしの良いクズなので面白く見れま ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2012年7月9日の週の公開作品
  3. 『苦役列車』