シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.
菖蒲
(C) Akson studio, Telewizja Polska S.A, Agencja Media Plus
英題:
TATARAK
製作年:
2009年
製作国:
ポーランド
日本公開:
2012年10月20日
上映時間:
配給:
紀伊國屋書店 / メダリオンメディア
カラー/シネマスコープ

チェック:『灰とダイヤモンド』『カティンの森』などのポーランドの巨匠、アンジェイ・ワイダ監督が、フィクションと主演女優のモノローグ、撮影風景を交錯させながら、生と死についてつづる文芸ドラマ。ドラマ部分は「尼僧ヨアンナ」の作者でもあるヤロスワフ・イヴァシュキェヴィチの短編小説を基に中年の医師の妻と若い男との出会いと交流が描かれ、主演女優クリスティナ・ヤンダが語る夫の突然の病と死、監督の演出風景が挿入される。三つの世界が共鳴し合い、若さや老い、愛、死といったテーマが強く浮かび上がる、ワイダ監督の老練かつ刺激的な演出手腕が見事。

ストーリー:ホテルの部屋のベッドから立ち上がった女優のクリスティナ・ヤンダ。撮影直前、彼女に降り掛かった撮影監督で夫のエドワード・クロシンスキーの病、そして死について語り始める。画面は変わり、ポーランドの小さな町。ワルシャワ蜂起で二人の息子を亡くしたマルタ(クリスティナ・ヤンダ)は重病に侵されていた。そんなある日、マルタは川岸のカフェで美しい青年ボグシ(パヴェル・シャイダ)に目を留める。

菖蒲
(C) Akson studio, Telewizja Polska S.A, Agencja Media Plus

動画

映画『菖蒲』予告編

ポスター/チラシ

  • 映画『菖蒲』ポスター
    ポスター
  • 映画『菖蒲』チラシ
    チラシ
  • 映画『菖蒲』チラシ
    チラシ

スタッフ

メイクアップ: マルチン・ロダク
ポスプロ・コーディネーター: モニカ・ランク
プロダクションマネージャー: エヴァ・ブロツカ
プロダクションスーパーバイザー: マウゴジャタ・フォゲル=ガブリシ
エグゼクティブプロデューサー: カタジナ・フカチ=ツェブラ
プロデューサー: ミハウ・クフィェチンスキ

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『菖蒲』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 菖蒲(2009)~現実と映画の永遠ループ from 佐藤秀の徒然幻視録 (2013年3月28日 21時13分)
    公式サイト。原題:Tatarak、英題:Sweet Rush。ポーランド映画。ヤロスワフ・イヴァシュキェヴィッチ原作、アンジェイ・ワイダ監督、クリスティナ・ヤンダ、パヴェル・シャイダ、ヤドヴィ ... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 映画『菖蒲』★人を愛おしむことが“生きる“ということなのかも from **☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆** (2013年3月20日 22時3分)
      作品について http://cinema.pia.co.jp/title/160183/ ↑ あらすじ・クレジットはこちらを参照ください。     独特の作風を感じるワイダ監督作品です。   (内容にふれています)   水面に葉(菖蒲)が揺らぐ冒頭のあと 主演のヤンダの独白に映ります。(←これは事実の激白)   ヤンダは、この作品に入る前... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 【映画】 菖蒲 from 別冊 社内報 (2013年2月23日 17時10分)
    巨匠アンジェイ・ワイダ。だから許される。 主演のクリスティナ・ヤンダが田中眞紀子に似てる。 彼女が青年に渡した本が「灰とダイヤモンド」なのもいい(笑) ■ シアターキノにて(札幌公開初日)  ■ 公式サイト ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「菖蒲」 from 元・副会長のCinema Days (2013年1月14日 7時34分)
    (原題:TATARAK )アンジェイ・ワイダ監督の新作だが、歴史ネタを大上段に振りかぶって描こうとして結局は上手くいかなかった前回の「カティンの森」のよりも、数段好感の持てる作品だ。上映時間は短いが、それだけにキレの良さも一層印象付けられることになる。  ... ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2012年10月15日の週の公開作品
  3. 『菖蒲』